スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国勢調査

2010年11月28日15:10

今日はエクアドルの国勢調査で、朝の7時から夕方の5時まで外出禁止です。

病院もこれに備えて、28日に働く人のリストを作って、身分証明書をコピーで添付したりして大変そうでした。28日に働く人は朝7時から外出禁止なので、その前に病院にはいるように各自に連絡を金曜日までに必死にやってました。

そんな感じで迎えた今日ですが、交通機関ももちろんストップなので静かな朝でした。
外から人の話し声や車の音がしないのは不思議ですね。
こんなことは日本では考えられません。働いているのは病院、警察、消防署ぐらいでしょうか?
夕方からスーパーなどが店を開けるのかが興味がありますね。
お酒は明日のお昼まで禁止なので、家で飲むしかないですね。

調査は朝10時くらいに来て質問形式で終わりました。バイトの学生さんが来て質問をしていきました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110621224828.jpg  向こうに座っているのが調査員、そして手前は大家さんの家族グラディス、心配で案内がてら、一緒に部屋にいてくれました。
残りの時間はもてあます感じかとも思いましたが、なんだか時間が過ぎていきました。

面白い経験でした。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110621224918.jpg  調査が終わった家にはこのシールが張られました。無事完了です。
スポンサーサイト

忙しい1日

2010年11月23日11:36

10月末にたくさんの人が定年で退職しました。
日本のように年度末ではないのでいつの間にか知らないうちに姿を見なくなったので寂しかったのですが、今日お昼から助産師さんとソーシャルワーカーの送別会をするというので参加することにしました。
お昼からというのもこちら的ですね。こちらの師長は13時半に仕事が終わるし、医師たちも人によりますが12時で帰るので、特に問題はないということでしょうか?でも何だか昼間からという気が私にはしますね。

結局13時に病院を出るはずが遅くなり、13時過ぎになりレストランについても人の集まりも悪く結局始まりは14時からになりました。挨拶と記念品の贈与があって食事です。サラダにパンが乗っているのが珍しかったです。
それが終わったら、マリアッチのバンドが来て、歌って踊ってで非常に盛り上がりました。こういうのは楽しいですね。
私はこの後も約束を入れていたので16時半前に帰りましたが、17時過ぎまでやっていたそうです。

このパーティーの後は、こちらの人で日本人と結婚している方のオタクにお邪魔しました。うっかりして同じ日にちに約束してしまって、忙しいことになってしまいました。ラタクンガから海のほうへ向かって4時間ほどのところにケベドという町がありますが、そこでテラピアという魚と緑のバナナ、オレンジをその方が栽培しているということで、本日の食事は魚のホイル焼きとオレンジジュース、バナナで作ったパタコンという食べ物で、オリエンテの食事でした。パタコンは脂っこいけどおいしいです。
結局昼・夜とお腹いっぱい食べて眠くなってしまいました。

9時過ぎには寝てしまいました。



パンデユカに挑戦

2010年11月21日12:33

チョッと前にパンデユカの作り方を教えてもらったままになっていたので、本日挑戦してみました。
チーズは2種類以上使ったほうがおいしいとのことで、今日は2種類を使ってやってみました。
アルミドンデユカを500グラムにそれぞれのチーズを250グラム、それに卵3個、硬さの調整のために牛乳を使用しました。思ったより水気が出なくて結構牛乳を使用して生地が出来上がりました。
それを丸くこねて、板に乗せオーブンへ。
250度で40分ほど焼くと出来上がり。
途中からは香ばしい香りがして、待ち焦がれました。
味も上々で、いい感じです。

1つこちらの味を覚えました。

vcm_s_kf_repr_640x480_20101125124111.jpg
お餅のように見えますが、チーズ味のチョッともちっとした感触のお菓子です。

マリスカルへ。そしてラタクンガへ

2010年11月20日12:04

昨日は試験の後、ひとまず終わったということで、シェラトンホテルでオレオのチーズケーキをいただく。おいしかった。その後中華食材店へ買出しに。夜は鍋になりました。これもまたおいしかった。

