スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアヤキルからキトへ、そしてラタクンガへ

2009年11月30日04:12

久しぶりの飛行機に乗ってキトへ。グアヤキルの飛行場にはスターバックスが入っていてコーヒーがおいしかったです。

キトに着いたら、キト祭りの闘牛のチケットを買いに闘牛場まで。
地図を持ってきていなかったので、歩けばどうにかなるかと思い歩いていってみる。結構遠かった。
もう始まっているので闘牛場の中から声が聞こえる。どんな感じなのかな。怖いもの見たさの今回のチケット購入です。

安いところのチケットでよかったのだが、もう売切れてしまいなくて40ドルのところを購入する。
どんな席かな?チョッとだけ不安。

今日は明日から仕事なのでラタクンガに帰らなければならない。夕方のバス便でラタクンガに帰る。ホッとしたのもつかの間、今日は停電で家が真っ暗。何も出来ずにロウソクの下、ゴソゴソと片付けられるものだけ片付けて、休むことにする。顔に湿疹がいっぱい出来ている。昨日の嘔吐と関係あるのかな?明日病院で受診しよう。
スポンサーサイト

グアヤキル2日目

2009年11月29日03:46

今日は朝ごはんにイチジクのシェイクを頼んだけどおいしかった。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102040136.jpg

昨日の会場に行く途中にイグアナ公園があって、立ち寄る。本当に公園の中にいる、いる。
つい写真をいっぱい撮ってしまいました。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102040235.jpg

会場についても午前中は余り、来場者もなく手持ち無沙汰で早めのご飯へ。
その後、グアヤキルの病院見学をさせてもらう。産科と新生児が専門の病院で、私の働いている病院とはまた違った雰囲気です。でも、新生児対象だけあって輸液ポンプの数が半端でない。これを管理するのは本当に大変だろうな。

会場は午後になり来場者が多くて、せっせと折り紙を色々作ることに。鶴は作りなれているのでいいのだが、その他のものを言われると本を見ながらなどとなる。でもカンガルーという折り紙を覚えました。役に立ちそうです。皆仮装に凝っていたのですが、なかなかシャッターチャンスがなくて、こんな感じの写真になりました。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102040324.jpg 日本語で話しかけてくる人が居てどこで習ったか聞くとアニメでとの答えが返ってきてこちらがびっくりしました。決め言葉があるのですが、何にせ日本で最近のアニメは見ていないのでついていけません。

夜は鍋だったのですが、何が悪かったのかもどしてしまい、とても食べられるような状況ではなく、とても残念でした。そしてまたもや蚊がホテルの部屋に居て、暑いしで眠れなくて大変でした。

リオバンバからグアヤキルへ

2009年11月28日03:13

昨日は映画上映会の後、バスでリオバンバへ移動する。本当は同期のボランティアの入っている病院主催の学会を行っていて、Medicina Andinaを紹介する日もあって行きたかったのですが、日程が無理であきらめていたところ、この日の夕方に特別講義があるとのことで出かけて行きました。医療部会の話し合いも12月に向けて話さなければならないので、部員の居るところにいけるのはそういう意味でもいい機会でした。

バスターミナルから行って、どのような種類のものやどういう効果があるのかを話て、興味深かったです。こちらではモルモットの中までクイという動物が居ますが、それを使って病気の診断をするそうです。一度試してもらいたい気がします。  vcm_s_kf_repr_640x480_20100102023934.jpg
その日の夜は同期のお宅でおいしい日本食と宿を提供してもらい、至福のときでした。医療部会に向けても直接話ができて、良かったです。メール・電話ではどうしても限界がありますので。

そして今日です。今日はバスでリオバンバからグアヤキルへ移動です。バス代4,5ドルです。8時半に出て13時半頃に着きました。グアヤキルは港町なので、エクアドルで言えばコスタになり暑いです。バスで行くとこの気候の変化がよくわかりました。途中からは暑くて汗が出るし、植生も変わり、広大なバナナ農園が広がっていてびっくりでした。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102025142.jpg
途中ではバスに売りに来たpan de yucaを買ったらすごくおいしかったです。もう少し買えばよかったと後悔でした。

