スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はひらがなを教えました

2011年01月28日09:51

約束の時間に遅れてしまって、始まりが遅くなってしまった。申し訳ないことに。

ひらがなの書き順が乗っているのをインターネットから探して印刷したのを見ながら書いてもらう。皆上手だ。特に子供たちはうまい。日本のように花丸をつけてあげる。自分の名前を書ける所までどうにか行く。でも折り紙ほどは盛り上がらなかったかな?
数字を1から10まで日本語で覚えてもらって、数字を首に下げて、いずれかの数字を言って、その人たちが移動してイスを取り合うというもので、これは非常に盛り上がった。良かった。一緒にやっている人が学校の先生なので色々アイディアを出してくれるので非常に助かっている。感謝!!!

今日始めて参加した子供は、この会の世話人をやってくれてる人の甥で鶴を教えてもらってうまく折っていた。これを見ると教えてよかったなーと思える。

後1回で最後にすることを話して終わる。もう少し早くに知り合っていたらいろいろ出来た気がして残念です。

vcm_s_kf_repr_640x480_20110131100328.jpg  小さい机しかなかったので皆で囲んで。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110131100502.jpg  書き方を話しているところかな?この子達、よく出来ましたよ。
スポンサーサイト

褥創勉強会

2011年01月26日09:40

以前から思っていた褥創の勉強会がやっとやれることに。同僚の人に頼んで、一緒にやってもらう。基本的な話を彼女にしてもらって、私はブレーデンスケールの必要性と使い方を話す。それとエアーマットの紹介をする事に。

昨日予行演習をする事になってしまったので、今日は少し落ち着いてしゃべることが出来る。でもやはり難しいなー。ひとまず、エアーマットは内科と整形外科に配置することで、倉庫への書類を仕上げて病棟へ持って行ける様にする。特別に配置される病棟には話しをする事にする。どこまで話せるかわからないけど頑張るしかない。看護師に注射や薬だけでなく、患者へのケアーをしてもらいたいというのが私の希望だ。それの足がかりになればと、期待しているのだが道のりは厳しそうだ。

軍の学校で・・・・

2011年01月25日09:21

先週私の働いている病院の一人の師長に自分の教えている学校に一緒に行くかといわれて、何でも経験だからと行くと返事をしました。そして、今日突然14時過ぎに来て行くよと言うからあわただしく病院を後にしました。確かに月曜日に打ち合わせをと言われていた気もするけど、昨日すっかり忘れていた。しかも、なんだか話を聴いているうちに私が話しをするということになっていることに気が付きあせりました。どうも最初に話しをしたときに私が話しをするということだったようなのです。なんと言うこと!!!適当に返事をするととんでもないことになってしまいます。しかもしかもどこに行くのかと思ったらラタクンガの手前にある軍の学校でまたまたびっくりです。

エクアドルは18歳から1年間の兵役があるそうで、その人たちを対象にやるそうです。医療だけでなくて、パンや料理、電気関係などいくつかのコースが分かれていて、これを受けることが義務付けられているそうです。14時半から20時まで毎日1ヶ月ほどかけてやるそうです。とても効果のある教え方ではないようですが。
パソコンを持ってきていたのと明日褥創の話をすることになっていたので、急遽それを話ししました。でもたぶん難しかったと思う。申し訳ない。でも私のつたないスペイン語に付き合ってくれました。

私は20時までは付き合えないので、18時過ぎには帰って来ました。バスをうまく拾えないだろうと一人の生徒に送ってもらいました。バスはどれでも拾ったらいけないみたいで、このバスというのに乗りました。どこが違うのか解らず。それにしても疲れた1日でした。

久しぶりのスペイン語のクラスで?

2011年01月24日09:15

約1ヶ月ぶりのスペイン語のクラスです。
今まで一緒にやっていた人が日本に帰ったので一人になるはずだったのですが、何と台湾の人が一緒にやることになりました。4ヶ月ということですが、なかなかしゃべれます。
隣村で中国語を学校で教えているそうです。何でもバラを作っている大きな集落の中にある学校だそうです。
私としては仲間が出来てうれしいです。

しばらくはこの二人でスペイン語のクラスになりそうです。

サチラ族を訪ねて

2011年01月22日08:31

以前1回尋ねていますが、やはり一番尋ねやすいところみたいで、同じところに行きました。

でも雨が降っているのと、今回は10時以降に行ったのでちゃんと受付ができて、形になっている案内でした。
なので今回は村には入らず、村の手前にある集会場みたいなところで、音楽や髪を染めるのを見せてくれました。
それ以外には、サウナや御祓いをするところも別にあって、そこも紹介してくれました。サウナは他から来て体験していく人がいるそうです。一度やって見たい気がしました。悪い物が体から出て行くそうです。なんと言っても森にある植物から作られているので、安心ですよね。

お昼はエンコカーダという料理わ食べたくて、タクシーの運転手さんに連れて行ってもらってそこで食べました。私はまだエクアドルでカニを食べていなかったので、カニのエンコカーダを注文しました。結構だしが出ていておいしかったです。エンコカーダというのはココナッツクリームで煮込んで作るものですが、魚介類のだしが出ておいしいです。写真を撮るのを忘れて食べてしまいました。残念!

