スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4回目のキロトア湖

2010年01月30日22:27

キロトア湖へ、4回目となる。8時出発で、途中、羊とリャマの群れを連れている女性の人を見かける。何頭もいてはじめてこのような大きな群れを見た。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217082615.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20100217083710.jpg

土曜日はスンバウアと言うところで市をやっているのでそこによって行く事にする。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217083951.jpg インディヘナの人たちが中心の市なので、彼女たちがはいているスカートやショールなど売っている。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217082905.jpg  スカートはウエストはゴムになっている。値段は15ドル前後。リャマ?アルパカ?の毛の刈ったのが売っていてここならではの感じ。vcm_s_kf_repr_640x480_20100217082007.jpg  サトウキビのお酒が売っていて、名前がバナナと言うそうだ。何だか親しみがもててつい買ってしまう。25セントだった。地面において品物があふれている。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217082954.jpg  

次はキロトア湖に向かう。ラタクンガは余り天気は良くなかったが、こちらに来てからは青空が見えてくる。このままだと晴れそう。到着すると天気はいい。でも今日は風があり前回のようには見えなかった。vcm_s_kf_repr_640x480_20100217084951.jpg  下っていく途中、今日はPlayaといわれるところから湖畔に降りてみる。半島みたいに出たところで、この上は見晴らしがいい。 ここで弁当広げて食べてもいいかも。気持ちよさそう。こんな乾燥したところにも花が。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217090113.jpg  ここから湖畔に下っていくと羊がいっぱい群れを成している。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217084813.jpg  そばまで近づいて触ってみる。中まで指を入れると暖かい。さすが羊毛です。羊たちは湖畔で水(湖畔の水は塩味です)を飲んだり、岩をかじって食べたりしている。ミネラルは含まれていて身体にいいのかな? vcm_s_kf_repr_640x480_20100217085235.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20100217085149.jpg

今日は湖畔で昼を食べることにする。日差しが強いので、岩の影に陣取って食べることにする。坂になっていてチョッと態勢が窮屈。食べ始めると二匹の犬がやってくる。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217082144.jpg  たぶん羊飼いの子供と一緒にいた犬みたい。最初は少しはなれたところから見ていたが、段々近づいてくる。炊き込みご飯を上に放り投げると、飛び上がって口でナイスキャッチ。ついつい面白くて今日持ってきたお弁当のおかずも試してみる。きんぴらごぼうも食べた。卵焼きもOK。バナナも大丈夫。だめだったのは野菜だけをいためたものは口に入れたけど出してしまった。味覚があるのかな?犬と戯れたひと時で楽しかった。

帰りは馬の予定だったが、あいにくと8ドルの馬しかなかった。なので今日は歩いて登ってみることにする。久しぶりに山道を登ることになる。ゆっくりとしたペースで上がって行く事にする。最初はさほどきつくなかったが、少ししてからさっき食べたご飯が上がって来る感じがする。ペースを落として登っていく。途中の砂みたいになっているところは足が取られて非常に歩きにくい。フランス人親子と同じくらいに出発して、子供には負けないかなと思っていたけど、途中からはお腹も痛くなってしまい、とうとう子供にも抜かれてしまった。休み休みやっと頂上へ。1時間15分かかった。本当にきつかった。今度登る時にはご飯を食べないであがってくることにしよう。

帰りは、ギャラリーとプヒリの陶器を見て帰ることにする。ギャラリーでは先日見ていた机がセットで売れていた。やはり買う人がいるんだな。今回はCDを買ってみた。この写真の右に写っているポスターの人のCDです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217082328.jpg  ギャラリーからの景色。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217090207.jpg  プヒリでは、鍋料理をしたくて、鍋を買ってみる。うまく使えるかな? vcm_s_kf_repr_640x480_20100217082410.jpg

夕食は今日は疲れたので、近くのピザ屋さんでお持ち帰りしてビールでおいしくいただきました。明日、あさって筋肉痛になるかな?

スポンサーサイト

あせった!!!

