スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4連休初日、マラソン大会へ

2010年10月31日10:46

大統領の鶴の一声で、10月30日土曜日を働いて、次の週の月曜日をその代わりに休みにして、元々火曜日、水曜日の休みとくっつけて、日曜日から水曜日までが休みになりました。せっかくだったら、月曜日を振り替えといわず、単なる休みにしてくれたら5連休だったんですけどね。

連休の初日は、ラタクンガでマラソン大会があり、それにあわせて私の働いている病院でも、救護所を造ったり、救急車を出したりするとのことで、救急車の運転手から一緒に行こうと誘われて、行くことにしました。
8時に約束だったけど、なかなか出発する気配はなく、救急車の酸素ボンベも今になって積み替えてました。vcm_s_kf_repr_640x480_20101102114717.jpg  救急車の内部です。

やっと出発。サッカースタジアムへ私たちの救急車は行くことになりました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101102114840.jpg  途中の出発地点です。人がごちゃごちゃ居ます。でも向こうにイリニサが見えていい天気でした。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101102114931.jpg  この写真を撮ったすぐ後でした、早速担架で人が運ばれてきて、酸素、酸素と大声で言うのですごくあせりましたが、よく見たら、頑張って走って辛くなったような感じでした。しばらく酸素を流して終わりでした。
結局運ばれてきた人のほとんどが、酸欠状態か、ひざの痛み、足のつりなどでやってくる人がほとんどでした。
たまたま、もしかするとと思って自宅から持ってきたサロンパスのエアーゾールが一番役に立ちました。
結局後から研修医の人も2名来ていましたが、お祭り気分で写真を撮ったりして遊んでいました。私も一緒に楽しんでいましたが・・・・・  vcm_s_kf_repr_640x480_20101102115201.jpg マラソン大会にこのぬいぐるみもどうかと思うけど、結構皆一緒に写真を撮っていました。そういう私もそうでしたが。
車椅子の一位の人の写真です。砂埃があって走りづらかっただろうなと思ってしまいました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101102115247.jpg


小学生の部が終わった後に水が配られて、その後がこんな感じです。ゴミ箱に捨てる習慣がないことがよくわかりますよね。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101102115100.jpg

このマラソン大会が終わったら、カテドラルでやっているハンガーストライキの学生たちの健康チェックに行くことになっていました。何でも大学生が判決を受けて懲役8年は長すぎると抗議のハンストのようです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101102115457.jpg  皆元気そうで良かったです。
スポンサーサイト

救急外来が大変だー

2010年10月29日09:34

昼頃に交通事故でけが人の救急要請が情報室に入りました。
そうこうしていると救急車のサイレンの音が響いてきました。結構、救急車が続いてくるので救急外来に手伝いに行くことにしました。

小学生のところに車が突っ込んだということで子供たちがいっぱい運ばれています。それと同時に別なところで車が横転したと大人たちが次々と運ばれてきます。狭い救急外来がごった返していました。とにかく手伝えるところから手伝って行く事にして救急外来のカルテを作ったり、点滴の手伝いをしたりなどやりました。今日は救急外来の師長が居なくて、他から師長が降りてきて指揮を取っていました。でもこんなにごった返すのでは整理がつきません。もう少しどうにか受け入れ体制がならないものかと思ってしまいます。トリアージの話しをしたいとやっぱり思ってしまいますね。でもこんな時に皆が集まって協力してやっている姿はいいものです。特に今日はなぜかCentro de saludの長もいて手伝っていました。なぜ?

患者は次々と運び込まれては、検査や自宅へと振り分けられていますが、運び込まれた人の名前など事務の人がきて聞いていました。今日は病院中の人が総動員されて救急外来にいた感じです。院長に看護部長に様々な人がいました。私服で手伝っている看護師もいてびっくりでした。

ひと段落しているとまた交通事故の患者が来るとの情報が流れて、皆がもうこれ以上は他の病院へまわしてもらうようにしようと話していました。薬もなくて、いくらかの衛生材料も底をつきかけていました。今日はまだ続くのにこんな状態ではこれからが心配です。他へ回してもらって正解です。

今日は一人の子供を含めて14人が亡くなったそうです。エクアドルは本当に交通事故が多い国です。それにしても今日は特別な日でした。

久しぶりに頑張って腰が痛くなりました。あー疲れた!!!

