スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのガラパゴスへ

2010年09月21日11:27

昨日日本からの友人が来て、今日朝の飛行機でガラパゴスへ。飛行機で2時間の距離で、時差が1時間あります。vcm_s_kf_repr_640x480_20110531160818.jpg  これが機内食です。おいしかった。空港は何もない中に到着する感じです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531160850.jpg  昔、米軍が使っていた空港と同じところを使っているそうです。キトの空港で入島の書類と荷物検査を受けて、こちらの空港ではその書類で入島税を払います。外国人は100ドルを払います。高いですね。でもこれでこの島が守れるのであれば仕方がないのかな・・・

空港から出たらバスで、空港のある島から隣の集落がある島へ移動です。空港のある島は第2次世界大戦の時にはアメリカ軍の基地と住居があったけど、撤退する時にすべてを壊して行ったそうです。今は平原でした。
途中フェリーで海峡を渡るようになっていて、天気が良かったせいもあって海の色がとてもきれいでした。これを見たらガラパゴスに来たーという感じがしました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531160922.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531160953.jpg

フェリーから降りたら、ここからはツアー会社の車でガイドの人が付いて、島をめぐります。
サンタクルスという島にホテルなど集中していて、フェリーで渡ったところから先ずは島を横切り、島の反対側にある街へ行きます。島の植生も高度によって変化するとのことで詳しく説明してくれました。パロサントという木がいっぱい生えていて、今は乾季なので葉がないけど雨期になると葉っぱが芽生えてきて緑一色になるといっていました。その風景も見てみたいですね。
島の頂上に近いところにゾウガメの生息地があって、そこに連れて行ってもらいました。
ゾウガメが普通に居ます。大きいです。雄と雌の甲羅の形が違うことやどうやって眠るかなど説明してくれました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531161027.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531161110.jpg  この亀は雌です。甲羅の後ろが上に向かっているのが雌です。水の中に長時間浸かる習性もあるようで、これは身体についた虫などを落とす意味があるのではないかといわれているようですが、はっきりは解っていないそうです。ゾウガメと共生している鳥もいてゾウガメの糞や身体についた虫を食べているそうです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531161148.jpg  ゾウガメの巣です。夜はここで休むそうです。写真の奥に亀が二匹います。ゾウガメを満喫したら、今度は昔噴火した溶岩が流れたところに連れて行ってもらいました。
これは日本人は火山に慣れているのであまり感動しないかもしれませんが、溶岩の流れた道が外側が先に冷たくなって固まって、中側だけが流れて行ってしまって、トンネルのようになっていました。途中はジャングルのようになっています。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531161229.jpg

マングローブがガラパゴスにはあって、種類がいくつかあるようです。その1つのマングローブです。vcm_s_kf_repr_640x480_20110531161311.jpg  木に下がっている実が地面に落ちます。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531161422.jpg  そしてそれが地面に突き刺さってこのように芽が出てきます。なのでこのマングローブの名前は矢マングローブというそうです。

時間が結構かかってしまい、午後の3時過ぎになってしまいました。お昼を簡単に済まして、今度はダーウィン研究所へ。途中で海イグアナの子供たちが日向ぼっこをしていました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531162752.jpg
ダーウィン研究所はロンサムジョージが居ることでも有名なところです。中に入るとゾウガメの種類を飼育しているところがあって、時間がかかる仕事だなーと思いました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531162843.jpg  ロンサムジョージです。写真がぼけていますが、他の雌と一緒にいましたがどうなるのでしょうか?将来は日本の朱鷺のようですね。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531162929.jpg  面白い姿のゾウガメの写真。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531163029.jpg  ゾウガメがかじった木です。すごいですね。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110531163114.jpg  ここで飼われているキイグアナです。ガラパゴスの島の特徴やゾウガメの甲羅の種類などわかりやすくガイドの人が説明してくれました。このところの経済危機で研究所への寄付金が減っていて、中止している研究があるときいてこんなところにも影響が出ているんだと、経済が厳しいことを感じました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110531163201.jpg


研究所から帰るときに夕日がきれいに見えました。このときは森の向こうに見えたので写真を取らなかったのですが、結局夕日をきれいに見れたのはこの日だけでした。写真を撮らなかったのが悔やまれます。

夕食は地元の人が行くところを教えてもらい、そこで海産物を食べました。
 
ホテルに帰ってバタンキューでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。