2010年01月29日22:05

今日はお掃除の人たちへの話の日です。昨日作った資料は見てもらって、パワーポイントと、配布資料は準備Okです。なのに、今日突然に看護部長が、急にキトに行くことになってしまった。なので私が代わりに話をする羽目になってしまう。急なことで読み込みも出来てなくてあせる、あせる  ひとまずどうにか終わった。消毒薬は濃度を守ってやらないと強すぎるので、体に悪影響を及ぼすのではないかと心配している。ここを強調したがわかってくれたかな。でもこれで実際やってくれるかどうかは???実施が伴わなければ意味がない。何か工夫を考えなくては。ひとまず掃除の車のモップを洗うところに目盛りを付けることにする。早速来週はじめてみよう。エンリケッタが一緒についていてくれたので、後のフォローをしてもらう。どうにか話のまとめができた。

それと、看護部長に預けたままになっていた分別ごみのポスターは、暇を見て各部署に貼っていて、どうにか後2箇所の部署を残すのみとなった。これもまた、皆がどこまで守ってくれるか、工夫が必要だ。

クリニカルパスについても話が進まず、今日話をするはずが結局出来なかった。あせってもしょうがないが、2月にははじめられるように話を持っていかなくては。何だかすべてだ中途半端な状態で、落ち着かない。

カプリをはじめて食べる。

2010年01月27日22:42

以前からこちらの人にカプリがおいしいと聞いていた。今日はじめて食べる機会がやってきた。大家さんの家族が同じ病院に勤めていて、病院の木になっていたとカプリを貰った。直径1センチくらいの実だ。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217064552.jpg 感想はおいしいと余りにも聞かされていたので、何だこんな味か・・・と言うものであった。これから2月にかけて出回る果物らしい。

仕事は昨日久しぶりに出勤したら、看護部長に呼ばれてお掃除の人たちへの消毒薬や掃除の仕方について資料をまとめることとなる。今週金曜日には話をするとのことで、昨日、今日と部長質で資料つくりに専念することに。どうにか出来そうかな?

手洗い教室 第2弾

2010年01月25日22:12

今日は他の協力隊員が入っている障害者施設へ、利用者の人たちと先生方を対象に行う手洗い指導へ行くことになっている。キト市内から少し離れたところにあり、4人でタクシーに乗って施設へと向かう。着いたらとても眺めのいい場所にある。雨が降らなくて水やりが大変との事だった。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217063321.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20100217063859.jpg


手洗い指導は、12月にあれだけやったのに、スムーズでないところもあったりしたがどうにか無事に終わった。会場はこんな感じ。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217063240.jpg
パン工場も併設していて、そこで何名かは働いているとの事。パンとシュークリームの皮を乾燥させてそれに甘いものをかけたのをいただいた。おいしかった。パン工場も見せてもらう。日本の資金協力が入っているとの事。建物の壁に日本とエクアドルの絵が書いてある。両端にそれぞれの景色が書かれていて、扉のところが橋になっていて、両側から端を相手に向かって歩いているように描いてある。いいアイデアだな。こちらがエクアドル。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217063500.jpg こちらが日本。vcm_s_kf_repr_640x480_20100217063414.jpg


帰りにクイのおいしいお店があるとのことで連れて行ってもらう。確かに臭みがなく食べやすかった。これなら食べれる。皮もぱりぱりしておいしかった。クイ料理は料理する人の腕にかかっていると言うことなるかな。これが出されたクイ料理だ。歯が中央上にあるのがわかるかな? vcm_s_kf_repr_640x480_20100217062532.jpg
帰りは学校らしきところでエクアドル国旗がはためいていた。P1020618.jpg

旧市街にお買い物♪

2010年01月24日22:11

2日続けて旧市街へ。
今日は買い物目的。女の人はやはり買い物になると燃えますね。
特に今日はエクアドル土産について、探そうかと思って・・・・

天気もよく、暑いくらいで買い物日和。いえいえスポーツ日和。今日は日曜日で、道路を一部閉鎖してサイクリングを行っている。今日は天気も良くて自転車をこいでも気持ちよさそう!!! vcm_s_kf_repr_640x480_20100217051809.jpg 
昨日登ったバシリカが青空に映えて見える。道路を車が通らないので道の真ん中から撮ってみる。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100217052145.jpg

その姿を横目に見ながら、カテドラルのある広場の一角のお土産屋さんが集まっているところへ。vcm_s_kf_repr_640x480_20100217052246.jpg 色んなお店があって買うのを、まよってしまう。ピルケースで布がボリビア製、ふたのデザインがコロンビアでエクアドルで作っているものがあった。こういうのもそれぞれの特徴のあるものを使ってで面白いなと思った。