医療ゴミの講習会

2010年10月28日08:25

いよいよ今日は、看護部長と相談してきた、医療ゴミに関してのコンクールをする前の講習会です。私の担当は、先日ゴミの評価をするために回ったところの写真を紹介して、細かいところのゴミの分別について理解してもらうことです。
10時からの開始で、9時には準備に行こうと他の担当の人と決めていたのに、結局その担当の人が他の人と話し込んだり、コーラモラーダを勧められたり、結局準備を始めたのは30分前でした。いつも使えるところが、今回開催するに当たり院長に許可も貰ったし、文書も出したにもかかわらず土壇場になって他の委員会が入っているので中止するように言われて、看護部長が各部署に文書を配り、なるべく多くの人に出席してもらうように調整してもらっているのでそれはもう出来ないといったら機嫌を損ねて怒ってしまったそうです。結局いつも使える会議室が使えず、他のところを使うのでそういう意味でも早くから準備したかったのに、バタバタでした。

始まりも遅くなってしまいましたが、とにかく始まりました。立ち見が出るくらい多くの人が出席してくれて、良かったのですが、途中から院長が来たら座れないし、狭いしでみんなの我慢が爆発して、どうして院長のほうの委員会をこちらでして、人数の多いこの講習会を会議室でやらなかったんだという意見が出されて、院長は中止にしろと言ったのにやったんだからというし、看護部長はそれをやるといったときに認めたのはそちらなんだからという感じで、講習会の途中でそんなやり取りをして時間が過ぎてしまいました。ひとまず看護部長が、こんなに人が集まってくれたのに座れなくて申し訳ないと言って謝って少しは収まりました。結局私の持ち時間がなくなりすごいスピードでスライドが進められてしまい、言いたいことが抜けてしまったりしたのは残念でしたが、後で何人かに「良かったよ」といわれてホッとしました。

来週からは評価を行います。看護部長がどこまで時間が取れるかにかかりますが、とにかく来週からがコンクールの始まりです。vcm_s_kf_repr_640x480_20101030084429.jpg   院長が説明しているところ。   vcm_s_kf_repr_640x480_20101030084530.jpg  入り口にもいっぱい人が・・・

協力隊20周年記念

2010年10月27日09:02

エクアドルと日本の間で協力隊が派遣されるようになってから20周年ということで記念式典が行われました。

ホテルでの開催でどのようになるか興味深々だったのですが、大臣や副大統領の出席もあり盛大だったと思います。ボランティアの紹介のビデオなどが流されましたが、できれば日本の文化紹介などが出来る場所があったら良かったのにと思いました。

昼食はエクアドル料理、日本食で寿司も出されてチョッと日本の雰囲気が出されたかなと思います。出された食事はおいしくてつい食べ過ぎてしまいました。この会場に本当はカウンターパートの看護部長を呼びたかったのに人数制限があったため院長だけでした。何だかいつも世話になっている人が出席できないのは寂しかったです。たぶん前の院長だったら、看護部長にも声をかけてくれただろうになーと思ってしまいました。

今回は式典終了後、いくつかの地域はその日のうちに帰らなければならず、ラタクンガも当日に帰る組だったので、15時に終了後帰ることにしましたが、結構疲れました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101030091526.jpg  奥に見えるのが副大統領です。エクアドルの副大統領は車椅子の方で福祉に力を入れています。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101030091606.jpg  会場で出された寿司です。

忙しい1日!!!

2010年10月22日21:54

今日は午前中にこれから作ろうと思っている看護マニュアルの話しを看護師長を集めてしたのと、午後には取材でエクアドルのテレビ、ラジオ、新聞の人たちが来て1時間ほど話をしたり、患者さんと話しているところをテレビで撮られたりして何だか落ち着きませんでした。その上に午前中、医療ゴミのことで看護部長と二人でチェックに回ったりして本当に忙しい日でした。
結局看護マニュアルはみんなの賛成をもらえましたが、内容が大きくなりすぎて残りの5ヶ月でどこまでできるか心配です。それと、医療ゴミのコンクールをやろうというのに看護部長が非常に乗り気になっていてそっちの話もすごいスピードで進んでいます。
それに医療部会もあって、何だかやることが多すぎてどうしようかなという感じです。