ようやくグアヤキルに着いてバスターミナルに冷房が効いているのにびっくり。大きいターミナルでした。
タクシーを拾って会場まで。今日ここに来た目的は日本文化紹介をこの町でやるので、それに参加するために来ました。するものは折り紙、習字、着付けということです。私は折り紙に参加させてもらいました。この日本文化紹介を主催しているのはアニメオタクの人たちです。日本のアニメは良く知られていますが、オタクという言葉やメイド喫茶などもあってびっくりでした。この会場を少し紹介します。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102025829.jpg 剣道です。日本語交じりで説明してくれました。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102031028.jpg 日本人の女性ばかりの写真です。私の知らない人ばかりでした。こちらの人がわかっているのに不思議です。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102031115.jpg  フィギュアです。20ドルくらいするけど買っていました。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102031151.jpg  リボンの騎士です。ドラエモンとドラゴンボールが人気があります。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102031231.jpg

夜は久しぶりに海産物を食べれました。ここグアヤキルは港町なので魚介類が取れます。日本食レストランもあって今日はお寿司に刺身、茶碗蒸しなどいただきました。とてもおいしかったです。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102034122.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20100102034416.jpg


ホテルは良かったのですが、蚊が入ってきてしまい久しぶりに蚊の羽音で眠れない夜を過ごしました。


映画上映会本番

2009年11月27日02:01

本日10時より開催としていたので、その前から準備に追われる。本当は借りたい人もいたようだが先に予約していたので場所の確保もうまく行った。でもCentoro de salud のDirectorには10時から会議があるので出席できないといわれて、来賓の挨拶なしで行うことにしました。

10時からでしたが、集まりが悪く少し遅らせての開催となりました。でも患者さんや事務の人たちが来てくれてなかなかの集まりでした。映画は日本での食事風景やお祭りの場面もあって日本の生活を伝えるうえでも良かったなと思いました。反応も良くて笑う場面では笑っていました。最初から最後まで見てくれた人はそんなに多くないように思いましたが、皆反応はよさ気でした。ただ一般市民の参加が少なくて、ポスターを貼ったりチラシをまきましたが、効果は見られなかったようです。今度何かをやるときは宣伝を考えないといけませんね。

映画の後は「ふるさと」を日本語とスペイン語で歌って、来てくれた人たちも一緒に歌ってくれていい上映会だったと思います。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102021446.jpg

上映会の後は我が家の近くで学校のお祭りみたいなのがあって、そこにゆかたのまま参加しました。こちらの民族衣装とゆかたが一緒になっているなんてチョッと不思議でした。文化祭みたいな感じでしょうか?それぞれの学校で色んなものを出展していました。
ここの学校はジャガイモの種類とますを養殖していてそれを販売していました。ジャガイモの種類がいっぱいあって興味深かったです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100102022230.jpg  
環境破壊について模型を作成して展示していました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100102022320.jpg  
学生のバンドグループです。チョッと恥ずかしげにやっているところが学生ぽかったです。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102022421.jpg

チラシ配り

2009年11月25日01:52

11月27日が映画上映会なので、社会福祉部会のメンバーがラタクンガにやってくる。
仕事が終わってから、ゆかたを着付けてもらって、皆でチラシ配りにセントロへ。
珍しくて写真を撮ってくれと頼みに来る人もいて、反響有かな?
チラシも300枚ほど配りましたがほとんどの人がすっと受け取ってくれました。 。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102020030.jpg


このチラシ効果の有無がわかるのは、27日です。少しでも多くの人に来てもらいたいものです。

夕食は久しぶりに日本食を作っておもてなしです。南蛮付けと大根と豚の煮付けにしました

学校へ

2009年11月24日09:46

12月に医療部会で学校を対象に衛生教育を行うことになっています。なので今日は職場に休みを貰ってその学校を尋ねることにしました。前に尋ねたときには校長先生は居なかったけれど、今回は大丈夫でした。お願いの書類と手い実験について書いた紙を手渡しました。
それにしても今日は風が冷たかった。学校に来るまでの道は霧がかかって見通しが悪くて、学校についてからも太陽が出ないので寒くて、手はかじかむし、吐く息は白くて体が冷えました。さすが3800メートルといわれるだけの事はあります。

授業が始まり校庭で私が暇そうにしていたら、高校の先生が一緒に授業をやらないかと誘ってくれました。日本の事を話して欲しいそうです。教室に行って自己紹介をして、日本について聞かれたりしたことに答えて、話していきました。高校の先生が黒板に書いた世界地図がいまひとつだったのですが、既成の世界地図などないので、その地図を少し変えながら日本の場所など説明していきました。日本の野菜果物について尋ねられて、どうもお米が一番先に出てきて、日本のお米以外の生産物については何だか乏しい知識しかないことに気が付かされました。ひとまず果物はりんご、みかんが代表的で、バナナやマンゴはエクアドルでは普通の食べ物ですが日本ではほとんど採れないと説明すると不思議そうでした。今作っている日本紹介のパンフレットを持って着たらよかったなと思ってしまいました。