次はマリスカルと言って、おしゃれなお土産屋さんやレストランがあるにぎやかな場所へ。エコビアの駅に向かって歩いていると、パネシージョの丘がきれいに見えるところに出る。天気もいいのでいい具合に撮れた。vcm_s_kf_repr_640x480_20100217052332.jpg

マリスカルに着いて、南米のお土産を扱っているところへ。織物や土器、毛織物、装飾品などあってセンスがよくて、目の保養になった。そんなことをしているとお昼の時間に。どこで食べるか決めていなかったので、行き当たりばったりで決める。通り過ぎたお店を覗いたら、レタスに挟んで食べている姿が見える。興味がありそのお店に入ってみる。入って解ったけどレバノン料理のお店だった。お店の雰囲気もよく店員さんも親切。このレストランのオーナーみたいな人が料理を選んでくれた。なんと言っても料理がどんなものか見当がつかないのでチョッと不安になりながら料理を待つことに。でもこのチョイスは良かった。お豆のソースや野菜を炒めたもの、レタスに小麦の若葉?をペースト見たいにしたものが出てくる。レタスやナンに似た感じのもに挟んで食べる。ご飯は洋風の炊き込みご飯でおいしかった。これにヨーグルトソースをかけるとなお一層おいしい。お肉がほとんどなくて、野菜中心の食事で、意外な収穫でうれしい! vcm_s_kf_repr_640x480_20100217052428.jpg また来てみたくなるレストランだ。今日は本当に色々楽しめて満足だった。

旧市街へ

2010年01月23日22:21

エクアドルには世界遺産が4箇所ある。
そのうちの1つがキトの旧市街だ。エクアドルに来て10ヶ月になると言うのにまだゆっくり見てまわったことがない。そこで今回週末を利用して、みてまわることにした。
一番初めはずっと気になっていた、高い塔が周りから見えるバシリカと言う教会である。この塔のてっぺん近くまで上ることが出来ると聞いて、是非一度上ってみたいと思っていたところである。まずは正面から坂を上っていく。今日は晴れていて気持ちいいくらいの青空。これが教会に映えてすばらしい。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100206110232.jpg この両側にある塔に登ることができるらしい。教会の中は結婚式があるとのことで見せてもらえなかった。残念!

入場券を2ドル払って中の階段を上がっていく。最初に現れたところはステンドガラスをあしらったところ。本物のステンドガラスだけではなかったけれど、光が入ってとてもきれい。vcm_s_kf_repr_640x480_20100206110929.jpg ここから先ほどは入れなかった教会が上から見下ろせる。

そこを後にさらに上がっていくと、市内が見下ろせる。パネシージョの丘もすぐ近くに見える。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100206111656.jpg 別な方向からは、反対側の次に上ろうと思っている塔が見える。人が立っていてあそこまで上るのかと思うとチョッとドキドキする。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100206111800.jpg

次の階段に行く途中にお土産屋さんや喫茶店がある。この高さから景色を見ながら飲むコーヒーはおいしいだろうな。今回は時間がないのでパスをする。ここから上がっていくと螺旋階段が見えてくる。小さい男の子が降りてきたところで、私も頑張らなくちゃと、登っていく。これが長くて意外に大変だった。これは螺旋階段から下を写したところ。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100206112836.jpg
螺旋階段を上りきったところで、今度ははしごが出てくる。角度が急で怖い。一緒に上っていたエクアドルのおばちゃんも怖がっていた。頑張って上った所に鐘がある。せっかく来たので鐘をつかせてもらう。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100206113441.jpg この上もはしごあったけど、結局途中であきらめた。

そこからまた螺旋階段を戻り、途中まで戻る。教会の梁のようなところに釣り橋が作ってあり、そこを渡って隣の塔へ移動する。簡単なつり橋でスリルだ。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100207033408.jpg

そこからはまたはしごが続く。今回は外に出るので風があり、荷物を持っていると非常に上がりにくい。やっとの思いでこちらの塔の終点まで登ることができた。さっき上った反対側の塔が見える。二つの塔の間の向こうにパネシージョの丘が見える。さっきはあの塔の時計のある上までのばった。すごいところまで行ったものだと思う。vcm_s_kf_repr_640x480_20100207032746.jpg ここも眺めは最高だ。晴れた、朝早く来るとスモッグや雲がなくてきれいに周りは見渡せそう。満足して塔を降りていく。途中で教会の壁に花を咲かせているのを見つける。すごいところに命を宿したものだ。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100207032827.jpg

