スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤道に行ってきました。

2009年07月04日10:45

今日は赤道の記念碑のあるところに行ってきました。エクアドルではLa Mitad del Mundoと言って地球の半分という意味で呼んでいます。

まずはトロリーバスに乗って終点まで行き、バスに乗り換えて目的地へ。バスは Mitad del Mundoと大きく書いてあるので解りやすかったけど、目的地まで以外に時間がかかり、市内から赤道記念碑まで1時間半ほどかかりました。途中で気になったのは、トロリーバスの終点で、大きな市場が開かれていたので、時間が有ったらちょっと覗いてみたい感じのところでした。

バスが赤道記念碑のある近くで降ろしてくれるので、公園の入り口まで行って、入場料を2ドル払って中に入ると、胸像が並んでいてその奥に写真で見慣れている赤道記念碑が建っている。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090708111705.jpg 大きい!!! この記念碑は上の展望台のところまで上がれるようになっていますが、3ドル払わなければならず今回は見送りました。次回の楽しみにしたいと思います。周りはテーマパークみたいで、お土産物屋、レストラン、広場があってまさしく観光地でした。
私もしっかり赤道をまたいだ写真を撮ってもらいました。ここは人が一杯いてみんな思い思いに写真を撮っていました。当たり前ですが赤道が東西にまっすぐ走っているので、塔の正面は東の「E」が書かれています。黄色い看板は0度を表しています。vcm_s_kf_repr_640x480_20090708112318.jpg

ちょうどお昼過ぎになっていてお腹もすいていたのでレストランに入ることにするが、やはり観光地値段になっている。呼び込みのお兄さんにつられて入ったのが2階のところで、広場を見下ろす感じでした。食事はせっかくなのでこちらの料理にしました。P1000326_convert_20090708113645.jpg llapingachoというジャガイモをマッシュにしてコロッケのように丸めて、フライパンで焼いたものです。これは今まで食べた中で一番おいしかったかも。後は赤カブのサラダにソーセージ、トマトと紫たまねぎのサラダでした。さすがに量が多く、おいしかったllapingachoは1個しか食べられませんでした。

食べているときに下の広場を見ているとP1000325_convert_20090708114101.jpg 民族衣装を着た人たちが集まってきて踊りがありそうな気配で、食事終わったけどしばらくそこに座って待ってみました。すると様々な種類の踊りが始まり楽しめました。P1000351_convert_20090708114602.jpg この踊りは頭にそれぞれの子供がお人形を頭に乗せて踊るものでかわいかったです。  P1000362_convert_20090708114331.jpg この民族衣装の色使いに惹かれて写真を撮ってしまいました。 全部で10曲くらいの踊りを見たでしょうか。

もうひとつの赤道を訪ねてこの公園を出て、少し左に行ったところを中に歩いていくと、人が集まっている広場みたいなものが見えてきました。GPSではここの赤道が本当の赤道といわれているところです。P1000374_convert_20090708115559.jpg 「inti ñan」という名前の博物館でした。「inti」は太陽、「ñan」は道という意味だそうです。野外博物館なので入り口という感じではなく、道なりに歩いていくと人が近寄ってきて案内され、入場料(3ドル)を払ってガイドさんが付いて説明してくれました。まずはアマゾン地域の説明から始まり、そこにすんでいる動物の紹介があって、その後アマゾン地域に住んでいるインディヘナの人たちの昔の風習が紹介されました。亡くなった人の首から上の皮を剥いで、そこに熱くした石を入れて乾燥させて首を小さくして家に飾るものです。この写真は12歳の子供の首でこぶしくらいの大きさでした。P1000364_convert_20090708114804.jpg 「Tzantza」と呼ばれていますが今はもう行われてはいないそうです。

次は赤道でしか出来ない実験です。まずは水を張った洗面台の栓を抜いて水を流します。しかし渦巻きが出来ないというものです。P1000370_convert_20090708115832.jpg 渦巻きがないのがわかりますか?赤道から離れて南半球、北半球とやると時計回りと反時計回りに渦巻きが出来てとても面白かったです。

次は卵を釘の上に立てるというもので、重力の関係で卵が他のところに比べると立ちやすいといっていました。それぞれにやってうまく卵を立てられた人には後で証明書が渡されます。P1000368_convert_20090708115322.jpg 私は残念なことに出来ませんでした。是非もう一度来てこの証明書をもらいたいです。

後は力が赤道の上だとなくなるというものです。親指と人差し指をくっつけてそれを離すというものですが、赤道より少しはなれたところではなかなか出来ないものが、赤道上では意図も簡単に指が離れてしまいました。本当にびっくりです。
体重も1キロほど軽くなるとのことで、エクアドルに来て体重が減ったのですが、赤道のおかげ?なのかしら・・・・

それ以外には、赤道に沿って日時計 P1000365_convert_20090710084046.jpg があって、この写真と同じものが裏にもあります。北半球に太陽があるときと南半球に太陽があるときとで半年ごとにこの面の上にある出っ張りの影が片方の面ごとに移動するのですが、3月21日と9月23日の12時になると影がまったく出来なくなるそうです。是非1回行ってこの目で見てみたいものです。

この説明をしてくれたガイドさんは日本語を勉強していて、今年はインフルエンザの影響でキャンセルが多くて日本人が少ないといっていました。なので日本語を使いたくても使えなくて、せっかく勉強したけど忘れてしまうと嘆いていました。こんなところにもインフルエンザの影響が及んでいるんですね。

この公園にはハチドリが一杯いました。初めて尾の長いハチドリを見ました。色もきれいで写真に取りたかったけど無理でした。

この公園の赤道です。P1000367_convert_20090708115039.jpg この写真の後ろに私たちのガイドをしてくれたガイドさんが写っています。

帰りはバスをひろってそのまま来た時のトローリーバスの駅に行くのかと思ったら、そのまま直接キト市内へ。帰りは1本で帰れたけど、上のほうの通りだったのでタクシーで下の大通りまで降りてくることになりました。こうして今日の赤道見学は終わりました。






スポンサーサイト

コメント

No title

師長さん!ご無沙汰しています。ブログを拝見し師長さんが楽しまれていることがわかります。インフルエンザでエクアドルも観光業めっきりなのですね。今も患者さんはでているのでしょうか?
こちらは長崎です。もう授業も3分の1終わりました。エクアドルで師長さんに会えることを目標に英語がんばります!

  • 2009年07月09日 12:50 |
  • Aiko URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。