あっという間に時間は過ぎて、帰る時間です。こちらの授業は午前中なので13時には終わります。でも時々時間が有ると子供たちと先生方は遊んで帰るようで、今日はサッカーをすることになって、私は観戦しました。どうしてしないのと尋ねられましたが、この高地で走るとすぐ根を上げるのは見えているので、おとなしく見ていることに。女の子たちも参戦してたくましかったです。日ごろおとなしい感じなのにうまいです。でもサッカー場が広くあるわけではないので、道の途中の広場を利用してやっているので、ボールを蹴り損ねると坂を一気に落ちて行き、それを取りにいくのが一苦労です。なんと言っても高地ですから・・・・vcm_s_kf_repr_640x480_20100102013751.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20100102013952.jpg
ボールはどこまで行ったかな? vcm_s_kf_repr_640x480_20100102013830.jpg  ボールが戻ってきたサーやるぞー vcm_s_kf_repr_640x480_20100102013909.jpg

しばらく遊んだらお別れです。皆三々五々と散っていきます。遠いところから通ってきている子供も居ますが、歩いて帰ります。見ていると男子と女子と必ず別れてグループを作っているように見えます。山の向こうから通ってくる生徒も居ると聞いてびっくりです。エクアドルには特に校区はないので自分の行きたい学校を選んでいけるそうです。なので学期の途中でも移る人が居たりして大変そうです。なんと言ってもカリキュラムがしっかりしていないので、学校によってやっていることがバラバラで、途中で移ると違うことをやっていたりするそうです。教育も大変ですね。でも子供たちがノートや鉛筆・ボールペンなど持っているので、そこに一生懸命書いている姿はいいですね。

教室からカメラを構えたら生徒たちが出てきてくれました。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102013628.jpg
校庭をロバが横切っていきました。vcm_s_kf_repr_640x480_20100102013712.jpg

市場へ

2009年11月21日09:36

市場の久しぶりにさかな売り場へ行く。
するとイセエビが売っている。500グラム6ドルとの事。でも料理に仕方が思い浮かばずあきらめる。日本ではイセエビ料理なんか家でしないものね。
マグロも売っていた。カマの部分が売っていたがあまり新鮮そうに見えなかったので、小さいけど一匹のものを買う。
煮付けにはひらめを買って料理することにした。

帰ってからは魚料理に挑戦して、どうにか今日買ったものは食べられるようにした。煮物、南蛮漬けにしました。魚の種類も時期で変わるので、たまには行かないと行けませんね。今日はとうとうアジは見つけられませんでした。もう時期はずれになってしまったのかな。残念です。秋刀魚、いわしが食べてみたいですね。

今日で外科病棟終わりです

2009年11月20日09:19

初めての病棟でいっぱい感じることがあって、何をレポートで書けばいいか頭がいっぱいです。看護師が一人しか居ないので、やれる看護には限界は有りますが、それでもどうにかならないかなと思ってしまいます。患者に優しく、患者の話を聴く姿勢、保清、患者観察など、あげればきりが有りません。

なぜ日本は看護師がこのように育ってきたのでしょうか?今の日本の看護教育がいいとは思いませんが、エクアドルでは何かしら患者サイドに立った考え方が出来るようになっていかないと、ダメでないかなと思います。どうして行けばいいのでしょう???

働き始めて約7ヶ月が経ちました。今まで回った部署は6箇所です。これからは病棟が続きますが、悩みは尽きなくなりそうですね。

クリニカルパスについて

2009年11月17日08:45

今日職場でクリニカルパスについて師長と話をしました。これは外科の病棟に来て私が思っていたことで、話せて良かったと思いました。この病院の外科病棟は内視鏡での手術が多く、みんな早く退院していくので、入退院が激しくそれが業務を煩雑にしていると思っていました。クリニカルパスを導入することで、指示受けの煩雑さ(医師が指示を書きに来ない、カルテの字が読めない(エクアドルでも医師の字は汚くて読めません万国共通です))や患者に何が必要でどのようなことを観察しなければならないかなど皆が同じ目標を持つことが出来ると思い、日本のクリニカルパスと導入目的が違うところも有りますが、変形版で出来ないかなと思い相談してみました。すると、そういう新しい考え方を教えて欲しいといわれて、、見本を作って話を具体的に進めてみようと思います。どうなるか楽しみです。
人工肛門の指導パンフレットも作りたいし、したいことがいっぱいです。