バシリカからセントロに向けて歴史を感じられる町並みがある。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100207032908.jpg

次に目指したのは、コンパニャ教会。歴史を感じさせる教会で、黄金を7トン使っていると説明がありびっくり。確かに光っているけどね。奇跡を起こした修道女の話もあり、火事で燃えてしまったところの修復も行ったりしていて、なかなか見所あり。今度はしっかりガイドさんにくっついて説明を聞くといいかもね。

昼食はサンフランシスコ教会の脇にある丸ごとの魚のフライを食べさせてくれるところに。魚に味がついていて、ふっくら揚がっておいしい。この看板が目印。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100207035827.jpg


帰りはエコビアの駅がわからなくなり、結構歩いてやっと駅にたどり着く。やれやれ、疲れた。
でも来てよかった。明日はお土産屋さんめぐりをすることに。またまた、楽しみです。

新年会!

2010年01月22日22:22

今日は大使館からのお呼ばれで、新年会に出かけます。
こちらの民族衣装での参加もありと聴いて、ママネグラの時に来た衣装を病院から借りて着ていきました。でも、この日キトが暑くて、なかなか大変でした。やはり寒いところに対応できるように作ってある衣装だなと変なところで感心してしまいました。

食事が色々日本食が用意されていて、お雑煮が食べられたのがうれしかったです。だしが効いていて、お餅が入っていて、今年初めて食べるお餅でした。やはり日本人ですね。やっとお正月が来ました。おとといに引き続きお寿司も出ていて、つい食べてしまいました。お腹いっぱいにいただいて帰路へ。

夕食はお腹いっぱいに食べていたので入らないと思っていましたが、結局キトに住んでいる方の御宅にお邪魔して、しっかりご飯をいただいてしまいました。自家製のポン酢を作られていてこれがおいしかった!今度は私も作ってみよう。鍋をしたら最高においしそう。また楽しみが増えました。

中間発表会の打ち上げ

2010年01月21日22:15

今日は無事に中間発表会が終了しました。
本当にどうなるかと思いましたが、意外に上がらずにできました。

そして夜は、同期で打ち上げ、新年会、そしてお誕生日会とまとめて盛大に食事会を開催しました。
今日の開催レストランは、韓国焼肉店です。
ビビンバや焼肉、チジミがおいしかったです。
久しぶりにおいしいお肉を食べた気がしました。

お誕生日はご夫婦そろって1月生まれの方がいて、みんなで誕生日の歌を歌って、ケーキのろうそくを二人で消してもらいました。夫婦でこのように海外で、定年後も仕事をして過ごせたらいいですね。うらやましいひと時でした。

エクアドルで初めてのお寿司♪

2010年01月20日19:34

明日、中間発表会というのがあります。エクアドルでは隊員が1年たったころに、カウンターパート(職場で一緒に働き、仕事の相談相手になる人)を各職場から呼んで、皆の前でスペイン語で発表をします。私はまだエクアドルに来て1年にはなっていませんが、私より先に着てた方々と一緒に発表になりました。
なので、今日は前祝と言うことで、泊まっているホテルの近くにあるキセントロと言うショッピングセンターの中にある寿司バーに行ってみることにしました。握り寿司もありましたが、やはり握りは日本で食べたいと思い、巻き寿司にしてみました。色々な取り合わせで巻き寿司が考えられていてメニューは面白かったです。ひとまずアナゴと思われるものと、カルフォルニア巻きもどきと、海老を使った巻き寿司を頼みました。
お店の人にサッポロビールも勧められましたが、1本8ドルと聞いて、さすがにやめました。たかーい!エクアドルのビールもおいしいので、それで十分です。

お寿司が来ました。vcm_s_kf_repr_640x480_20100206094727.jpg 一切れが1ドルです。こちらの食べ物にしては高いです。でも、エクアドル人も注文して食べていました。さすが首都かな?また、握りでなくこういうのだと食べやすいかもしれません。

写真を撮るのを忘れましたが、割り箸に、小皿、醤油が出てきて、日本の居酒屋みたいな感じでした。今日はチョッと高めの夕食でしたが、満足のいく夕食でした。

整形外科病棟は?

