スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらのお葬式に出席

2009年10月21日20:35

職場の職員の兄弟が亡くなったとのことで、職場からの花束を送ることになりました。
日本と同じようにお金を一人当たり計算して集めました。

仕事が終わってから、行くとちょうどの出棺の時でそこから教会まで町の道を棺を担ぐ人を先頭に、歩いて行きます。もちろん車はその行列が終わるまで待っています。町の中を歩くことで、町へのお別れもしているようでした。
教会に入るとミサが始まり、出席者の代表の人や家族代表などの挨拶もありました。
必ず歌が入るようで、ここで聴いた歌は厳かで厳粛な気分になりました。
でも小さい子供を連れてきている人も多く、子供がぐずったり、泣いたりして私的にはどうなのかしらと思ってしまいました。でもお別れということでは出席したほうがいいのでしょうか?

ミサが終わると教会から御棺が出されて(そのときに教会の鐘がならされました)、そこから今度はお墓まで歩いて行きます。一緒に行っていた看護部長が帰るというので、私も帰ることにしましたが出来ればこちらのお葬式の様子を最後まで見たかったです。

写真は取れませんでしたが、他の日に行っていた町を歩いている様子を写したものがあるのでそれを替わりに載せます。
vcm_s_kf_repr_640x480_20091112055734.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091112055853.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。