今日は土曜日にシミアツグの人たちの市が出ているとのことでマリスカルへ。
10時くらいに着いたけどまだ始まってなくて、ここでもまたケーキセットを注文。
昨日からすごく食べてるなー。vcm_s_kf_repr_640x480_20101125122503.jpg 今日のケーキはこんなでした。テントが赤かったので赤く見合えますが、チョコレートケーキで珍しく甘くないケーキでした。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101125122057.jpg  街頭みたいに見えるのは野外でのストーブです。下にプロパンガスが入っていて結構温かい。太陽が出て暖かいようだったが遅くまでストーブが付いていた。奥に見えるテントで色んな手作りのものが売られている。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101125123149.jpg  気分はチョッとヨーロッパ。

11時くらいまで待って、他の店が出ているのでそれを見がてら、シミアツグの店は出ないか聞いてみると、今日はなくて12月第一土曜日とのことで、あきらめて帰ることに。刺繍のスリッパが欲しいのになかなか手にはいらない。手にはいらなければ入らないほど欲しくなってしまう。帰国する前までには買えるといいなー。

昼過ぎにバスに乗ってラタクンガに向かう。
ちょうどターミナルに着いたぐらいから土砂ぶりの雨。バケツをひっくり返したような感じ。
バスで道路を走っていると川のようになって水が流れている。バスの横を走っている車は水しぶきを浴びてすごいことになっている。途中では芝生が白くなっていて、雹が降ったらしい。午前中はすごいいい天気だったのにこの変わりようはすごい。この雹が降ったのは本当に一握りの場所だけだったけど、私はエクアドルに来て始めての景色だった。

ラタクンガに近づくに連れて、雨は小ぶりになりホットひと安心。
家に帰り着いたら一気に疲れが出て何もする気になれず。
ベッドに横になって本を読んで過ごす。

明日日曜日で休みでよかった。

DELEの試験

2010年11月18日11:52

今日はDELEの試験で15時半にはキトに着いておかなければならないので、12時には出来れば病院を出なければならなかったのですが、先日から院長に「世界の笑顔のために」で送られてきた寄贈品がグアヤキルに到着していて、19日に引き渡せるとのことで、その荷物を取りに行かなければならないのに、なかなか会うことができず、おとといが1時間、昨日が2時間半、そして今日は1時間待って会えないので、もう堪忍袋の緒をが切れてしまって、欲しくないのであればそのまま日本に持って帰ってもらうのでいいですと啖呵を切って、院長室を出てきてしまった。

結局着替えて病院を出ようとして看護部長に挨拶に行ったら、院長が会うと言っているのでといわれて再度行ってやっと話が出来る。本当に時間がうまく使えない、約束が守れない、ルーズという院長への私の印象はますます悪くなってしまった。

キトに着いたらそんなこんなで何となく試験をする気分でないまま面接へ。
結果はなんか中途半端でうまくしゃべれなかった。
明日にかけるしかないが、先週ぐらいに頑張りすぎて、今は気持ちが試験に向かない。
集中力を維持するのは難しいと痛感した。

夜は中華の食事会に参加して、お腹いっぱい食べて結局勉強する気分になれないまま寝てしまった。
どうしよう!!!

グアモテの動物市へ

2010年11月11日16:09

木曜日はリオバンバからバスで1時間ほど南に下ったところにグアモテという町があり、そこで動物市をやっているということで行って見ることにする。

朝7時にホテルを出発。タクシーでグアモテ行きの出ているバス停まで行く。そこでバスがちょうどいて乗り込むことに。8時過ぎにはグアモテに着いて、どうしていいかわからずひとまず人の流れについていく。坂を登ってしばらく行くと市が立っているのが見える。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129064240.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129064338.jpg  そこで売られていた豚のフリターダ。ここまで頭だけを見るのも珍しい。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129065351.jpg  線路が店の通りになっている。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129064645.jpg
道端で打っている時計屋さんのところにあった。防水だよということらしい。そこでどこで動物市をやっているか聞くと、少しはずれになるらしいので、回りの売っているものを見ながら、歩いていくことに。本当に地元の人の市らしく、観光客は見ない。珍しいのか私たちを見ていく人もいる。私たちも村の市と言う感じで、インディヘナの人ばかりで珍しい風景だった。vcm_s_kf_repr_640x480_20101129064559.jpg  帽子屋さんの前で。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129064739.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20101129064843.jpg  色とりどりのスカート。これにあわせてショールが決まる。組み合わせがちゃんとあるとのこと。知らないで買ったらこちらの人にしたらちぐはぐなんだろうなー  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129064925.jpg  何だか解りますか?牛の頭の皮。スープなどにして食べるらしい。何だかおもちゃのマスクみたい。

