スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クスバンバへ

2010年10月17日21:36

今日はスペイン語の先生のお兄さんのすんでいるクスバンバというところに行って、日本料理を振舞うことになりました。先生はパンデユカを私たちに教えてくれる予定です。
朝9時過ぎにラタクンガを出発。プヒリに向かい、そこで乗り換えてクスバンバへ。ちょうどサルセドとプヒリの間にある村です。プヒリからは約30分で到着です。途中曲がりくねった狭い道を、バスが進みます。山の上までパッチワークのように緑の畑が広がっていてシエラの景色です。

村は公園を中心に歩いて10分くらいで歩いていけるくらいです。
昔ながらのアドベの家が多くて、時代が戻った感じでした。vcm_s_kf_repr_640x480_20101031101049.jpg  壁に選挙の文字が残っていました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101031101458.jpg  村の通りです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101031101237.jpg   サッカー場が村の上にあって、向こうに見える山が緑のパッチワークできれいでした。 1994年に地震があってその時に壊れた屋根とかがそのままになっていました。日本と同じで若い人は外に出て行って、年寄りと子供しか残っていないとのことでしたが、週末には村に返ってきて家族と過ごすそうです。そこが日本と違うかな?

村を一周して、青空市場でにんじんとオビト(果物)を買って、戻って日本食つくりへ。
今日のメニューはてんぷらとすき焼きにしました。豚しか薄切り肉がないので、豚でのすき焼きです。
ものめずらしげにこちらの人が質問してきて、かつ写真をいっぱい撮っていました。
箸を持ってきていたので、それを扱う姿も珍しいようでした。

食事です。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101031101715.jpg
食後ここからまだ奥の村へ遊びに行きました。
教会でミサがあったりしていましたが、私たちはゆっくり芝生の上で横になって気持ちよかったです。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101031103021.jpg
お気に入りの写真です。子供たちが歩いていく向こうにコトパクシ山が見えて雄大な感じがして好きです。

その後ユーカリの大きい木があるというのでそこに連れて行ってもらいました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101031103638.jpg
すごく大きくて、びっくりです。しかもその木は、普通の民家の奥にあって、家を横切らせてもらいました。
写真を取り巻くって、近くにいた羊とも遊び、楽しいひと時でした。

これで戻って、パンデユカを作って食べたりしていたら周りは暗くなっていて、帰りはお兄さんの車でラタクンガまで送ってもらいました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101031105632.jpg  パンデユカの出来上がりです。
パンデユカは簡単に出来そうなので、今度挑戦したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。