午後からは、バスのターミナルで旅行キャンペーンをやっていて、ただと言うので行くことにしてみました。午後からは雨も止んだし。
チーバというバスのガラスが入っていない乗り物に乗って出発です。キトへ向かう途中にある村に行くそうです。アジュリキンという名前の村です。先ずはサトウキビが取れるのでそれで飴を作るところに連れて行ってくれました。外国人なので目立ったのでしょう。飴を伸ばした状態から、細い棒にしてちぎっていくのを実際にさせてくれました。思ったより難しくてきれいに切れませんでした。やってみるのと見ているだけとは大違いでした。
その後は滝見学です。
雨が降ったので水量もすごくて、滝のそばまで岩を登って近づけました。日本ではダメでしょうね。
その後はつり橋です。何でもこの土地のまだ知られていないところを知ってもらって、観光客に来てもらおうというキャンペーンだったようです。私たちに本人にはバナナの花やカカオのなっているのが見れてそちらが興味をそそりました。

夕方6時前には帰ってきて満足のツアーでした。

夕食は結局中華となりました。


























大使館主催の新年会です。

2011年01月21日08:24

1年ぶりの新年会です。2年間しかいないので2回だけ経験できるイベントです。

去年はいっぱい人がいた気がしましたが、今年は人の間に隙間がありました。ボランティアの人数が20人近く減っているのでそのせいもあるようです。今年はワインをいただきました。おいしかったです。それとお寿司が去年よりおいしかった。大きい声では言えませんが、ここで書いたら皆に知れてしまうか・・・

去年も同期で写真を撮りましたが、今年も全員かけることなく写真が撮れて本当に良かったです。
あと2ヶ月、このまま一人もかけることなく全員一緒に帰りたいですね。

夕方サントドミンゴに移動しました。
でも雨です。
明日晴れるかな?

エアーマットを買いました

2011年01月19日08:15

明日安全協議会とボランティア総会があるのでキトに上がりました。

1月4日に病院でやったバザーで312ドル売り上げたので、念願のエアーマットを買うことにしました。病院に申請していましたがなかなか買ってくれそうもないので、皆に買ってもらってそのお金で買うことにしました。

1台150ドルのエアーマットが売っていたので、2台買って帰ることにしました。来週に褥創の勉強会を入れているので、そこで皆に紹介しようと思っています。ただそれにあわせて、誰でも使うことにしないで、ブレーデンスケールを導入して使ってもらおうと考えています。どうなるやらです。




折り紙教室

2011年01月15日08:03

今日の折り紙教室は、テストと折り紙を教えるのを終わりにすると言うことで、日本語とスペイン語で修了書を作成して、それを最後にあげました。それと、今日は折り紙の変形で、折り紙に柄が入っていて、指示に通りにおって動物の形になったりするのに挑戦。でも折り方がわからずに私は苦戦。かえってエクアドルの人ができたりして面目ありませんでした。

本当は帰国も近づいているので、今日を最後にするつもりが次回もやって欲しいということで次回はひらがなを書いてみることにしました。どうなることでしょう?

vcm_s_kf_repr_634x480.jpg   このメンバーでやっています。

エクアドルへ戻る日がきました。

2011年01月13日22:40

エクアドルへとうとう戻る日が来ました。
今度いつ来れるか解らないけど、あまり都会的にならないでいてほしいと思う気持ちがありますが時の流れで仕方ないですね。
でもあわただしい訪問でしたが来てよかった。
CHAO CHAO SANNTIAGO!

サンチアゴ5日目

2011年01月12日21:52

この日は念願の国立プレコロンビア博物館へ。
2年間住んでいたのに旧市街の中心部にあったため危ないと思い行ってなかった場所なのです。今回はホテルからも近いので朝から歩いて出かけていく。
昼からはウーゴの兄弟のミゲールのうちへ。以前チリにいたときに結婚式に招待されて、今回も家に来てくれと招待されて出かけることにしました。
夜はサンチアゴの友人と食事を。その間に夕方の景色のサンチアゴを楽しみにブラリ。