2010年01月16日01:22

今週まで整形外科でした。
整形外科の病棟は、改築されていて日本の病院のように病室が3人から4人部屋、それと一人部屋があって、ナースコールも着いていて、各部屋にトイレとシャワーがついています。部屋の中には洗面台もあり申し分ない感じです。
外科の病棟ではお湯が出なくて苦労しましたが、ここではお湯はそれぞれの蛇口から出るので、身体を拭いたり、足浴をしたりするのに楽でした。ただ困ったことに、食事の残飯を洗面台に捨てる人がいて、これをやってしまうとすぐ配管が詰まってしまうだろうなと思いました。一応張り紙はしましたがどうなりますやら・・・

ここでごみについて話したいと思います。エクアドルでは路上へのごみ捨ては当たり前のように行われているし、もちろん分別ごみもありません(一部の地域では行われているようですが)。捨てる行為に対して罪悪感はなさそうです。昔であれば、野菜や果物のごみなどは自然がうまく浄化してくれていたのでしょうが、今はペットボトル、スーパーの袋、お菓子の袋、ディスポの皿やコップなど自然の力ではどうしようもないものが増えています。でも人々の習慣は変わることなくポイ捨てがまかり通っています。しかも高地なので、食べ物が一緒に捨ててあっても腐らないし、臭くなりません。ハエもいますが、ブンブン飛び回っているという感じではありません。汚いと言う感じになりにくいのでしょうか?どうにかならないかなと思いますが、小さいときからのしつけや教育で言い続けない限り変わっていかないのかなという気がしています。これの延長が病院でもあります。ゴミ箱があるので皆ゴミ箱に入れていますが、もし外れても拾って入れなおす人は少ないです。なので床にごみが散れていることになります。私もずい分慣らされてしまい、このごろは気にならなくなりましたが、清潔好きの日本人には許せないことかも?

この近代的と思われる病棟でもカーテンはありません。どうしてないのか尋ねたらカーテンは汚いとのことです。確かにそうですが、日本では定期的に洗濯しているよと言ったら、ここではそれは出来ないといわれてしまいました。プライバシーの保護はもう少し先の話でしょうか。若い女性の人の着替えも部屋の入り口を開けたままやったりしているので、こちらがびっくりですが、気にする必要がないのでしょうか?

昨日発見しましたが、ベッドが部屋の扉から出れないものがありました。これってどういうこと!たぶんベッドを入れたまま部屋の改装をしたのでしょうね。それにベッドに当たってトイレの扉の閉まらない部屋やナースコールがとんでもないところに設置されていたりと気をつけてみてみると、意外に色んなところにぼろが出てきます。
病棟には師長と看護師が一人しかいません。面会時間は午後の一時からで、それ以外は厳しく病棟に入るのを制限しています。病棟の入り口はロックされていて、内側からしか開きません。こんな人数でトイレのナースコールがなっていても出れる看護師がいるのかなと思います。だって整形外科なので歩けない患者さん意外に多いんです。私も何度か介助しましたが、私がいるから出来たけどいなくなったらどうしているのかなと思ってしまいます。

まあ、ひとまず今週で終わった整形外科病棟でしたが、ここの師長は、きれい好きで整理整頓されていて私的には働きやすかったです。話しをしても話が通じるし、整形外科にいた半分が休暇中で一緒に働けなかったのが残念です。
病棟の廊下です。手前にあるのかカルテカーです。その奥にある緑色のストレッチャーはエレベーターが動かないときに緑色のところが担架になって、人の力で一番下にある手術室から3階の整形外科の病棟までこれで上がってきます。エレベーターの動かないことも良くあるのでこれは欠かせません。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100118010819.jpg
注射などを準備するところです。上に見える赤い箱にそれぞれの患者さんの薬が入っています。でも飲み薬など1日分ずつ出されることがほとんどなので、薬の袋に薬剤名や量が記載されていない部分が渡されると何の薬かわからず、 私などは困ってしまいます。これって間違いの元ではないの??と思いながらも今は見てみぬ振りです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100118011320.jpg
こちらの包交車です。消毒薬はビンの中に入っています。緑色の包み紙は滅菌されたガーゼや包帯などです。絆創膏は包交車にくくりつけられているので、ガーゼの大きさを見て長さの調整をしなければなりません。なかなかこれが難しい。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100118011406.jpg

いろいろな発見が!

