スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便局へ

2009年08月06日09:38

今日は郵便局で荷物を受け取るために朝早起きしてキトに出かけました。
郵便局には10時ころについてまずは身元の確認をしてパスポートのコピーを2枚提出して、荷物を奥から出してきてくれました。これですぐ受け取れるかと思ったのが間違いで、外で待っているように言われて1時間待たされました。何でも早く来た人たちがまだ人が来ていないといわれて戻ったりしていたので、その人たちから呼ばれたため、私は遅くなったようでした。説明をしてくれるといいのに何も言われず待たされるのはイライラしますね。

でもこの日は郵便局のCM撮りをやっていて、見ていて面白かったです。いろんな人たちに「郵便局はいいよ」と言わせて撮っていました。私にも出演してほしいと頼まれましたが(私は外国人として、たぶん出演してほしかったと思うのですが)遠慮させていただきました。おじいちゃんでインディヘナの人も声をかけられて出演していましたが、せりふがうまくいえなくて何回か取り直していました。上がりますよね。vcm_s_kf_repr_640x480_20090813095947.jpg 本当の郵便局の窓口で本当の職員がやっていました。

そのうちに隣に次の人が座って話しかけてきました。チョッと年配のご婦人ですが、私が日本人だと話したらそこから自分の主人が日本人で、今ご主人は日本にすんでいて荷物が送られてきたのでそれを受け取りに来たところでした。娘さんの名前が私と同じ名前でまたびっくりでした。

そしてやっと私が呼ばれて荷物の確認です。箱をあけて何が入っているか確認してから、税金をいくらかけるか見るようです。私は高価なものは何もなかったので40セントでOKでした。ここでこの40セントの書類をもらい今度は銀行に行って支払い、その証明書を持ってまた帰ってくるという面倒くさい手続きが待っていました。この書類を作ってもらっっている間に、さっきの隣に座っていたおばさんが来て、中身を見て税金が300ドルかかるといわれていました。ご主人がスペイン語が余りわからないので、私に日本語でどうしたら税金がかからないか書いてくれといわれて4キロ以内で400ドル以内との説明だったので、それを書いて渡しました。非常に感謝されてこちらのほうが恐縮でした。是非遊びに家に来てくれと招待を受けて電話番号の交換をして分かれました。

時々こんな出会いもありますね。キトでは余りエクアドル人と話したことがなかったのでいい日でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。