先ずは博物館。すごいコレクションで見ていくとすごい時間がかかり4時間ほどいたかな?
フラッシュをたかなければ写真をとってもいいとの事で、いっぱい写真を撮りました。印象に残った作品を写真で紹介します。デザインなどおしゃれなものもあり、身近なものをモチーフにしていて、見ていて飽きなかった。
RIMG5707 - コピー  この姿勢。色っぽくないですか?   RIMG5710 - コピー  この人は格好いいと思って   RIMG5719 - コピー  この表情は、迫力あります。   RIMG5725 - コピー  この時代のサッカー選手の姿です。すでにプロテクターなど使われています。   RIMG5736 - コピー  顔つきがりりしい。   RIMG5745 - コピー  この発想はどこから来るの?   RIMG5757 - コピー  珍しく木製の像です。雰囲気が好き。    RIMG5764 - コピー  この土器のデザインが面白い。    RIMG5766 - コピー  この土器のデザインは今でも使える。    RIMG5768.jpg   犬の親子がモチーフになってます。魚、猿、蛇など身近な物が題材に使われています。   RIMG5774 - コピー  この人いそうではないですか?    RIMG5803.jpg  現物は小さくてこんなに手の込んだものを作っていたとは・・・    RIMG5826.jpg  様々な動物がモチーフに組み合わされて居ます。どれくらい解りますか? 

RIMG5835.jpg  ホテルへの帰り道騎馬隊の兵隊さんに出会う。格好いいですね。
  

ミゲール宅にお昼にホテルに迎えに来てもらって車で移動。
日本で言うコンビニみたいなお店をやっていて、ウーゴいわくお金を稼いでいるらしい。でも彼曰く、お店を開けることが出来ないので休みがなくて大変と言っていました。まるで日本みたいな会話でした。経済が成長している国なのでこんな会話になるのかしらね。
それにしても、子供たちが大きくて時間の経過を感じました。
RIMG5845.jpg   ミゲールのお店。     RIMG5838 - コピー   ミゲール宅でチリの国花カンツータの花があって写真とってしまいました。

夕方はサンチアゴの町をぶらぶら。明日はエクアドルに帰るので最後の夜です。思い残すことがないようにゆっくり町を散策しました。暗くなるのが遅いのでこんな時にいいな。バーゲンをやっていて運動靴を買ってしまった。皮製で6000円ぐらい。履きやすくて帰りはこれを履いて帰りました。
RIMG5849.jpg  教会とビルが通りを挟んで隣同士。    RIMG5854.jpg  道のわきでおじさんがイチゴとアボガドを売っていました。まだ量り売りで商売が出来ているんですね。  RIMG5856.jpg  大統領官邸の庭では衛兵の交代式が行われていました。こんなに人がいっぱい。    RIMG5857.jpg   夕暮れの街です。

私の夜はパステルデチョクロという料理でした。私の好きなチリ料理です。とうもろこしをすりおろしてそれにチーズや卵など混ぜてオーブンで焼きます。  RIMG5862.jpg

サンチアゴ4日目(ワイナリー見学、セントロ、Hugo宅)

2011年01月11日23:34

今日は午前中を使ってワイナリー見学へ。本当はConcha y toroのワイナリー見学を列車を使って行きたかったのだけど、自身でまだそのツアーは再開されていないとの事で、Undorrogaのワイナリー見学を申し込む。
ホテルに迎えに来てもらって、ワイナリーへ。他のツアー客と一緒になって、一人で参加したのは私だけでした。
天気が良くサンチアゴの郊外を進んでいく。

ワイナリーに入ると広い庭があって、まるでどこかの広いお屋敷のようと思ったら、ガイドさんがいわく、やはりお屋敷があって今でも住んでいるとのこと。地震で被害を受けたけどそれほどひどい被害を受けずに済んだとの事だった。広い庭の見学とブドウ畑、そしてワインセラーの見学に試飲があった。もう少しワインに詳しかったら面白い話として理解できただろうに、事前に勉強をしとけばよかった。
RIMG5598.jpg  大きいユーカリの木だ!  RIMG5609.jpg
RIMG5606.jpg  ワインの原料のブドウの木です。手前にある花は虫の発生を知るため植えてあるそうです。RIMG5630.jpg  ブドウがいっぱいなっていました。
RIMG5633.jpg  ワインの貯蔵庫。ガイドさんと一緒に。  RIMG5644.jpg  地下にあるワインセーラーで。
RIMG5637.jpg  試飲をさせてもらいました。どれもおいしかった。こんな所で飲んだらどれでもおいしく感じるよねー  RIMG5651.jpg  このワイングラスで飲ませてもらってそのままお持ち帰りでした。

日本と同じでお帰りはお店によってお買い物。結局重いのにワインを5本買ってしまった。2本は明日遊びに行くHugoの弟ミゲールのオタクに持っていこうかなと思って購入した。白ワインが気に入ったのが会ったけど、高いので断念した。