なのに急に明日土曜日が出勤になりました。
大統領が他の日を休みにする代わりに、明日の土曜日を出勤するように決めたそうです。
来週の土曜日も出勤です。これは月曜日を挟んで2連休になっているので、土曜日に働いて月曜日を休みにして4連休にするためです。でもそれだったら、土曜日はそのままに月曜日を休みにしてくれたらよかったのになー。
休みの変更がそんなに急に決まってもどうするのかなという感じですが、ひと先ず明日は出ることになりました。
日本だったら、勤務表で人数を割り当てているので、こんなことしたらたまったものではありませんが、さすがエクアドルできてしまいます。

週末に仕事がどこまではかどるかなー。

内科病棟に居ます

2010年10月21日11:34

内科病棟に居ます。
やっと最後の科になりました。
何だか雑然としていて、病棟は日本もそうだと思うのですが師長の力量が出るなーと感じています。
前が小児科ですごく師長が管理しているという感じだったので、この差が大きく感じます。
小児科がたぶんこの病院の中では特別で、レセンシアーダという間が大学を出た看護師が多いのと、勤務している人数も多いので、師長に報告してすべてが統制が取れている感じでした。カルテも珍しく看護師が記録をしていて書くポイントも日本と同じようなことを書いていました。
それに比べて、本当はあまり比べてはいけないのかもしれませんが、スタッフが勝手に動いている感じでこれで回っているのが不思議な感じです。
糖尿病の患者さんで、しばらく寝たきりだった人が褥創が出来てしまって、これを家族のせいにしていました。体位変換をしっかりすればそこまでならなかったのではないかと思うのですが・・・それに看護計画に体位変換の事が出てきていないのもちょっとなさけない感じです。
色々目に付いてしまってどうしようかなという感じですが、来週ゴミの話をしたり、11月にゴミのコンクールをやるのでそれで忙しくて思い通りになりません。
愚痴になりましたが、こんな感じで内科は進んでいます。

折り紙展示会

2010年10月19日21:59

ラタクンガでエクアドル人の学校の先生が折り紙をやっていて、その人の作品展みたいなのがありました。ラタクンガの独立の日が11月10日でそれにあわせて色々やっているイベントの一環だったようです。

日本人の文化なので、見に行きました。
色々な作品が飾られていましたが、皆動く物が好きなようで傘など受けてました。
後はクス玉などきれいで眼を引いていたようです。

鶴は作れるので鶴やカラスのくちばしが動くのなど作って好評でした。
折り紙教室をやって欲しいというおじさんがいて、約束しましたがどうなりますやら・・

ママネグラの後にしてと言ったら、非常に受けてしまいました。

クスバンバへ

2010年10月17日21:36

今日はスペイン語の先生のお兄さんのすんでいるクスバンバというところに行って、日本料理を振舞うことになりました。先生はパンデユカを私たちに教えてくれる予定です。
朝9時過ぎにラタクンガを出発。プヒリに向かい、そこで乗り換えてクスバンバへ。ちょうどサルセドとプヒリの間にある村です。プヒリからは約30分で到着です。途中曲がりくねった狭い道を、バスが進みます。山の上までパッチワークのように緑の畑が広がっていてシエラの景色です。

村は公園を中心に歩いて10分くらいで歩いていけるくらいです。
昔ながらのアドベの家が多くて、時代が戻った感じでした。vcm_s_kf_repr_640x480_20101031101049.jpg  壁に選挙の文字が残っていました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101031101458.jpg  村の通りです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101031101237.jpg   サッカー場が村の上にあって、向こうに見える山が緑のパッチワークできれいでした。 1994年に地震があってその時に壊れた屋根とかがそのままになっていました。日本と同じで若い人は外に出て行って、年寄りと子供しか残っていないとのことでしたが、週末には村に返ってきて家族と過ごすそうです。そこが日本と違うかな?