動物市にたどり着いたら、そこではクイ、豚、羊が売られていた。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129065035.jpg   すごい人だかり。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129071357.jpg   豚は160ドル、羊が100ドルということだ。売り方がインディヘナの人が、売りたい動物を紐でつないでその紐を持って立っている。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129070232.jpg   そこに気になる人が近づいていって、交渉をするという人対人の売り方だった。毛並みやお腹を触ったりして何かを調べている感じ。見ているだけでも面白い。中には興味があって私たちに話しかけてくる人もあり、色々反対に聞いたりしてそれもまた面白い。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129070143.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129070057.jpg   動物たちが売られるのをいやっがて駄々をこねるので、こんな風景をあちこちで見かける。悲しそうな声を上げる。 
vcm_s_kf_repr_640x480_20101129070329.jpg  動物市で見かけた風景。民族衣装の組み合わせがよくわかる。こちらでは明るい色がよく映える。

動物はさすがに買い物できないので、こちらの民族衣装を買ってみることにする。
見ていて安いところがあったが、後ろにいたインディヘナのお姉さんが小声でここでは買わないほうがいいよといったので、あきらめる。しばらくして他の店に居るとあのお姉さんとまた会って、半紙によるとさっきの出店は古着屋さんだったので勧めなかったとのこと。今度はお姉さんお勧めの店に連れて行ってもらう。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129071724.jpg  赤いショールの人が親切なお姉さん。確かに良かったがブラウス1枚50ドルとかして高い。考えることにする。

その他には、道の真ん中で売っているおばちゃんがいて、そこでも立ち止まって見てみる。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129070505.jpg  あっという間に人だかりができて、そこで皆にここは安いか聞くと、うなずくも、おばちゃんが見ている前では違うとは言えないよなーここではブラウスとスカートで30ドルほどで買える。でもブラウスの首周りが狭くて入らないのにはびっくり。こっちの人は頭が小さいにかな?
vcm_s_kf_repr_640x480_20101129071624.jpg  タイヤで作ったお皿に鍋? タイヤもここまでなるとすごい。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129071813.jpg  ここで見つけたメロンパン。味はやはり日本のメロンパンには敵いません。1個10センターボ(1ドルの10分の一)では味はやはり・・・・

とにかく皆親切で人なつっこい感じがする。楽しい買い物タイムだった。

早く帰りたかったので10時過ぎにはグアモテを去ったが出来ればもう少しいたいところだった。
動物市も動物で分かれていて、リャマの市もあるらしい。
行ってみたかった。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101129071923.jpg  バスの中で食べたお昼ご飯。エクアドルの軽食のサルチパパ。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129072106.jpg  バスの中で物売りに来たお兄さん。マイクロフォンをつけて話しをしているのは始めてみました。

リオバンバへ 医療部会前日

2010年11月09日15:40

今日は10時過ぎにリオバンバに向けて出発。
12時前についてホテルにチェックアウトして、 お昼を食べて笠井さん宅へ。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129055947.jpg  ホテルのベランダから見たリオバンバの大通り。  時間がなくて早く出てくる中華にしたけど、時間が早かったせいか、出てくるのに時間がかかって約束の時間に遅れる。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129055800.jpg  味はおいしかった。

打ち合わせにアンディーナ病院に行って、その後にアンデスの薬草などを使った治療?をしてもらう。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129060155.jpg  この治療をしてくれる棟が別になっていて、そこの廊下。薬草のいい香りが漂ってる。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129060359.jpg  これらが使われた薬草。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129060239.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20101129060457.jpg  この人が治療をやってくれた方。
薬草に、水、アルコール、火、木など自然にあるものを使って体中から悪いものを出していくような感じ。
体中を払ってくれた薬草に対しては、最後につばを吐きかけてゴミ箱に捨てる。これで悪い物がからだの外に出されたことになるらしい。こちらの食べ物でもあるモルモットの一種のクイを使った方法もあり、こちらではクイで体中を払ってくれて、その後クイを解剖してクイにその人の悪いところが現れているので診断が付くらしい。こちらの人はクイには力が宿っているといい、特別に見ている感じがする。ひとまず私たちはクイではなく、それ以外のものでやってもらった。少しからだが軽くなった気がするが、効いたのかな?信じることは大事と思い、効いたと思うことにする。最近疲れやすいし、聞くといいなという願望も含めて・・・・  これにかかったお金は13ドルくらいだったかな。

初めての経験で面白かった。
もう一度クイでやってみたいかな。

ベランダで焼き鳥!

