スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘラルドと村落へ

2010年02月20日16:52

以前に紹介したことのある安い値段でクリニックをやっているヘラルドが、今回は自分たちが手助けをしている村落に連れて行ってくれるというので、一緒に行くことにする。
ラタクンガから山に上がっていく形で車で進む。今年はエクアドルは降雨量が少なくて大変なのだが、これからいく土地は、日ごろから水がないところで乾燥が強いところとの話だ。確かに白くて乾燥した土がみえ、作物も育ちが悪い。たぶん作れる作物も制限があるだろう。
途中で寄り道をしながら1時間ほどで到着する。
そこで1件の家を訪ねる。周りにツナが育っている。ウチワサボテンで乾燥した土地に育ち、実がなるととても甘くておいしい。小さい種がいっぱいあるのがチョッと苦手という人もいますが・・・ vcm_s_kf_repr_640x480_20100422094109.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20100422094158.jpg
ここにすんでいる家族です。おばあちゃんに、お母さんに、子供たち。ご主人はいないそうで未婚の母です。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100422094450.jpg

エクアドルにはシグラスと言うバックがある。植物繊維で編まれた寸胴型のバックだ。よくお土産で売っていてみたことはあったがどのようにして作られるのかは知らなかった。今回尋ねた家では、このシグラスの材料になる繊維を作っていてそれを見せてもらうことに。この写真奥にある丸い物が繊維をまとめて丸めたものです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100422094420.jpg

カブヤと言う植物の葉を水に8日間つけて、柔らかくして叩いてほぐし、それをまた8日間つけて柔らかくしてほぐして繊維を取り出すとのこと。時間のかかる仕事だ。しかもここの土地には水が少ないので、谷のようになっているところを下って下に川があるので、そこの湧き水のところでやっているそうだ。結構急な谷に見える。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100422094555.jpg  
結構担ぐと重いと思われるが、訪ねたお宅のお母さんは足取りも軽く身軽に下っていく。私たちもそれに付いて行く。今日はお天気もよく日差しが強い。乾燥した土地がさらに乾燥して見える。そのような中でも花が咲いて目を和ませてくれる。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100422094628.jpg  一気に下って川に到着。そこでは女性たちが洗濯をしていた。そばではロバが草を食んでいる。のどかな風景だ。川に沿ってしばらく歩いていく。途中では川を渡るために靴を脱いで対岸へ。何年ぶりだろうかこんな格好をして川を渡るなんて・・・・水が冷たくて心地よい。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100422094936.jpg


目的のところに着いた。木陰に隠れたようにあった。周りにはクレソンがあって、おいしそうでいっぱい取って貰った。今日の夕食のメニューだな。湧き水の中に背負って来たカブヤを並べて置く。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100422094906.jpg  行儀よく並べていく。しばらくは木陰で一休み。でもお母さんはその間も草を刈っている。何に使うのか聞いたら、家で飼っているウサギとクイ(モルモットに似ていて食用にする)の餌になるそうだ。これをしょってあの谷を上っていくんだな~ すごいことだ!

心地よい風と木陰を楽しんだ後は来た道を戻っていく。洗濯をしていた女性たちは洗濯物が少なくなっていた。ロバは相変わらず草を食む。今度は登り、先日のコトパクシで懲りているので、恐る恐る登っていくが、やはり高さが違うせいか、身体は楽で20分くらいで登っていけた。これまでずっと犬が付いて来ていたのだが、この犬がカブヤに向かって鼻を突っ込んでいく。何事かと思ったらトカゲを狙っているらしい。自分で餌を捕らないと食事は十分ではないのかな?でも結局逃げられてしまったみたいで捕獲失敗だった。

家に着いたら食事を出してくれた。ご飯に目玉焼きでおいしかった。そんなに裕福とは思われないけどお客をもてなすために出してもらって申し訳ない気がした。その後は私がカプリ  vcm_s_kf_repr_640x480_20100422095221.jpgに興味を持っているのを見て、カプリ狩り?に連れって行ってくれた。とても大きい木だ。どこかのコマーシャルのような木のようだ。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100422095007.jpg
採っては食べて、一方では袋に入れていっぱい採った。実りのありがたさを感じる。

すばらしいひと時を穏やかに過ごせていい1日だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。