帰ってきてしばらく時間があるのでセントロをブラブラする。そうしたらワイナリー見学を一緒にしたブラジルから来たご夫婦と偶然に会う。一緒にお茶して日本に行ったことがあるといって日本の事を聞かれる。非常に気持ちのいいご夫婦でした。
美術館にも行きたかったけど時間がなくなり、近くの教会など見てホテルに帰る。
RIMG5668.jpg   RIMG5667.jpg   RIMG5665.jpg
RIMG5671.jpg   建物の窓に鏡のように映っていてつい写真を撮ってしまいました。解りますか?
RIMG5676.jpg  建物の壁がキャンバスです。

その後Hugoと待ち合わせて、夕食をするのに買い物へ。気を使ってくれて寿司が売っているスーパーへ。日本の寿司とは違って(当たり前か)面白かった。アメリカの影響か、非常にホテルの周りにもすし屋さんが増えていて、スーパーでもテイクアウトで買えるようになっていた。
RIMG5682.jpg  寿司と書いたボックス、ご飯と書いたボックスが売っていました。
RIMG5683.jpg  チリの寿司職人さんです。オーダーをしてそれにあわせて握ってくれました。  RIMG5687.jpg   これが出来上がりです。サーモン巻きにアボガド巻きです。さすがにわさびは入っていませんでしたが、醤油とお箸がついていました。  RIMG5679.jpg  魚を売っているコーナーです。タコも立派です。

サンチアゴ3日目(病院見学とLos Dominicos)

2011年01月10日15:44

10日は同期の人が働いている障害児などの入院している病院見学に出かける。チリの病院を見てみたかったので非常に楽しみ。地下鉄に乗って行く事約50分、緑の多い病院だ。看護部長さんから説明を受けて病院の一回りする。リハビリを行っているところなのでリハビリを見学させてもらう。日本のリハビリ病院を知らないので何ともいえないが、非常にしっかり診断をつけている感じがした。一人の子供をいろいろな角度から専門の人が見て、最後に皆で討議して最終レポートがかかれるという。  RIMG5518.jpg  外来の一角にあって、子供を遊ばせながら時間をかけて評価している。
入院患者の問診を聞いていると、学生を付けていいかの同意書までとっていた。洋服を脱がせて皮膚、体の観察からして、食事については栄養士の人が直接話を聞きにやってきた。
重症患者の部屋もあり、体位変換や転倒の危険な人を色でわかるようにしてあった。  RIMG5539.jpg  転倒のリスク別にベッドの頭のところにはってあった。
体位変換の記録の用紙が作成してあって、エクアドルのように計画だけではなくて実施を確認できるようになっていた。
インシデントの報告書もあってデーターを委員会に報告するようになっていた。私が今働いている病院でやりたいことが次々とやられていて感動してしまった。手にはめている指輪も外して手を洗うし、子供を見ている人は指輪はつけていないし、時計も白衣につけていた。 RIMG5522.jpg  子供の座っている椅子はこの病院のリハビリ室の人の手造りだそうです。誤嚥が減ったといっていました。

それ以外に  RIMG5499.jpg  RIMG5529.jpg  整理整頓。これが出来ないのです。  RIMG5510.jpg  針捨てボックスと手洗い石鹸。  RIMG5526.jpg  食器がこのような容器に入って、暖かいもの冷たいものと区別されてくる。蓋もきちんとしている。  RIMG5543.jpg  こういう病室のある病院で行われている医療でした。
こんなことを感動して病院見学は終わりました。

これからは以前よく行っていた民芸品の店が立ち並ぶロスドミニコスというところに出かける。夜遅くまで明るいので今15時だけど、十分に行けるかなと地下鉄を乗り継いで出かけてみる。
サンチアゴの地下鉄です。きれいでしょ。駅もそれぞれにおしゃれに造られている。
RIMG5573.jpg   RIMG5574.jpg

教会は相変わらずで、RIMG5568.jpg  青空が映えるなー
民芸品店がすごく増えていて整備もされ、ゆっくり見ていたら時間がいくらあっても足りないことになりそう。自分の気に入った店から見始める。タイル、ラピスラスリのピアス、陶芸・・・・コーヒーカップが気に入ったけど、いくら買ってもしょうがないのであきらめる。最後にゆっくり一人でのどが渇いたのでビールを飲んでゆったりとする。  RIMG5553.jpg  冷えたグラスで出てきて感激。なんと言っても外は暑いのでうれしい。ビールはチリの南の地ビールだそうでおいしかった。  RIMG5550.jpg  そしてつまみにエンパナーダ。  中身はたっぷりの肉にオリーブとゆで卵。  RIMG5554.jpg  RIMG5555.jpg  こんなガラス張りのところでまったりしてしまいました。いい気分♪♪
夜の8時前に後にするも、まだ回りは明るくて一人で歩いていても怖くない。すごいなー。

夕食はホテルで9時過ぎに食べる。  RIMG5579.jpg  かにと海老がたっぷりのサラダ。これにビールでした。これは絶対に太るぞー

部屋から見た夜景です。  RIMG5584.jpg

サンチアゴ2日目(Hugo宅へ、Tiltilへ)