2010年11月07日15:23

昨日から残ったメンバーで、お昼は焼き鳥をしました。

日中はお天気もよくビヤガーデンをイメージして、ベランダに焼き鳥を焼くのを出して炭を起こして、本格的にやってみました。ご飯は鳥飯です。どちらもおいしく出来ました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101215080928.jpg  頑張って炭をおこしてよかったです。塩とタレでいい味でした。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101215080818.jpg  皿を置く机がないので、ベランダのふちにおいてみました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101215081049.jpg  鳥飯です。大分県の郷土料理でネットで調べて作ってみました。

午後は医療部会に備えての資料つくりです。

なかなか書き上げるのに時間がかかります。
どうにか間に合えばいいのですが。今回はギリギリで準備している感じです。

エクアドル2回目の、そして最後のママネグラ

2010年11月06日12:29

今年は全員行列に参加することにして、総勢で10人になりました。去年の反省を生かして飴玉も大量に買いましたが、それでも籠に入れて分けると少ない感じになってしまいました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101129020925.jpg

私は何日か前からのどが痛く、体がだるくて結構限界に近づいている感じがしていましたが、今日になったら頑張れそうな気がしてきました。現金なものです。
二人の人たちが今日の朝ラタクンガに到着するので、私はその人たちを待って後から合流する事にしました。
他の人は院長が朝の8時に病院に集合といったので行くことに。朝10時から始まりなのにこんなに早くてもと思ったのですが、ひとまず参加させてもらうほうなので、言われたとおりに行くとやはり院長は着ていなくて、しばらく待つことに。院長が着いて何と救急車で、会場まで行くことに。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129023652.jpg  いいのかなー。私は皆を見送り自分のうちに戻りました。

二人がついて、早速着替えて会場へ。
でも10時過ぎていたので、もう大きい通りは通れず、集合場所までもう行進の始まっている通りを逆行することに。東洋人で珍しいのかあちこちで写真を一緒に撮ってくれと言われて、写真を撮りながら進むことに。反対に写真も撮らせて頂きましたが・・・・
やっとの思いでみんなと合流できてホッと一息。

11時ぐらいに私たちのグループであるレイデモロの行進が始まりました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129023955.jpg  本日も天気がよく暑いです。飴をまいたり、お酒を振舞ったりして歩いていくと、知り合いから反対にお酒を勧められます。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129024104.jpg vcm_s_kf_repr_640x480_20101129024401.jpg  お酒をこんな容器に入れて準備してありました。このお祭りは、知り合いに出会うとお互いにお酒を振舞い合います。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129024507.jpg  なので酒飲みのお祭りといわれるんですね。しかも、持っていたお酒の入ったペットボトルを取り上げられたり、少なくなった分と交換されたりしました。ひどいのもです。でもお互いに酔っ払っているからどうでもよくなっていますね。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129022007.jpg  2階からお酒をねだる若者たち。なんでも有です。途中でビールを買ったりして、最後まで今年は歩きました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101129022406.jpg  こんな感じでビールを売ってくれました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101129022300.jpg  行列がこんな感じで続きます。


お昼ごはんが準備されているということで、そこまでタクシーで行ってお昼ご飯を食べて戻りました。vcm_s_kf_repr_640x480_20101129022114.jpg  モテに豚のフリターダでした。

夜はお好み焼きを皆で作って食べましたが、私はやはり疲れがピークで早めに就寝でした。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101129021802.jpg  ビールにまでママネグラシールが・・・    vcm_s_kf_repr_640x480_20101129021916.jpg  お好み焼きは好評でした。たこが冷凍庫にあったのでタコ入りの豪華版です。

