スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bañosに行きました

2009年08月10日00:09

今日はリオバンバの帰りにBañosによって帰りました。Bañosとはスペイン語では温泉を表します。
リオバンバからは山道を下るような感じでバスは進み約2時間ほどで到着。温泉はどこも一緒かというくらい山沿いの日本でも好くある感じのところでした。箱根の感じかな。
今回は滞在時間が短いので温泉に入るのはあきらめて滝めぐりをしました。タクシーで2時間20ドルで二人で乗ったので一人10ドルでした。ガイドもしてくれて自分たちのペースで回れたので良かったです。タクシーの運転手さんの名前はアントニオさんです。

説明では滝(滝の下に降りれるところもある)と動物園もあるとのことで、回り始めました。
以前リオバンバから見える山の説明を書いたと思いますが、その山の中の今でも噴火しているツングラウア山がすぐ近くに見えて、そこの噴火で流れた岩のところに今は川が流れていて水に削られて狭い深い川になっていました。山が見えるところではレストランがあってビューポイントのようでした。でも今回は雲がかかっていて見えませんでした。
川沿いの道を進んでいくと滝があちこちにあり何箇所かが観光名所のようになっていました。
途中ではバンジージャンプが出来るところがあり、小さい子供が飛んでいました。日本ではおそらく許可にならないのでは・・・高いほうが15ドル、低いほうが10ドルとのことでした。これは橋が2箇所あって微妙に高さが違うための料金設定のようです。アントニオさんに勧められましたが今回は遠慮しました。

滝の何箇所かではかごのようなものに乗って川の上を横断することが出来るようになっていました。これにはチョッと怖かったけど挑戦してみました。往復5分ほどの行程です。こんな感じで川の上を渡ります。vcm_s_kf_repr_640x480_20090816003524.jpg これは一番初めに見た滝です。
これが2番目に訪れたところでこの写真の右上に小さく写っているのが乗り物です。(クリックしてみてください)1ドル料金がかかりました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090816004030.jpg この乗り物からみた滝の様子です。vcm_s_kf_repr_640x480_20090816004442.jpg 上から歩いて降りれるようになっていて下りが10分、のぼりが20分とのことでした。時間がなかったので下には降りれませんでしたが今度は行ってみたいところです。写真に写っている長いつり橋を渡ってみたいです。それと向こうに渡ったところにもレストランや降りれるところがあったので、今度は向こう岸にも下りてゆっくりしてみたいですね。

この滝を後にして、今度はRio Verde(緑の川)というところに行きました。川の色が緑がかっていてそれでRio Verdeという名前がついたようです。ホテルもあってここに泊まることもできます。ここでは植物園とこの植物園の中にPailon de diabro(悪魔の大きな鍋)というところが見所になっていました。vcm_s_kf_repr_640x480_20090816010243.jpg この写真では大きさが表せませんが滝つぼが下の方にあって周りが大きな岩山で囲まれていて、川の流れているところが削られて回りの山と中の削られた感じで鍋と名前をつけたのでしょう。広大な感じでした。時間があれば下のほうまで歩いていけるとアントニオさんは言っていました。植物園の中を結構歩きましたが高度が1800メートルなので歩いていても楽でした。花は熱帯植物が多くみられました。野生のバナナがあり、実がなっていましたが食べれないと説明されました。バナナも人間が交配して作ったものなんですね。vcm_s_kf_repr_640x480_20090816011042.jpg これが野生のバナナの木です。ピンクの下の方にバナナの小さいのが見えますか?
花はこんな感じです。vcm_s_kf_repr_640x480_20090816011705.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20090816011928.jpg vcm_s_kf_repr_640x480_20090816011549.jpg

時間はどうにか2時間で収まって帰りのバスに間に合いました。
帰りはBañosから直行便で帰ろうとしたらラタクンガまでの料金設定はなく、キトまでの分3.5ドルを払って乗りました。帰りは山道で酔ったみたいでやっとラタクンガに帰って来たと言う感じでした。時間は約2時間ほどでしょうか。

最後に今日はエクアドルの独立記念日で祝日でした。働き始めて初めてのカレンダーでの3連休となりました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。