2011年01月09日15:17

翌日9日は朝9時過ぎまで寝てしまってびっくり。食事を食べて、本当は博物館に行くはずだったけど(土曜日・日曜日は入場料がただになるそうです)何だか出かけるのがおっ苦になって、小説を読んでベッドでゴロゴロしている。お昼はホテルマンのチリ人(Hugo)の御宅にお邪魔することになっていて、二人で先ずは買出しにスーパーへ。品揃えがいっぱいあってキョロキョロしてしまう。チリ料理を作ると張り切っていっぱい買っているので、少なめにするように話すがすごい量の買い物になる。誰が食べるのーー

自宅まで車で行って料理が出来上がるまで奥さんと話しをして待つ。七面鳥の焼肉が柔らかくておいしかった。動いていないのでお腹も空いていなくて、あまり食べれず、ごめんなさい。
RIMG5456(1).jpg  Hugoの御宅に車と一緒に奥さんのマリアも写っちゃった。緑があってTiltilから色んな植物を運んで植えていた。  RIMG5455(1).jpg  Hugo一家と。息子(ビクトル)が大きくなっていました。
せっかくの料理の写真を写すのを忘れちゃいました。

夕方16時過ぎから彼の実家のティルティルに連れて行ってもらう。以前住んでいた時に時々お邪魔させてもらって緑がいっぱいあって静かな村だ。オリーブがいっぱい取れるところでもある。
Tiltilに行く途中の道がすごくきれいになっていて道の途中にはドライブインみたいなのがある。人が居なくてお買い物がスムーズでした。  RIMG5465.jpg  RIMG5466.jpg  ここで大きなホッとドックを買っていました。こういうのが増えていて体に悪いよなーと思いながら見てました。

お母さんは元気そうだったけど、お父さんは2年前に亡くなったそうだ。あえなくて残念でした。
RIMG5472.jpg  この部屋の奥にお父さんお写真が飾ってありました。
庭にいっぱい果物の木があって、黄色いシルエラがたわわになっていました。  RIMG5473.jpg  いただいてすごく甘くて止まらなくなって、籠に入れてホテルに持って帰ることに。他にも3種類のシルエラの木があってどれも味が違っていておいしかった。私の夢は庭に果物のなる気を育てることで、すごくうらやましい。
偶然に帰りの村の中でHugoのお姉さんに会う。本当に懐かしい。  RIMG5487.jpg

夜9時過ぎに帰る。帰りの道ではちょうど飛行機の通り道になっていて、そこで止まって飛行機を近くで見る。まるで子供みたい。この日も遅くまで遊んでバタンキューでした。

チリのサンチアゴへ

2011年01月08日14:46

チリのパタゴニアに行きたくて、旅行の申請を出したけど余震が今も続いているということで、サンチアゴだけの旅行となりました。でも、チリの隊員は行けて、外からの人は行けないのは不公平と思いますけど・・・でもいけただけでも良かったと思うことにします。
チリには約17年ほど前に住んでいて、友人がいるのでその人たちに会うことを中心に今回は考えました。
友人の働いているホテルに泊めてもらうことにして、昔からの町の中心にあるので観光にはもってこいでした。
RIMG5411(1).jpg ホテルの部屋の様子です。

着いたその日から、大統領官邸の衛兵の交代式を見ることが出来て、ラッキーでした。
RIMG5413(1) - コピー  RIMG5420 - コピー  騎兵の人はかっこいいです。アジェンデ大統領の銅像が大統領広場に建っていてびっくりでした。ピノチェットも亡くなり少し変わって行っているのでしょうか?

サンチアゴの同期のシニアの方に案内してもらって、先ずはお買い物へ。やはり女性は買い物には目がないですね。以前住んでいたのは、新市街の方だったのであまり旧市街に来る事がなかったので、新鮮です。
その後は海産物を食べたいという私の希望でメルカードセントラルへ。魚の種類も多く近かったら買って帰りたい!!!魚介類の煮込みスープを頼んで満足。
RIMG5439.jpg  手前にあるのはチリのウニです。  RIMG5428.jpg  たくさんの人が市場のレストランで食べていました。

ホテルに一度戻って、夕食は協力隊時代の友人宅に。彼女はチリ人のご主人と今サンチアゴに住んでいます。久しぶりにあって、話が弾んで夕食が遅くなる。それ以外にもいつまでたっても日が暮れないので、夜の時間の感覚がおかしくなる。やっと夜の9時過ぎてから、暗くなり始める。サマータイムがあると聞いたけど、必要だわね。昔がどうだったかすっかり忘れている。
ホテルに戻ってバタンキューでした。