でも皆も疲れたようで、早めに寝ました。
3階と1階で10人で寝ました。頑張れば寝れるものですね。

やっと決まった

2010年11月05日12:22

あしたがママネグラというのに、やっと今日行列に参加することが決まる。今年は病院が参加しないというところから、どうして参加しようと悩むことに。院長がレイデモロという行列に参加するというので、そこに入れてもらえるかも言うことだったけど話をする暇がなくて、今日もうまく話しが出来なくてあきらめていたらちょうど話しが出来て、一気に解決。病院から衣装を借りて、明日の準備が出来ました。

明日に向けて、何人かはラタクンガに来ていて、夕食を皆でいただきました。
とんこつを黒砂糖もあるし作ってみました。おいしく出来ました。やはり圧力鍋はいいですね。

4連休3日目 シミアツグへ

2010年11月02日10:58

シミアツグという村は、刺繍で有名?なところです。こちらの人に聞くとあまり知りませんが返って外国人のほうが知っているかも。この村に外国の人が入って、元々あった刺繍に工夫をして売り出しているので、どちらかというとお土産品として買ってもらうための品物として作られているので、外国人に受けるようになっているのかも?

ラタクンガからバスで45分くらいの町アンバートまで行ってそこからバスを乗り換えて2時間半でした。この連休ゆっくりするはずが、アンバートを9時発のバスに乗るために7時45分に出発。早起きをしなくてはならないことになりました。しかもアンバートのターミナルから出ているのかと思っていたら、シミアツグ行きは乗り場が違うとこらしく、結局アンバテニータというバス会社のバスが出るところにタクシーで連れて行ってもらうことに。ギリギリについたこともあり、すでに切符は完売。切符を買いに行こうとしたらとっくに切符はないよといわれて仕方なく、座れないことを覚悟で乗り込みました。

道は山道で、細くガタガタ道。でも景色が最高によかった。周りは山ばかりだが、それがずっと連なっていていい景色です。立っているので両サイドの景色が見えていいのですが、バスの窓ガラスが汚れているのと、ガタガタ道で手が離せないこともあり景色を撮るのは断念しました。途中は洗濯をしている人や、何もないところで降りていく人など色々想像力が働く感じでした。

シミアツグに着くと人があまりいなくて店も閉まっていて、刺繍製品を買う感じが全くしなくて、心配になって、乗ってきたバスの車掌さんが休憩をしていたので聞いてみると、今日は死者の日で皆お墓に行っていていないとのこと、もう少ししたら皆戻ってくるから待ちなさいといわれて、街中をぶらぶらと散策して過ごす。この写真わかりますか? vcm_s_kf_repr_640x480_20101127115456.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101127115535.jpg  左右から見てこの違いです。外で店先にぶら下げて売っているのがすごいです。豚の皮のところを買って、食べているところを見ていたら、日本でするめを食べているような感じでした。

お腹もすいたので、屋台で売っているポテトフライとゆで卵を買って道端で座って食べる。これがおいしかった。ポテトフライの上に玉ねぎの薄切りとトマトを乗せてマヨネーズをかけてあっていい按配でした。vcm_s_kf_repr_640x480_20101127115412.jpg  ここの広場の近くで食べました。この写っているバスでアンバートからやってきて、休憩中にこのバスの車掌さんに色々聞きました。店先に売っていた花の飾り。お墓に飾るためのもの。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101127115749.jpg


狭い村なので見尽くした感じで、店に戻っても開いてなく、隣にあるコンピューター教室みたいなところを訪ねると、親切にお店の担当の人に電話をしてくれて、鍵を持っている人がこの村にいなかったり、他の人もいなかったりでもうダメかと思いましたが、やっと一人捕まって、少し待ったら来るからと言われて、近くのホテルに行って待つことに。そこのホテルもお店をやっている系列のところらしくて、お店の開くのを待っている言ったら親切でした。しばらく待っているとお店の人がやってきて、本当にやっと見ることが出来ました。でも買いたかったスリッパはなぜか右側しかなくて買えず、電子辞書入れになるポーチみたいなのを買って、それに鍋つかみで終わってしまいました。買い物に気持ちが行ってしまいお店の写真は一枚もありません。

2時のバスには間に合わなかったのですが、連休中なので1時間ごとにあるよという村の人の話を信じたら、何と夕方5時半のバスしかないと言われ、結局その時間まで待つことになってしまいました。この村を何回くるくる回ったことか・・・仕方なくホテルでコーヒーを飲んで待つことに。vcm_s_kf_repr_640x480_20101127115841.jpg  ホテルのレストランにあった椅子。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101127115925.jpg  カウンターがすべて木で出来ていて落ち着きました。間に刺繍のタペストリーが飾っていました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101127120007.jpg  食器棚もこんな感じで素朴な絵が描かれていました。

