スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事始め

2010年01月04日10:27

1月4日は仕事始めになります。
整形外科で今年は始まることになりました。
今日からは休暇で休んでいた師長が出てきて、一緒に仕事が出来ることになりました。
正月三が日は家でゴロゴロと宮崎アニメのDVDのスペイン語版を見ていました。「風の谷のナウシカ」「隣のトトロ」「魔女の宅急便」「コナン」です。久しぶりに見て、感動しました。やはりいいですね。どこにでも売っているわけではないのですが、ひとつ隣町に売っているところを見つけて、1枚3ドルで買いました。もう少しそろえて行きたいです。
そんなわけで、身体を全然動かしていなかったので心配していたのですが、忙しくてそれどころではありませんでした。二人の高齢者の入院患者さんがいるのですが、おじいちゃんのほうはすっかり弱っていて、食べ物を受け付けないし、活気がまったくなくなっていました。おばあちゃんのほうは手術は終わったのですが、全然言うことを聞いてくれないのでリハビリが進まず、でも手術して少し動けるようになったので、今度はベッドから2回も落ちてしまいました。どうしたらいいものか。これだと家にも帰れませんね。日本だとこれで退院計画を立てていきますが、そういうのもないのでどうするのかな???

今日来て思ったのが交通事故の患者さんが多いこと。年末年始は交通事故も増えるのかしら。
エクアドルでは交通事故の患者さんはSOATという交通事故を対象の保険会社があって、そこがすべてのお金を支払うことになっています。ひとまず、すべての伝票にSOATという印鑑を押して行きます。それが後から計算されて病院に戻ってくるようになっているようです。なのでSOATの印鑑が押されていないと病院の持ち出しになるので、結構大変です。またカルテも気にして書いているように見えます。患者さんが支払うお金は少ないと思われます。でもこんなに交通事故の患者が多ければ、予算はどこから出ているのか気になるところですが、そこまではまだ確認できていません。国がやっているのであれば、すごい予算を使っていることになりますが。
でも病院にない薬は自分でお金を払って買って来なければないので、高価な薬や衛生材料になると、代えないという患者さんが時々います。そういう時は薬がないので、そのまま薬なしで申し送りがされていきます。

まだまだわからないことの多い日々です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。