RIMG5449(1) - コピー  ホテルから歩いて5分ほどの大統領官邸近くの広場です。大通りに向かって大きな国旗がはためいていました。日本では国旗を掲げるのにも騒動が持ち上がるのに、この国旗の大きさよ!自分の国に誇りを持っている感じがすごいです。

今日は忙しい

2011年01月07日22:00

朝タクシーでラタクンガに戻り、職場へ。休みがないのでとにかく今日は働かないといけない。
看護技術マニュアルの作成が考えていた以上に増えてしまった。やっているうちにこれも追加したいとなってきてどこで区切るか難しい。相談しているがなかなか返事が来なかったりして見切り発車のところもある。2年間は本当に早い。もう少し時間があればとこの頃つくづく思う。

ひたすら今は資料を集めてどこまでやるか決めなくては。

夕方仕事が終わったらキトへ又戻る。

明日チリに行きます。
メールは本当に便利です。何年ぶりですがメールのやり取りをして空港に迎えに来てくれるそうです。
久しぶりのチリでうまくウーゴと会えるかな?

何回目の赤道かな?

2011年01月06日22:40

この日の赤道はホテルでタクシーを頼んで行く事にしました。朝8時出発です。
タクシーはさすがに乗り換えもなくてスムーズでした。

途中、カルデラになっているところに連れて行ってくれました。そこは暖かいそうで農作物が良く取れるそうです。上から眺めるようになっているのですばらしい景色でした。

今回は最初に赤道博物館へ。人がいなくてうまく赤道が取れました。  RIMG5385(1) - コピー  GPSで赤い線が本当の赤道といわれているところです。  RIMG5387 - コピー   赤道の特徴を教えてくれるところで、今回は赤道上で目をつぶって歩いているところです。真直ぐになぜか歩けないのよね。   RIMG5383(1) - コピー   これはアマゾンで造られたミイラです。子どものミイラで本物だそうです。こぶしぐらいの大きさですが迫力ありますね。

その後赤道記念碑へ。
歩いているとこんな看板が・・・  RIMG5388 - コピー   暑さでカメラが熔けています。地球温暖化を訴えているのでしょうか?
RIMG5393(1) - コピー   赤道記念碑の上からの風景です。


そして、インカ遺跡の跡へ。丘のようになっていて黄色い花が揺れていました。  何千年か前には栄えた場所だったんでしょうね。  RIMG5400(1) - コピー
RIMG5403(1) - コピー   この向こうはオリエンテにつながっているそうです。

お昼過ぎにはキトへ戻りました。
今晩は友人二人は帰るので、残りの時間は土産を買いに。

私は8日からチリに行くのでそのためにパスポートを受け取りにJICA事務所に行きました。

バーニョスでHotel Luna Runtunを満喫

2011年01月05日23:12

朝6時過ぎに起きて朝の風景を見に外へ出てみる。静寂の中に鳥のさえずりと朝もや。周りの景色の山々がかすんで見える。ホテルもまだ人気がなくて気に入った場所を選んで写真を撮りました。
RIMG5327 - コピー   ホテルの入り口に飾ってあった像です。見難いけどホテルの名前が書いてあります。雰囲気が好きです。   RIMG5316(1) - コピー   上からホテルの一部を撮る。   RIMG5330(1) - コピー  大きな木はアボガドの木です。門が何となく東洋的かな?    RIMG5324(2) - コピー   この路の奥に天空の喫茶店があります。   RIMG5338(2) - コピー   この奥に私たちは泊まりました。
RIMG5340(1) - コピー   ホテルから市街地を望む。    RIMG5320 - コピー   バーニョスのカテドラルを上から撮っちゃいました。正面からとでは迫力が違いますね。上からごめんなさい。

時間が来たら朝ごはんへ。
カメラを忘れて残念ながら写真はありませんが、バイキング形式でパンがおいしかったです。それ以外には外国人が多いのか野菜サラダが充実していました。こちらの人はあまり野菜サラダを食べないので、サラダが充実しているのはうれしいです。

この後はスパでそれぞれにやってもらうことに。
スパに行く途中の景色です。   RIMG5343(1) - コピー
スパの受付です。スリッパに履き替えて中へ。   RIMG5348(1) - コピー
RIMG5350(1) - コピー   このお部屋で私は全身マッサージをしてもらいました。22ドルで全身オイルマッサージです。本当に気持ちよかった。

ホテルを出るまでの時間、温泉へ。温泉と言っても水着で、日本で言う温水プールみたいです。
タイプの違うプールが4つあります。そのうちの2箇所を写真で紹介します。ジャグジーは泡が強くて顔に当たって身体も揺れて。   RIMG5358 - コピー
プールから市街地を見下ろしたらこんな感じです。   RIMG5359(1) - コピー
 
喫茶店も行きたかったけど時間がなくなってあきらめました。
タクシーでバスのターミナルまで。タクシーの運転手さんが親切でホテルから降りる途中にある滝で停めてくれて初めて写真が撮れました。   RIMG5365(1) - コピー

