スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お土産たっぷり

2009年06月20日09:46

昨日キトに上がって、今日は朝7時半の乗り合いタクシーでオタバロにむけて出発。時間通りに来ると思ってなくて待っていたら時間通りにきた bikkuri01 6人が定員で、自宅まで迎えに来てくれて目的地まで送ってくれるタクシーです。バス代が2.5ドルほどのところが7.5ドルするの高いといえばそれまでですが、でもdoor to doorで途中止まらないので時間がすごく短縮できるので便利です。この日はお客さんは5人で、2時間以上かかるのを覚悟していたら1時間半で着きました。本当に早かった

到着したのが9時過ぎなので、まずはそこからバザールまでテクテク歩いていく。目に入ってきたのがものすごいテントの数 えぇ 今日は土曜日で一番テントの数が出ている日です。ものすごい。まずは布。鮮やかな色彩の布が積み重ねて売っている。見ているだけできれい。 P1000227_convert_20090626103824.jpg
つなぎのパンツもこうやって見ると楽しい感じでしょ。 P1000229_convert_20090626104129.jpg タペストリーのようなものやバッグ、そして顔にかぶる防寒着?のようなものなど、様々な布や毛糸で作られたデザインのものが売っていました。 P1000231_convert_20090626104409.jpg

ここにはインディヘナの部族でオタバロ族という人たちがすんでいて、商才があってお金持ちだそうです。ここのバザールではオタバロ族の民族衣装を着た人たちが品物を売っているので普通に見ることが出来ます。そして民族衣装に欠かせないのがアクセサリーです。この写真で解るようにネックレスがゴールドで店先にものすごい種類のゴールドが並んでいました。写真の人のように幾重にもして使っています。 P1000237_convert_20090626104645_20090626110823.jpg  それ以外では朱色が多く使われている気がしました。それも売られていましたが、サイズも様々で自分で買って作るのかしら? P1000238_convert_20090626104920.jpg  他にもビーズで作ったネックレスも色とりどりで見ているだけで楽しくなります。 P1000248_convert_20090626105439.jpg  オタバロ族の民族衣装は刺繍の入った白い色のブラウスに、黒っぽいロングの巻きスカートが定番です。ブラウスはとてもかわいいです。 P1000246_convert_20090626105156.jpg  頭には何もかぶっていない人、布をたたんで乗せている人、ターバンのように巻いている人などが居ますがその違いはわかりません。今度誰かにちゃんと聞いてみたいと思います。 P1000235_convert_20090626105959.jpg  P1000234_convert_20090626105703.jpg  

値段の交渉はなんと言っても値切ることから・・・でもそんなに安くはなりません。6ドルが5ドルとか、まとめて買ってチョッと安くなるとかです。帰る振りをしても呼び止められないときもあります。最初から法外な値段を言ってはいないということなのでしょうか? 
お店の立ち並んでいる風景は写真にとって居なかったので、こんな感じのお店がずらっと並んでいると想像してください。 P1000245_convert_20090626110246.jpg 

眺めているだけであっという間に時間が過ぎていきます。お腹もすいてきてバザールの一角にあるレストランで食事しました。お昼のランチメニューで頼んだのですが高かった。6ドルもしました。普通は2ドルから3ドルくらいで食べれます。観光地値段でしょうかjumee☆whyR  まずは前菜・・・とうもろこしが丸ごとにチーズが付いて出ました。しかも4人で行ったのですが4人ともサイズが違う。写真で解るとおりとうもろこしの粒が大きくて白っぽく、味は甘くないです。不ぞろいのとうもろこしたちです。食べなれるとこれはこれで私は好きですが P1000249_convert_20090627094448.jpg こちらではこの組み合わせで食べるようで、ちょっとした小店に看板が出ていて食べさせてくれます。
次はスープです。 P1000250_convert_20090627094658.jpg スープの中にあるボールはとうもろこしの粉を練って回りは作ってありその中にチーズが入っていました。(私のすんでいるところでは、中には豚肉の揚げたのが細かくして入っています) チョッとパサパサしているのですがスープと一緒だと食べやすいです。
メインディッシュは私は鳥にしました。それ以外はマッシュポテトとバナナ揚げ、とうもろこしと赤いカブのあえたものがつけあわせで付いてきました。 P1000251_convert_20090627094907.jpg 味はおいしかったです拍手 パチパチ

お腹も落ち着いたところで、次はコタカチというところにバスで行きました。ここは革製品が有名なところでずらっとお店が並んでいました。どの店も特徴があって、同じものは売っていないようでした。P1000252_convert_20090627095259.jpg  写真は中心の公園と教会だけで、お店めぐりで日が暮れてしまいました。日本で買うことを考えたら、皮のコートが1万2千円くらいからあって、かばんもいいのがありました。コートに関しては日本に帰ってからのクリーニング代が高くなりそうです。値段の感覚がエクアドルに慣れてきているので、25ドルのかばんを結局高く感じて買えませんでした。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。