村を一周して、青空市場でにんじんとオビト(果物)を買って、戻って日本食つくりへ。
今日のメニューはてんぷらとすき焼きにしました。豚しか薄切り肉がないので、豚でのすき焼きです。
ものめずらしげにこちらの人が質問してきて、かつ写真をいっぱい撮っていました。
箸を持ってきていたので、それを扱う姿も珍しいようでした。

食事です。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101031101715.jpg
食後ここからまだ奥の村へ遊びに行きました。
教会でミサがあったりしていましたが、私たちはゆっくり芝生の上で横になって気持ちよかったです。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101031103021.jpg
お気に入りの写真です。子供たちが歩いていく向こうにコトパクシ山が見えて雄大な感じがして好きです。

その後ユーカリの大きい木があるというのでそこに連れて行ってもらいました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101031103638.jpg
すごく大きくて、びっくりです。しかもその木は、普通の民家の奥にあって、家を横切らせてもらいました。
写真を取り巻くって、近くにいた羊とも遊び、楽しいひと時でした。

これで戻って、パンデユカを作って食べたりしていたら周りは暗くなっていて、帰りはお兄さんの車でラタクンガまで送ってもらいました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101031105632.jpg  パンデユカの出来上がりです。
パンデユカは簡単に出来そうなので、今度挑戦したいと思います。

ピアスの穴あけちゃいました

2010年10月15日20:45

今まで何回かピアスを進められていましたが、踏ん切りがつかずやっていませんでしたが、今日とうとうやりました。周りの人が何人かやっていて特に問題もないことと、同僚からピアスをほめたらそれと同じものを貰ったことで、踏ん切りがつきました。
教えてもらった店に行って、店先で立ったまま、アルコール綿で消毒して、場所決めをして、仮にはめるピアスを選んで、そしてピストルみたいなのでガチャンでした。チョッと痛いけどその時だけで、思ったより痛くなく安心しました。あとは、消毒を1日3回やって炎症を起こさないようにしなくては。全部で5ドルでやってもらえました。
その後は4ヶ月伸ばしたままにしていた髪を切りました。これも、病院の友人から教えてもらった店に行って、思い切って短くしたら、これまでで始めてくらい短くなってしまいました。首筋が寒いです。
アフターファイブが充実した1日でした。でもすべてが1時間もかからずに終わっていますが・・・・

今年初めてのコラーダモラーダを飲みました。

2010年10月14日20:02

今小児科にいますが、入院患者が少なくて落ち着いています。
なので、チョッと病棟を抜け出してスタッフがグアグアデパンとコラーダモラーダを売っているのを買ってきてくれました。11月2日が死者の日なので、それにあわせてこんな季節になったんだなーと思ってしまいました。1年たつのは早い!!!
去年は初めて飲んでびっくりしましたが、今年は心の準備をして飲みました。なのに、今日のコラーダモラーダは甘すぎず、おいしかったです。(私がこちらの甘さに慣れたというわけではないと思うのですが)パンも中にチーズが入れてあって、おいしくいただきました。パンは巻きで釜に入れて焼くのが伝統的な焼き方でそうやって焼くからおいしいのだと同僚が言っていました。
カメラがなかったので写真が取れませんでしたが、次回機会があったら取ってみたいと思います。

内視鏡室の手伝いに

2010年10月12日20:25

内視鏡室の看護師から器械の説明が日本語で書いてあるから、説明をして欲しいといわれて出かけてみる。
でもそれは中国語でした。初めての道具を使うために説明が欲しかったようです。
内視鏡室のカメラはフジノンとオリンパスがあって、日本の会社のだと知っているので、時々これまでにも声が掛かりましたが、今回のは食道静脈瘤の所にゴムをはめて、出血をしないようにする処置をするための準備でした。準備をする段階で、試しに使ってしまい、再度最初の状態にしなければならず、それを結局私がすることになってしまい、大変でした。
でもうまく使えて、止血もうまくいって、ホットしました。

内視鏡をする医師はJICAの研修でブラジルに行ったことがあるとのことで、本当は日本に行きたかったけど行けなかったのが残念だったといっていました。でも研修はとても面白くて充実していたと話してくれて、自分の事ではないですがうれしかったです。

1年半も過ぎてからこんな話が聴けたりします。
これも出会いですね。

何もしない1日

2010年10月10日20:18

今日は何ヶ月ぶりに誰もいない日でした。
なので、1日中ベッドでゴロゴロしてテレビを見て過ごしました。
本当に何もする気がしないというのはこんなことを言うのだなと感じつつ、ゴロゴロ。幸せー