2010年01月09日10:04

久しぶりに落ち着いた土曜日の朝です。朝目が覚めたら、ベッドでしばらく本を読んでゆっくりしました。今はまっているのはハリーポッターです。日本では映画だけでしたが、こちらに来て本を読んではまりました。本を読んでゆっくりした後は、掃除して、洗濯して、市場に買い物に出かけました。

市場では、プラムの一口サイズのものが売られていて、チョッとおやつ代わりだったり、のどの渇いたときに食べたりとかするのにとても重宝しています。味も甘みがあっておいしいです。私のマイブームでしょうか。vcm_s_kf_repr_640x480_20100112111205.jpg それと果物関連で、こちらは今、マンゴの時期です。日本では考えられないほど安いです。4個で1ドルです。暖かい地方に行くと8個で1ドルのようです。これくらいの大きさで、こんな感じもマンゴです。おいしそうでしょ。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100112111309.jpg

それにしても久しぶりに市場に来て思ったのは、野菜の値段が少しづつ上がっています。レタスが25セントだったのが、30~40セントになっていました。他のものもちょっとづつあがってました。もともとの値段が安いのですが、ちりも積もればで大変になってくるかな。雨が降らないので作物が育たないといっていましたが、やはりジワジワと家庭を圧迫して来そうですね。

最近見つけたパン屋さんに行ってみました。昼間に行ったら、いろんな種類のパンがあって、パンエスペシャルというのを買ってみました。日本のバターブレッドみたいな感じでした。おいしかったです。それ以外にもパンデピーニャというのをかいましたが、お菓子みたいでピーニャというのがパイナップルの事ですが、沖縄土産で見かけるのに味が似てました。これもおいしかった。そのほかもおいしそうなのがありましたが、ここのパン屋にも通うことになりそうなので、次回の楽しみに取っておきます。

スーパーで大根の小さいのを見つけました。5センチから10センチくらいの大きさですが、これが大変重宝して、漬物になります。小さいけど大根の味がしておいしいです。岩塩があるので、日本から持ってきた昆布とで漬けてみました。おいしい出来上がりです。はまりそうですね。

別のスーパーでは豚肉の薄切りを見つけました。これは感激です。しょうが焼きが出来ます。今までは肉を冷凍してそれを半解凍して薄く切っていましたが、長さが短くしか切れなかったので、とても大発見という感じです。早速、しょうが焼きを作りたいと思います。

今日は色々おいしい食べ物や新しい発見がありました。
いい一日でした。

やっと金曜日

2010年01月08日11:16

朝から雨が降っていて肌寒い朝でした。
一人の患者さんが月曜日、水曜日、木曜日と急患の患者の手術が入ったため手術がそのたびに延期になり、3回目の中止の昨日は怒って帰ると言っていたのですが、やっと今日手術が出来ました。この病院では、救急の手術が入ると、予定されていた手術が中止されて、そこに緊急手術が入ります。日本だと時間をずらしたりして入れていきますが、こちらは基本的には午後は余り仕事を入れないようになっているので(働いている人の人数が少なくなるので)、どうしてもこんなことになります。手術室にいるときは中止になった患者さんはどうしているのかなと思っていたら、病棟ではこんなことになっていたのですね。患者さんにとっては怒って当たり前ですよね。

昨晩キューバ人の患者さんが入院してきていて、今日点滴を交換に行ったら話しかけられて、スペイン語なんだけど、早いし独特のイントネーションで聞き取りにくかったです。でも、国が違っても南米はどこでもスペイン語が通じるからいいですよね(ブラジルはポルトガル語だけどスペイン語見通じるらしい)。こちらの人に中国、韓国と国は近いけど言葉が違って、話が通じないというととても不思議そうにします。中南米ではそれはないので不思議にかんじるのでしょうね。

家のガスが切れていていつもだとすぐ交換できるのが、ガスが売りに来ていないらしくて(こちらではトラックにガスボンベを積んで決まった音楽を鳴らしながら売りに来ます)ストとのことで交換できずに困っていましたが、今日やっと交換できました。ここ2日間ほど1本のガスボンベでシャワーとコンロを使っていたので、上の栓のところを使用するたびに変えていたので不便でしたが、今日からは開放されます。人間楽なのに慣れると、不便になるのには抵抗がありますね。

