スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術室の様子

2009年08月20日22:59

今日は緊急手術で、虫垂炎の手術を内視鏡でやっているのに付きました。
日本では見たことがなかったので興味深々です。内視鏡の手術を良くやっている医師がいるのですが、この人は上手いと思います。早いし手際もいいし。今日もうまく縫っていましたね。

それにしても緊急の手術が入ると、その時間に予定されていた手術が中止になってしまうのはすごいです。こちらの人はそれで承諾するのでしょうか。日本だったら考えられませんね。だからスタッフは休みなしに働いたり、時間外が長くなったりはしないです。医者も次々に手術をこなすという感じではないです。皆日本の看護師の給料がいくらか聞いてきますが、こちらに比べると高いので、自分も日本で働きたいといいます。なので日本では時間では帰れないことや物価が高いことを説明するとエクアドルでいいとなります。日本の労働状況を見たら、エクアドル人で働きたいという人はいないでしょうね。時の流れが違いすぎます。

午後はアシスタントの医師が来なくて、麻酔科の手の空いている医師が手伝っていました。こういうところがすごいです。だからどうにかなってしまうのでしょうが・・・・日本のようにきちんとしているのもいかがなものかと思っていたのですが、ここのように臨機応変に動きが取れるのも見方によってはいいのですが、仕事の役割が混在していて最近はどうなのかなと思っているところです。まあここの病院でも人手不足はいつも問題として出てきますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。