映画上映会の挨拶を頼みにCentoro de salud(保健所にたいな感じ)に行ったら、所長が変わったそうです。なのでまた明日名前を変えて依頼状を持って来ることにしました。なかなか一気に進みません。ついでに中にポスターを貼らせて貰いました。日本紹介のパンフレットも造りたくてそれにも手を伸ばしているので、やや飽和状態です。仕事が増えていってます。

クリスマスをどう過ごすか考えていましたが、今日キトのジョランダさんから招待を受けました。本当はクエンカに行ってお祭りを見る予定だったけどどうしようかな?なかなかエクアドル人家庭に入ってクリスマスを体験できることもないだろうしな、チョッと考えてみよう。

散歩へ

2009年11月14日08:16

今日は余りの天気のよさに、気になっていたラタクンガの展望台へ歩いていってみることにしました。最初に今日は土曜日なので市場に行っていつもの買い物を済ませて、そこで先日かっておいしかったCaimitoという果物を買いました。皮と実の間から出る白い液体が練乳見たいに甘くて、おいしい直径3センチ~5センチくらいの果物です。最近市場に出るようになりました。vcm_s_kf_repr_640x480_20100101082911.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20100101082958.jpg

では買い物が済んだところでさあ出発です。
そんなに大きい町ではないので、意外に歩かないで着きました。でも場所的にコトパクシ山は見えず残念でした。イリニサは見えましたが雲がかかっていて写真はあきらめました。町はレンガ色の瓦屋根のところとそうでないところがあって、上から見ると町の成り立ちが見えるようで面白かったです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100101083923.jpg


ここから下に下る道を選ぶのに、同じ道では面白くないのでグアヤキルという通りを選んでいくと、vcm_s_kf_repr_640x480_20100101084043.jpg vcm_s_kf_repr_360x480_20100101084128.jpg
古い町並みで観光客気分で写真を撮りました。途中でパン屋さんを見つけてここで買ったジョロンはおいしかったです。近くの公園がとても天気が良くて気持ちよさそうに見えました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20100101084245.jpg

職場にて

2009年11月13日07:59

今日は職場の師長が虫の居所が悪くて、細かいところに対して、何だか色々と言って、スタッフが敬遠してました。どこも一緒ですね。笑ってしまいました。
患者さんでなかなかベッドから起き出さない人が居て、今日シャワーを浴びるように話をしたら、ご主人が来たら入るとのこと本当かなと待っていたら、ご主人が手伝ってシャワーを浴びていました。シャワー後はご主人が髪をすいていていい風景でした。

仕事の後はまたポスター貼りに行くことにしました。市役所に行ったけど頼む場所がわからず帰ってきてしまいました。新聞社には広告を出すとどれくらいか聞いて回ったりと、面白かったです。23ドルから34ドルくらいでまあまあの大きさのものを載せてもらえるようですが、今回はあきらめました。

市役所はママネグラの後だからでしょうか?きれいに花で飾られていました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20100101081505.jpg

初めての夜の停電でした。

2009年11月12日07:43

今日は雨が降ったりやんだりで肌寒い一日でした。
スペイン語の後にいつものパン屋さんに立ち寄たけど開いてなくて、近くのキトでおいしいパン屋さんとして有名なパン屋のところに行きました。そこでオレンジケーキが売っていて高めの8ドルでしたがどんな味か興味あり、買ってしまいました。食べるのが楽しみです。

今度病院のホール?を借りて日本映画の上映会をやります。障害者をテーマにした映画です。その映画の宣伝をするためにポスターを印刷して、街角に貼ったりお店に頼んで貼ってもらったりしましたが、慣れない事なので大変でした。でもいっぱいの人に来てもらいたいので、やるしかないですね。

夕方は初めての停電でした。ロウソクを買ってなかったので、暗闇の中大変でした。結局電気がないとすることもないので、早く寝てしまいました。やはり電気はなくては生活が大変ですね。