バスが出発するまでお土産屋さんめぐり。エクアドルの民芸品でタグアというのがある。木の実で細工をすると象牙みたいなので、象を助けるのに役に立っているとポスターが張ってありました。なるほどと思ってしまいました。その気のみがこれでです。   RIMG5366 - コピー   写真の上に写っている物が色をつけたりキーホルダーです。

午前中ホテルから見下ろしたカテドラルは正面から見るとこのようになります。  RIMG5368(1) - コピー   中はこんな感じです。お正月よりこちらではクリスマスがにぎわいます。
RIMG5370(1) - コピー   カテドラル前の通りはこんな感じで、いつも人が多いのでこんなに人がいないとおりを取れるのは珍しい。

バスで予定通りキトへ。
夕方到着。エクアドルらしい料理をと思い食べに出かける。
今晩のメニューはこれです。
RIMG5376(1) - コピー   エンパナーダでパイ包みみたいな感じです。ソースが2種類付いてきておいしかった。   RIMG5377(1) - コピー   ツナサラダを頼んだら何とツナが塊で出てきた。エクアドルらしいかな。   RIMG5378 - コピー   チーズピザを頼んだらこんな大きなものが出てきて、しかも上にチーズが乗っているだけのシンプルなものでした。

バザーそしてバーニョスへ

2011年01月04日22:05

午前中はラタクンガの市場へ。
私もなかなか平日の市場に行くことがないので楽しみでした。人もいないので写真も撮りやすかった。
RIMG5299(2) - コピー   やはり肉の食文化です。こんな感じで市場で売られています。休みの日は野外で太陽のもと売られてもいます。   RIMG5298(2) - コピー   豚さんの頭と肉、胃袋が専用で売られています。    RIMG5301(3) - コピー   舌と足と専門ですかね。やはり肉の文化です。

バザーをやるためにトランクに品物を入れて家からゴロゴロと運びました。一人では無理で友人たちが手伝ってくれて本当にありがたかった。
場所はホールを借りて品物を持っていかれないように、3人で見られるようにして、会計をする人を決めて行いました。予想通り早く来る人もいて、入り口を閉めて13時に来るように説明して、帰ってもらいました。

さあ始まりです。人は来ましたが、お金がないので値切ること値切ること。こちらの人にとっては1ドルでも高いと感じるのでしょうね。日本の値段がわかるので安くするのは難しかったけど、売れないと困るので結局は安くして売りました。箸や扇子は高いものもあって、もったいなかったです。私が欲しかったよー でも、これで日本の民芸品が少しでもラタクンガの人に知ってもらえばいいかな。売り上げが130ドルくらいありました。
最後に着物を着付けて終わりました。いつも世話になっているバチータさんに着てもらいました。似合っていました。   RIMG5306(1) - コピー
3人でやったので写真を撮る暇はありませんでした。なので頑張って売っている姿はありません。あしからず。

15時に切り上げて、次はバーニョスへ行くために支度をする。
バスに乗ってバーニョスへ移動しました。
バスに乗っての移動は地元の人に触れ合えて印象深かったようです。

18時過ぎにバーニョスのホテルに到着。ひとまずゆっくりして食事へ。  RIMG5313 - コピー  壁には絵が描かれていて素敵でした。テーブルにはロウソクが灯されて雰囲気いいですねーーー
カメラを忘れて写真はありません。残念です。おいしかったですよ。

RIMG5314(2) - コピー   部屋のベッドは厚みがあり寝心地が良かった。やはり高いホテルはベッドが贅沢ですね。寝心地には誰でも関心が高いということでね。

仕事へ

2011年01月03日16:50

褥創マットを買うためにバザーをすることにしました。
今回友人たちがいっぱいバザーに協力するために持ってきてくれました。服や箸、扇子、それに阪神淡路大震災の被災に会った人たちが作っているグッズも持ってきてくれました。売れるといいな。

その話しを進めるために院長や看護部長に会って部屋を借りれるようにしなくては。
時間は看護師たちが午前中からやると仕事をしないからと午後からになりました。

着物の着付けも時間があったらできたらいいな。

私も仕事ではなくてバザーに関することで1日が終わってしまいました。

友人たちはツアーで戻ってきましたが高山病は大丈夫だったようですが、ツアーの運転手さんがお腹を壊していてほっとかれたみたいです。でも楽しめたようです。良かった。

悪魔の祭へ

2011年01月02日21:16

午前中、キトからラタクンガへバスで移動しました。

午後はピジャロというラタクンガから南に行ったところにある村で、悪魔の祭があるというので行くことに。病院の同僚の出身地であるらしく、最初は一緒にと言っていたのだがダメになってしまい、同僚のタクシー運転手にお願いして連れて行ってもらう。

