スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Latacungaに着きました

2009年04月30日02:08

4月27日月曜日にクエンカでの語学研修が終わり、キトに戻ってきました。クエンカは過ごしやすい町でした。程々な町の広さで、バスである程度のところまでは行けて、比較的安全で、博物館やクエンカの周りにみる場所があって、私は気に入りました。出来れば休みを利用してまた戻って来たいです。
キトはクエンカより高地2800メートルなので、どうしてもキトに戻ってきてしばらくは、体が慣れません。キトについた初日は眠りが浅くよく眠れませんでした。キトは首都なので、物も豊富でいろいろ便利ではありますが、都会なので車も多いし気が休まりません。

キトは30日まで居て、その日に自分の働くLatacungaの町へ移動しました。職場の看護部長が迎えに来てくれて、途中お昼ご飯を食べながらの旅でした。遅い昼食になりましたが、私のトランクを車に積んでいたため、キト市内では車をみながら食べれるレストランがなくて、キトを離れた場所で食事をしながら車もみれるところを選んでくれての食事でした。やはり泥棒は注意のようです。Machachiと言う町ではアイスクリームが有名とのことで食べさせてもらいました。濃厚な味でおいしかったです。それに硬かったのがよかったです。何回かお店で買って食べましたが、柔らかいアイスクリームが多くて、しっかり固まっているアイスクリームが自分の好みなので、これも気に入ったひとつです。もしキトに行くときにバスがここで停まって、アイスクリームを変える時間が有るのならばまた買いたいですね。話を聴くとこのあたりは酪農が有名なようで、ミルクがよく採れるそうです。そういえば道の周りは牧草のようで牛がたくさん放牧されています。途中で晴れていればコトパクシ山が見える場所を通りましたがあいにくの曇りで見ることが出来ませんでした。絵葉書でみる限りでは富士山に似ていてきれいな山です。いつになったら本物をみれるかな。

約2時間くらいかけて病院に着きました。町は思っていたより大きい感じを受けました。院長は今日はキトに迎えに行きたかったそうですが、緊急に豚インフルエンザの会議が入り迎えにいけなかったそうです。そういえばここのところ豚インフルエンザがメキシコでパンデミックのようで連日ニュースで報道されていました。日本も大騒ぎのことでしょう。たぶん豚肉をみんな買わないようになるのではないでしょうか?こちらは厚生大臣がアメリカやメキシコなどからの帰国者に対しての取締りを強化している報道がありました。エクアドルに波及しないことを祈るのみです。なんと言っても行き来が陸続きなので、往来が多いです。

今日は病院内を簡単に案内してもらい、荷物を住もうと思っている家に運んでもらってゆっくりするように言われました。ひとまず勤務時間だけ確認して朝7時30分から15時30分とのことでした。食事も病院の食事を取らせてもらうことになったので、お昼は家は病院のすぐ近くですが病院で食べようかなと思います。ここに来るまでは、他の家も見ようかなと思っていましたが、これまでずっとトランクも開けれず着たので、どこかで落ち着きたいと言う気持ちが強くて、ここに決めて荷物を開くことにしました。一人住まいにはやや広いですが、明るくてきれいなのが気に入りました。ただ、隣に接しているところがうるさいのが欠点です。後で気が付きましたがガラス張りの上が5センチほど隙間があって、タバコの煙や声がよく通ります。まあ、ホテルでもそうでしたがおおむね壁は薄いようで、よく声やテレビの音が聞こえます。

荷物を解いた後、今晩の食事を手に入れるため17時くらいから家の近くをうろうろしてみました。食事は病院に行って食べてもいいといわれていましたが、初めてのところで一人で食べるのもいやなので、簡単に家でとることにしました。すぐ近くにお店があって、コーヒー、牛乳、チーズなどを買う。パンがなかったので、パン屋さんを求めて行くとやっと見つけました。4個ほど違う種類を買って40セントでした。パンはおいしくて安いと思います。人々が日ごろ食べているものに関しては、そんなに高くなく買えます。贅沢品や輸入物は高いですね。途中でハンバー屋さんを見つけました。そこで買ったハンバーガーが以外においしかったです。1ドルです。

明日は金曜日ですがメーデーでお休みなので土曜日、日曜日と3連休になります。
ゆっくり家を片付けたいと思います。

今日は一日緊張した日でした。でも職場やすむ所がみれて、やっと落ち着いた感じです。
おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。