スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルアルタールの湖を求めて

2010年09月05日12:05

昨日リオバンバへ来て、早めに就寝。そして今日は朝4時に車が迎えに来て、エルアルタールに向かいました。
1時間半ほど車で行って、エルアルタールのふもとの村まで行きました。

山に向けて朝6時出発です。霧がかかっていて、天気がやや心配です。道はぬかるんでいるところも多くて、歩くのに苦労しました。1時間チョッと歩いたところで朝ごはんです。以前ご飯を食べて歩いてもどしたりしているので今回は用心してバナナだけにしておきました。
途中に出ていた標識です。この時はまだあんなに歩くことになろうとは思ってもいませんでした。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100912090032.jpg


ポリレピスの林を3回ほど抜けて、パラモの景色の広がるところへ出ました。ポリレピスの1本の木はとても大きくて1000年以上たっているのではとガイドの人は言っていました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100912090530.jpg
途中で振り返るとチンボラッソが雲の合間から見えました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100912090220.jpg

少しずつ、高度が上がり歩くのがきつくなってきます。向こうにあるアルタールから落ちる滝が見えてきました。結構大きい滝のようです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100912090259.jpg
その下あたりに湖があるのかと思って歩いていくと、道がそこから遠ざかって行きます。結局谷になっている片側のところを歩いて、丘の上に出てそこをまた歩くという感じで5時間ほど歩きました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100912090438.jpg  ガイドさんとその息子です。普通に歩いているのにいつの間にか離されてしまいました。それに2匹の犬が一緒に最後まで付いてきましたが元気でした。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100912090127.jpg

地面も湿地帯が続いていたりして歩きづらかったりして大変でした。もう少しと思って歩いていったら最後に丘を越えるのが待っていて、帰りの事もあり1時間で湖まで行って帰ってこなければならず断念しました。でもここまで来れただけでも満足して余りいけなくて残念という気は起こりませんでした。私の体力だったら泊りがけではないと1日では体力が続かないと解りました。

他の人たちが湖に行って帰ってくるまでこのようなところで待っていました。vcm_s_kf_repr_640x480_20100912090346.jpg


たくさんの高山植物が見れて写真をいっぱい撮ってしまいました。
エルアルタールが頂上まで見れなかったのは少し残念ですが、でも自然を満喫することが出来ました。

帰りはほとんど下りなので3時間チョッとで帰る事が出来ました。

最後に、私は結局見れませんでしたが、行った人が撮ってきてくれた写真で私の幻の湖を紹介します。P9060055.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。