スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい発見!

2010年06月23日04:44

以前にラタクンガのお祭りでママネグラというお祭りがあるのを書いたことがありますが、その時にママネグラの役をする人が、片手に赤ちゃん、もう片方に日本で言う浣腸器みたいな形をしたのを持っていて、どうしてかなとすごく不思議だったのですが、産科に来て解りました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20100628045642.jpg 写真では中央あたりの腕の上に見えます。

赤ちゃんが生まれたらすぐに、この浣腸器みたいなもので、赤ちゃんの鼻や口に溜まった羊水を吸い出していくのです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100628045726.jpg  これがないと赤ちゃんは息が出来なくて、死んでしまいます。お産の時になくてはならないものです。日本では使われない道具なので、見なければ解らないものでした。時々このように日本と違ったものが使われていて、使用方法を見て納得することがあります。
スポンサーサイト

コメント

No title

吸引器だったのですね。納得。でも以前現地の人に聞いた際の答えは哺乳瓶。哺乳瓶?そうかなぁ、おかしいなぁ…と思っていたのです。

  • 2010年07月01日 20:52 |
  • n.sio URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。