スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整形外科病棟は?

2010年01月16日01:22

今週まで整形外科でした。
整形外科の病棟は、改築されていて日本の病院のように病室が3人から4人部屋、それと一人部屋があって、ナースコールも着いていて、各部屋にトイレとシャワーがついています。部屋の中には洗面台もあり申し分ない感じです。
外科の病棟ではお湯が出なくて苦労しましたが、ここではお湯はそれぞれの蛇口から出るので、身体を拭いたり、足浴をしたりするのに楽でした。ただ困ったことに、食事の残飯を洗面台に捨てる人がいて、これをやってしまうとすぐ配管が詰まってしまうだろうなと思いました。一応張り紙はしましたがどうなりますやら・・・

ここでごみについて話したいと思います。エクアドルでは路上へのごみ捨ては当たり前のように行われているし、もちろん分別ごみもありません(一部の地域では行われているようですが)。捨てる行為に対して罪悪感はなさそうです。昔であれば、野菜や果物のごみなどは自然がうまく浄化してくれていたのでしょうが、今はペットボトル、スーパーの袋、お菓子の袋、ディスポの皿やコップなど自然の力ではどうしようもないものが増えています。でも人々の習慣は変わることなくポイ捨てがまかり通っています。しかも高地なので、食べ物が一緒に捨ててあっても腐らないし、臭くなりません。ハエもいますが、ブンブン飛び回っているという感じではありません。汚いと言う感じになりにくいのでしょうか?どうにかならないかなと思いますが、小さいときからのしつけや教育で言い続けない限り変わっていかないのかなという気がしています。これの延長が病院でもあります。ゴミ箱があるので皆ゴミ箱に入れていますが、もし外れても拾って入れなおす人は少ないです。なので床にごみが散れていることになります。私もずい分慣らされてしまい、このごろは気にならなくなりましたが、清潔好きの日本人には許せないことかも?

この近代的と思われる病棟でもカーテンはありません。どうしてないのか尋ねたらカーテンは汚いとのことです。確かにそうですが、日本では定期的に洗濯しているよと言ったら、ここではそれは出来ないといわれてしまいました。プライバシーの保護はもう少し先の話でしょうか。若い女性の人の着替えも部屋の入り口を開けたままやったりしているので、こちらがびっくりですが、気にする必要がないのでしょうか?

昨日発見しましたが、ベッドが部屋の扉から出れないものがありました。これってどういうこと!たぶんベッドを入れたまま部屋の改装をしたのでしょうね。それにベッドに当たってトイレの扉の閉まらない部屋やナースコールがとんでもないところに設置されていたりと気をつけてみてみると、意外に色んなところにぼろが出てきます。
病棟には師長と看護師が一人しかいません。面会時間は午後の一時からで、それ以外は厳しく病棟に入るのを制限しています。病棟の入り口はロックされていて、内側からしか開きません。こんな人数でトイレのナースコールがなっていても出れる看護師がいるのかなと思います。だって整形外科なので歩けない患者さん意外に多いんです。私も何度か介助しましたが、私がいるから出来たけどいなくなったらどうしているのかなと思ってしまいます。

まあ、ひとまず今週で終わった整形外科病棟でしたが、ここの師長は、きれい好きで整理整頓されていて私的には働きやすかったです。話しをしても話が通じるし、整形外科にいた半分が休暇中で一緒に働けなかったのが残念です。
病棟の廊下です。手前にあるのかカルテカーです。その奥にある緑色のストレッチャーはエレベーターが動かないときに緑色のところが担架になって、人の力で一番下にある手術室から3階の整形外科の病棟までこれで上がってきます。エレベーターの動かないことも良くあるのでこれは欠かせません。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100118010819.jpg
注射などを準備するところです。上に見える赤い箱にそれぞれの患者さんの薬が入っています。でも飲み薬など1日分ずつ出されることがほとんどなので、薬の袋に薬剤名や量が記載されていない部分が渡されると何の薬かわからず、 私などは困ってしまいます。これって間違いの元ではないの??と思いながらも今は見てみぬ振りです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100118011320.jpg
こちらの包交車です。消毒薬はビンの中に入っています。緑色の包み紙は滅菌されたガーゼや包帯などです。絆創膏は包交車にくくりつけられているので、ガーゼの大きさを見て長さの調整をしなければなりません。なかなかこれが難しい。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100118011406.jpg
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010年01月19日 00:08 |
  • :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。