ママネグラ当日

2009年11月07日22:38

やっと本番です。朝8時半集合なのでみんなには8時に我が家に来てもらって着付けをすることに・・・・バチータさんが首飾りと男性の用の衣装を届けてくれる。ありがたいことです。散々色の組み合わせや首飾りをどうするかを考えたり、急に参加者が一人増えて衣装を仮に病院へ行ったりしていたので、結局すべてが出来たのは9時半近くでした。
やっとの事で病院へ行くと、まだそろっておらず。籠にはいっぱいの飴を私は準備したのですが、みかんの小さいのを準備している人もいて、これもいいなと思いました。結局は病院から出発の場所まで歩いていくようです。車は立ち入り禁止になっているので仕方がないですね。結構な距離を歩いて出発地点へ。私たちのグループは11時過ぎに出発しました。待ってる間のこの人、人、人・・・・ vcm_s_kf_repr_640x480_20091220073419.jpg 病院の垂れ幕です。これを先頭に歩いて行きます。vcm_s_kf_repr_640x480_20091220073255.jpg  途中で踊りの待ちをしているグループがいて目を引いたグループでした。きれいでしょ。vcm_s_kf_repr_640x480_20091220073158.jpg



ここで薀蓄を。ママネグラのお祭りは全国の酒飲みが集まる祭りとして有名で、町中に酔っ払いがあふれるそうです。今年は早くからポスターなどでお酒を出さないようにとか書かれていましたが、皆準備をしていました。病院の人にも祭りに参加するといったら酔っ払わないように気をつけろと何人もの人に言われました。実際はどうなのでしょう?チョッと怖いもの見たさな感じです。

参加者は少なくて、日本人が半分とは言わないけれど結構な人数占めています。籠に入った飴を沿道にいる人たちに投げて渡します。これがなかなか癖になるほど気持ちが良くてついあちこちに投げていたら、飴が途中でなくなってしまいました。途中踊りながら、お酒を飲みながらで自分たちは楽しんだ感じです。お金を待たないで参加したので、天気がものすごく良くて、のどが渇いてビールを飲みたかったけど買えなくて、やっと友人から借りてビールが買えました。本当においしかったです。このビールでびっくりしたのが、エクアドルの人はビールにウイスキーを入れて飲んでいるんです。余りおいしいとはいえない味でビールはビールだけがいいな。
日本人の人でも沿道から見ている人もいて、発見することが出来ました。携帯電話という便利が物があるので、いですね。ついでになくなった飴の追加も頼んでしまいました。でもすごい人ごみで大丈夫だったかなと思っていたら、ちゃんと仕入れてくれました。本当にありがたかったです。踊っている人たちと見物している人たちが一緒になってしまってます。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091220072804.jpg  階段席もあり人がいっぱい座ってました。さすがにここには飴は投げても届きませんでした。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091220073640.jpg  こちらのビールの大きい風船がいやに目に付いて、それにすごい人です。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091220072636.jpg


私たちの部ループは最後まで行かず途中でリタイアしました。すごい暑さだったので皆もう十分という感じでした。病院にお昼が準備してあるということで、病院まで歩いて戻りご飯をいただきました。何だかお礼の言葉をかけたかったけどそのまま帰ってきてしまって、チョッと心残りでした。

今日はいろんな人の助けがあって、無事に終わりました。皆さんに感謝です。

夜は我が家でカレーと焼き鳥のメニューで夕食を準備しました。vcm_s_kf_repr_640x480_20091220073104.jpg
20人近くも人がいてすごいにぎやかでした。視察の旅」の家族の方もいて日本のお菓子などの差し入れを頂き、豪華な食事となりました。カレーは好評でよかったです。日本から持ってきた櫂がありました。焼き鳥もどうにか様になって皆売り切れました。

12月の医療部会について少し話もできてちょうどいい機会でした。ママネグラが終わったら今度は医療部会に向けて準備をしなければなりません。また11月末には社会福祉部会の映画上映会もあるので、その時に配りたいと思っている日本紹介のパンフレットも準備しなくては・・・ まだまだゆっくり出来ない感じです。

ママネグラ前日

2009年11月06日20:28

今日はママネグラに参加するための最終打ち合わせをしたりして、仕事は半分くらいかな?段々こちらの習慣?に私もなじんできたようです。しかも前日になって、衣装を借りれるはずが人数分ないことが判明。今からだと貸衣装屋さんにもないだろうと言われて、病院の院長に病院の衣装を借りれないか交渉に行ったところ、何と病院は参加しないと聞いていたのに、参加するそうで、院長から病院のにどうしてでないんだと反対に聞かれてしまいました。仕方がないので、最初に参加予定していた団体には、衣装がある人数が参加して、その他は病院のに参加するようにしました。本当に直前まで何があるかわかりません。しかも衣装は女性分しかなく、男性用は自分たちでそろえるそうで、病院の友人から借りることにしました。ひとまず衣装の算段はついてほっとしました。

