スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンチアゴ2日目(Hugo宅へ、Tiltilへ)

2011年01月09日15:17

翌日9日は朝9時過ぎまで寝てしまってびっくり。食事を食べて、本当は博物館に行くはずだったけど(土曜日・日曜日は入場料がただになるそうです)何だか出かけるのがおっ苦になって、小説を読んでベッドでゴロゴロしている。お昼はホテルマンのチリ人(Hugo)の御宅にお邪魔することになっていて、二人で先ずは買出しにスーパーへ。品揃えがいっぱいあってキョロキョロしてしまう。チリ料理を作ると張り切っていっぱい買っているので、少なめにするように話すがすごい量の買い物になる。誰が食べるのーー

自宅まで車で行って料理が出来上がるまで奥さんと話しをして待つ。七面鳥の焼肉が柔らかくておいしかった。動いていないのでお腹も空いていなくて、あまり食べれず、ごめんなさい。
RIMG5456(1).jpg  Hugoの御宅に車と一緒に奥さんのマリアも写っちゃった。緑があってTiltilから色んな植物を運んで植えていた。  RIMG5455(1).jpg  Hugo一家と。息子(ビクトル)が大きくなっていました。
せっかくの料理の写真を写すのを忘れちゃいました。

夕方16時過ぎから彼の実家のティルティルに連れて行ってもらう。以前住んでいた時に時々お邪魔させてもらって緑がいっぱいあって静かな村だ。オリーブがいっぱい取れるところでもある。
Tiltilに行く途中の道がすごくきれいになっていて道の途中にはドライブインみたいなのがある。人が居なくてお買い物がスムーズでした。  RIMG5465.jpg  RIMG5466.jpg  ここで大きなホッとドックを買っていました。こういうのが増えていて体に悪いよなーと思いながら見てました。

お母さんは元気そうだったけど、お父さんは2年前に亡くなったそうだ。あえなくて残念でした。
RIMG5472.jpg  この部屋の奥にお父さんお写真が飾ってありました。
庭にいっぱい果物の木があって、黄色いシルエラがたわわになっていました。  RIMG5473.jpg  いただいてすごく甘くて止まらなくなって、籠に入れてホテルに持って帰ることに。他にも3種類のシルエラの木があってどれも味が違っていておいしかった。私の夢は庭に果物のなる気を育てることで、すごくうらやましい。
偶然に帰りの村の中でHugoのお姉さんに会う。本当に懐かしい。  RIMG5487.jpg

夜9時過ぎに帰る。帰りの道ではちょうど飛行機の通り道になっていて、そこで止まって飛行機を近くで見る。まるで子供みたい。この日も遅くまで遊んでバタンキューでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。