このところ日本からの友人が来たりして、遊んではいたんだけどやはり疲れたんでしょうかね。
一人というものたまにはいいですね。
 

色んなことがありました

2010年10月08日20:26

小児科にますが、今日入院中の子供がお誕生日で、病棟で誕生祝をしました。
研修医がケーキを買ってきて、それにコーラとお菓子をそえて、師長が倉庫から風船を持ってきて皆で風船をたくさん膨らまして、子供が検査に行ってる間に部屋に飾って、手つくりで鼻につけるパッチや帽子をそこらにある紙と紐で作って盛り上がっていました。子供が戻ってきたら、皆で歌を歌いながら部屋に入って行って、お誕生日の歌を皆で歌って、最後に風船を割ってケーキをあげて帰ってきました。ささやかですが、子供はとてもうれしいと思います。大人も楽しんでいましたが・・・誕生日の子供がいるといつもやっていると言っていました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101016111215.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101016111429.jpg


仕事が終わって買出しに通りに出たら、ママネグラの音楽がしてそちらに行ったら子供たちがママネグラのお祭りの格好をして、踊ったりしながら通りに繰り出していました。こんな小さい時から、衣装を付けてやっていたら、身にしみこみますね。子供のは安心してみてられますね。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101016111757.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101016111951.jpg

夜は同僚から電話が掛かってきて、コンサートみたいなのをやっているというので、出かけることにしました。人出がすごくて、仲間で入れず外から音楽を聴いて、軽く踊っていう感じです。これもママネグラにあわせたイベントですね。女性のグループが出たら非常に盛り上がりました。男性のグループで歌のうまいグループがあって面白かったです。途中から雨がポツポツ降り始めて、10時過ぎには帰りました。もう少しいたい気もしたけど、風邪をひいてはいけないので、帰ってきました。

色んな出来事が会った1日でした。

やっとラタクンガに帰ってきました

2010年10月04日11:40

クーデター騒ぎでキトから出られなかったけど、やっと今日の朝ラタクンガに戻ってこれました。キトからタクシーで戻ってきました。仕事をこれ以上休めないので仕方がありません。日本では考えられないことですが約1時間半から2時間の距離を15ドルです。乗り合いタクシーなのでこの料金で帰ってこれました。

久しぶりに仕事です。何だか、久しぶりなんだけどあまりそんな感じがしません。皆にはどこに行ってたんだとか聞かれてしまいました。これからはしばらく仕事に専念しなくては、残りを遊んで終わってしまいそうです

日本に無事に帰っていきました

2010年10月01日21:50

昨日テレビに釘付けで見ていたけど、大統領の行方がいまひとつハッキリしなかった。でも今朝のテレビでは大統領が病院から脱出できたと言っているのでひとまず少しはいい方向に流れているかなと思っていたら、飛行機の飛んでいる音が聞こえてきた。ひょっとして空港が再開できていると思って、ホテルのカウンターに聞いたら空港が開いているとのこと。早速飛行機のチケットの確認にタクシーで出かける。
思ったより混んでなくて、30分チョッとで自分たちの番に。チケットを買っていたので簡単にOKが出て、一安心。3時間前に空港に来て待っているいるように言われて、空港から出てくる。
昨日がお買い物の日だったのにつぶれてしまったので、空港近くのスーパーに行って、お土産を選んでホテルへ戻る。
旧市街には行けないので、マリスカルまで行ってお土産を物色することにする。町は普通に動いているように見える。お巡りさんの姿も見かける。電車も通常運転していました。

お昼はカロリーナ公園で日本にない果物とホテルのパンとで軽く済ます。
その後はグアヤスミンの美術館に行って、美術鑑賞しました。
午前中に来たらコンサートをやっていたときいて残念でした。

エクアドル最後の食事はなぜか韓国料理で閉めでした。
カルビを頼み、お肉でお腹いっぱいにして、満足しました。
ホテルの車で空港まで送ってもらって、見送ってホッとしました。
無事に帰れますように。

後日談があって、私は無事に旅立ったと思っていたのですが、結局はクルーがそろわなくて飛行機が飛ばなかったそうで次の日の朝の飛行機で帰ったそうです。

CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。