途中お昼を取るためにサルセドという町で豚の丸焼きのおいしいというところによって食べました。地元の人に混じりいただきました。   RIMG5298(1) - コピー

又途中で道に迷い、眺めのいいところに。ツングラウアという山が良く見えて、最近噴火を繰り返していて噴煙を上げているのが見えました。  RIMG5301(2) - コピー

1月2日から1週間祭が続くそうで、毎日踊り通すそうだ。ただ踊りがにぎやかなのが最初の日と最終日が盛り上がるそうだ。本当は最終日のほうが良いよと言われたのだが、日程的に合わないので今日にしました。

中まで入れないので車を離れたところに停めて歩いて村へ。
まだ始まってなくて人もまだ多くない。   RIMG5302(1) - コピー
RIMG5308(1) - コピー   子どもが綿あめを売っていました。   RIMG5309(1) - コピー   暑いのでこのアイスバーキャンデーが売れる。なんと言ってもおいしいし安いので大人も子どもも買います。
場所取りをしたほうがいいのか、ブラブラしたほうがいいのか?何となく時間がたって人が集まってくるので場所を決めてさあ始まるぞ。  

どのグループも悪魔の仮面を作って凝っています。子どもから大人まで楽しんでますね。
RIMG5312(1) - コピー   かわいい表情の面ではないですか?   RIMG5340 - コピー   頭にこんな大きいものを乗せて踊ります。   RIMG5349 - コピー  人形を持っていてかわいいなー    RIMG5317 - コピー  頭飾りをつけた悪魔たちが踊っています。  
RIMG5373 - コピー この右手に持っている物が次の写真で・・・   RIMG5374 - コピー

立派な面の人もいれば、簡単な様子もいて。でも赤い服の人たちが多いかな?
RIMG5398 - コピー  悪魔が舞ってます。鞭を持っています。   RIMG5400 - コピー   黒い服を着てて目立ってました。   RIMG5412 - コピー  グループごとに踊っています。   RIMG5415 - コピー   サッカーが盛んなところですね。バルセローナまで悪魔祭に登場です。   RIMG5421 - コピー   この冠りもいいですね。  RIMG5449 - コピー  踊りも迫力があります。

見物人はこんな感じです。   RIMG5433 - コピー

後半には動物(蛇、モルモット、人形など)
RIMG5442 - コピー  手の間からかわいいモルモットが見えますか?   RIMG5447 - コピー   蛇が解りますか?  RIMG5458 - コピー   この翼が迫力でした。最後にオオトリのようです。子どもが集まってきました。
さすがに3時間となると段々疲れてきてしまった。それにしても日本人でこの祭に来た人はそういないのではないでしょうか?

始まりはいい天気だったのですが徐々に天気が怪しくなって、雨が降り始めてしまいました。山の天気は変わりやすいですかね?   RIMG5460 - コピー  雨にぬれないように仮面がビニール袋に覆われていました。大事なものなのでしょうね。

雨が降り始めたのを境にお昼ご飯を食べに行って、それでも雨がやまず帰ることにしました。

この日は我が家に皆で泊まりました。
明日は私は仕事へ。二人の友人はキロトア湖へツアー会社で頼んで行ってもらう事にしました。
うまく行きますように。

オタバロ、コタカチめぐり

2011年01月01日16:42

元旦です。でも変わることのない朝です。

RIMG5282(5) - コピー ホテルの中庭からの全景です。1階が食堂です。中央のドアから中庭に出れます。   RIMG5283(4) - コピー   左奥の部屋に夕べ泊まりました。ホテルを一回りして朝食へ。

お天気がいいので、食堂にもお日様が差し込んで暖かくていい気持ち。朝ごはんはこんな感じです。 RIMG5281(5) - コピー

オタバロとコタカチへ買い物へ。
IMG_0252 - コピー   買い物で立ち寄ったお店でフォルクローレをやっている兄弟に出会う。日本で演奏をしたいと話していた。格好よかったので写真を一緒にとって貰いました。ミーハーですね。
RIMG5291(2) - コピー   野菜です。   RIMG5293(2) - コピー   豆類の種類がこんなにあります。
普段と変わったことはない様子。写真もこれ以上取らずに終わってしまった。

お正月のお昼はフランスパンのサンドイッチでした。  RIMG5296(2) - コピー


午後にバスでキトに移動しました。   RIMG5297(2) - コピー   ずっと続く道です。

ホテルは自炊が出来るところを選んだのですが、これが裏目に。正月でどこも開いていなくて、食事が出来ない。ホテルの人に聞いたら中華だったらあるのではないかと。そこで以前行ったことのある中華屋さんへタクシーを呼んでいく事にしました。

やっていました。良かった。中に入ると客は私たちだけでした。従業員が4人。私たちが3人。最後まで私たちだけで貸し切り状態でした。料理はおいしかったです。


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。