それにしても今週一週間は濃い一週間でした。
やっと金曜日になったという感じです。
今日の夕食は家の近くにピザを食べに行きました。
ボリュームがあり良心的な値段でおいしかったです。ひとつだけ残念なことにはアルコールがお店に置いていなくて、ピザをジュースで食べたことでした。ビールが合いそうなメニューだっただけに残念です。

落ち込みました

2010年01月05日10:58

今日も一日忙しかったです。
その上にショックなことがありました。
昨日書いた元気がないおじいちゃんですが、亡くなってしまいました。
食事を3日間ほとんどとっていないので、その上に飲み薬は吐き出してしまうため、結局胃管チューブを入れることにしました。それを入れてお昼のスープを胃管チューブから入れてしばらくしたら呼吸が止まってしまい、そのまま戻りませんでした。日本のように救急カートを引っ張って行き、蘇生をやるという感じでなく、見守る感じでそのままでした。気になっていた患者さんだったのでなくなったのはショックでした。家族も鼻のチューブを入れたら亡くなったという見方をしていて、結局何が原因かわからないままでした。死後の処置は非常にあっさりしたもので、洋服を整えて、手を胸の上で重ねて終わりです。身体を拭いてあげたり、化粧をしたりはありません。詰め物もしませんでした。

もう一人のおばあちゃんは急に退院が決まり帰って行きました。家族がバタバタで、結局今まではご主人と二人暮らしだったけど、ベッドからほとんど動けないので、それがもう出来ないので、娘さんが面倒を見ることになったようです。急だったけど、どうにか帰っていきました。急でもどうにかなるところがすごいですよね。

何だか気が抜けてしまって、午後は仕事になりませんでした。

仕事が終わってからケーブルテレビのお金を払いに行った帰りに、外科の患者さんのご主人に声をかけられて話をしました。私が外科にいるときに知り合ったので1ヶ月以上入院している方です。話をしていたら画家だということがわかり、羊の皮に絵を書くことを以前ブログで紹介しましたが、それをやっている人でした。びっくりです。一回絵を見せてくれるとのことで楽しみです。

気分が落ち込んでいたのですが、少しこのことがあって元気が出ました。

今日は久しぶりに雨が少しですが降りました。

仕事始め

2010年01月04日10:27

1月4日は仕事始めになります。
整形外科で今年は始まることになりました。
今日からは休暇で休んでいた師長が出てきて、一緒に仕事が出来ることになりました。
正月三が日は家でゴロゴロと宮崎アニメのDVDのスペイン語版を見ていました。「風の谷のナウシカ」「隣のトトロ」「魔女の宅急便」「コナン」です。久しぶりに見て、感動しました。やはりいいですね。どこにでも売っているわけではないのですが、ひとつ隣町に売っているところを見つけて、1枚3ドルで買いました。もう少しそろえて行きたいです。
そんなわけで、身体を全然動かしていなかったので心配していたのですが、忙しくてそれどころではありませんでした。二人の高齢者の入院患者さんがいるのですが、おじいちゃんのほうはすっかり弱っていて、食べ物を受け付けないし、活気がまったくなくなっていました。おばあちゃんのほうは手術は終わったのですが、全然言うことを聞いてくれないのでリハビリが進まず、でも手術して少し動けるようになったので、今度はベッドから2回も落ちてしまいました。どうしたらいいものか。これだと家にも帰れませんね。日本だとこれで退院計画を立てていきますが、そういうのもないのでどうするのかな???

今日来て思ったのが交通事故の患者さんが多いこと。年末年始は交通事故も増えるのかしら。
エクアドルでは交通事故の患者さんはSOATという交通事故を対象の保険会社があって、そこがすべてのお金を支払うことになっています。ひとまず、すべての伝票にSOATという印鑑を押して行きます。それが後から計算されて病院に戻ってくるようになっているようです。なのでSOATの印鑑が押されていないと病院の持ち出しになるので、結構大変です。またカルテも気にして書いているように見えます。患者さんが支払うお金は少ないと思われます。でもこんなに交通事故の患者が多ければ、予算はどこから出ているのか気になるところですが、そこまではまだ確認できていません。国がやっているのであれば、すごい予算を使っていることになりますが。
でも病院にない薬は自分でお金を払って買って来なければないので、高価な薬や衛生材料になると、代えないという患者さんが時々います。そういう時は薬がないので、そのまま薬なしで申し送りがされていきます。

まだまだわからないことの多い日々です。

CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。