最後はバスが止まるといわれたところで待っていたら、段々周りの雲が降りてきてこんな感じです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101127120218.jpg  明日の朝出るバスの運転手さんが寒いからバスの中で待ちなさいと入れてくれて本当に助かりました。これが休憩させてもらったバスです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101127120412.jpg  その人は14歳でイギリスに行って、不正入国だったようですが皿洗いなどしてしばらく暮らしていたそうです。でも見つかってエクアドルに帰ってきたといっていました。色々な人生があるなと感じてしまいました。

夕暮れの中を走って帰りました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101127120500.jpg  帰りはバスが途中でパンクして、暗い中タイヤ交換が行われて、その時には後ろから来た車がライトをつけてくれて灯りを頼りに交換をやっていました。タイヤも後ろの車から借りていました。後からどうやって返すのか?

どうにか無事に帰り着いて今日の刺繍を求めての旅は終わりました。
それにしても疲れました。

帰ってきたらすぐ寝てしまいました。

4連休2日目 コラーダモラーダとグアグアデパンをつくりに

2010年11月01日11:14

こちらでは11月2日が死者の日で、その日が近くなるとあちらこちらで、コラーダモラーダとグアグアデパンの言葉が飛び交います。日本で言うおはぎみたいなものです。お墓にお供えするのと、家族みんなで作って、食卓を囲み食べるようです。

今日は職場の人に誘われて、コラーダモラーダとグアグアデパンをつくりに行くことにしました。
庭に放し飼いになっている鶏を捕まえる事から始まりました。私も何気に参加していたのですが、なぜか鶏が自分のほうに逃げてきて(ボーとしてると見えたのか)私が捕まえてしまいました。そんなことをしていると、ご飯のお知らせです。先ずは腹ごしらえですね。オルナードが出せれておいしかったです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101102120856.jpg


コラーダモラーダという飲み物は、作りかたは聞いていましたが、作る現場を見るのははじめてです。この時期になるとブルーベリーが見かけるようになるのと、 vcm_s_kf_repr_640x480_20101102121453.jpg  それ以外にモラと言って木苺、 vcm_s_kf_repr_640x480_20101102120950.jpg  イチゴ、ババコという果物 vcm_s_kf_repr_640x480_20101102121040.jpg  皮をむくと白い果肉が出てきます。煮るとつるっとした感触になります。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101102121206.jpg 、パイナップルなどを入れて作ります。先ずはそれぞれを鍋で砂糖を入れてぐつぐつ煮て、それぞれをミキサーのかけて細かくします。ふるいにかけて果物のカスを取り除きます。その他に、鍋にパイナップルの皮、みかんの葉、丁子、シナモン、ハーブを入れて煮ます。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101102121310.jpg  その中に入っているパイナップルの皮をミキサーにかけて、これも濾します。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101102122001.jpg  それ以外にコラーダ用の粉を溶かしたものを入れてそれらを1つの鍋にして、再度薪で煮ます。

パン生地を作るところから見ることが出来ました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101102122216.jpg   おじさんがすごい大量の小麦をこねていました。 小麦粉ととうもろこしの粉と2種類の生地を作っていました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101102121803.jpg  大きい木製の箱に小麦粉ととうもろこしの粉が入れてあって、そこに卵、マーガリン、ラード、砂糖、塩を入れて混ぜ合わせます。しばらく寝かせてから、パンを作ります。普通のパンとグアグアデパン、エンパナーダを作りました。久しぶりにパンつくりをして面白かったです。自分でも作って見たくなりました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101102122340.jpg  パンを作っているところ。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101102122423.jpg  グアグアデパンを作って並べたところ。   vcm_s_kf_repr_640x480_20101102122503.jpg  出来上がりです。

最後はコラーダモラーダとパン、そして朝つかまえた鳥をつぶして作ったスープでした。
お腹いっぱいになったところで、折り紙を知っているかという話になって、折り紙で鶴やくちばしの動く鳥、風船を作ったら子供たちに非常にうけて、もう少し作品数を覚えて作ってあげられるようにしたいなーと感じたときでした。


CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。