衣装といっていますが、こちらの民族衣装で、ブラウスにスカートと帽子、ストールをまいた姿が一般的です。ずっと練り歩くので靴は低めの靴が良くて、首飾りなどつけたほうが見栄えがいいといわれました。なので首飾りも、同じ看護師仲間に借りて、準備しました。何だかわからない事だらけでどうなることやらという感じですが、ひとまず衣装はそろいました。

夜に明日参加予定の人たちが何名か到着して、夕食は始めてラタクンガの中華を食べてみました。このレストランははずれでした。一緒に食べに行った人ごめんなさい。何せ外食はほとんどしないので、レストラン情報が少なくて申し訳ないことです。

ママネグラ前々夜際

2009年11月05日20:39

今年初めてのママネグラでわからないことが多い。こちらの人にとっては毎年の事なので余り関心がないことでも、私たち2年間しかいないものにとっては非常に貴重な機会です。なので情報を集めるのですが、人によって言うことが違ったりして翻弄されています。今日の前々夜祭も、最初は前夜祭と思っていたら、前夜祭はなく前々夜祭のみで、しかもママネグラは7日だけだそうです。9月は何日も会ったので11月もそうなのかと思ったら違いました。なので今日は前々夜祭に出かけることにしました。場所はサッカー場です。vcm_s_kf_repr_640x480_20091220060420.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091220060511.jpg


9月のような花火を想像して出かけたら、仕掛け花火は1回だけで、あとはすべて打ち上げ花火でした。それと、エクアドル人の歌手が舞台に出て歌うイベントで、コンサートのような感じでした。しかも歌っているときにも容赦なく打ち上げ花火が上がるので、歌声の聞こえない歌手もいて、歌手の人が怒ってしまわないのか不思議でした。期待はずれの結果で、途中で帰ってきてしまいました。何でも昨年が花火で死者が出て、中止になったそうなので、今年は控えめにやったのではないかとの事でした。残念です。

9時過ぎに帰ってたのですが、人出もあり歩いて帰ることにしました。初めてセントロの公園とカテドラルの夜景を歩いて見ました。遅い時間は一人での外出は避けていたので・・・ せっかくの機会なので写真を撮ることにしました。緑のライトアップで、チョッと色がきつい感じもしますが、大きい空間で見るといいものです。通りは遊び心を出してモノクロで撮ってみました。雰囲気が変わっていいものです。ではラタクンガの夜の雰囲気を楽しんでください。
vcm_s_kf_repr_640x480_20091220060827.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091220060910.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091220060953.jpg

今日からはママネグラの準備の追い込み

2009年11月04日05:04

今週11月7日土曜日はママネグラの日です。エクアドルの協力隊に声をかけたところ、参加者が多く集まりました。ちょうど「視察の旅」でご家族が見えている時期でもあり、いい機会になりました。

今回の準備をするに当たり、ラタクンガのホテルを何箇所も見ました。結構ラタクンガホテル通になった気がします。今日はまたひとつホテルを見つけました。我が家の近くで病院の検査技師の方が家族で経営している宿です。一律15ドルで朝食は別になりますがきれいで、静かなのがいいですね。部屋のタイプも色々あってそのときのグループの成り立ちで選べるので、いいと思います。

連休4日目(キトからパパジャクタ、そしてラタクンガ)

2009年11月03日20:43

本当は今日はゆっくりキトで買い物をするつもりでしたが、Papallactahe にカメラを取りにいかないといけないので、朝8時半過ぎにはキトを出て、昨日教えてもらった道筋でPapallactaに向かう。まずはタクシーでEatacion de Cocaまで行き、そこからバスでCumbaya行きに乗り、Centro Comercial de Cumbayaで降りてPapallacta行きのバスを待つ。

行きはAntisana山がきれいに見えてカメラが欲しい風景でした。朝10時くらいまでが雲がなくてきれいに見えるのでしょうか?途中のVirgenが祭ってある場所ではすばらしくいい風景がひらがっていました。
10時半には着いてホテルにカメラを受け取りに行き、バス停に戻ったらすぐにキト行きのバスが来てそれに乗って戻ることにしました。結局キトのターミナルには12時半には着いて、ラタクンガ行きのバスに乗って家に帰り着いたのは14時半でした。何だか早く帰ってこれてうれしかったです。
しばらくして買い物に出かけました。花が売っていなくて、昨日が死者の日で花をいっぱい買う人がいたのでしょう。市場ではなく今日はお墓の近くの花屋さんで買いました。花屋さんではこんな感じで花を作っていました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123015629.jpg  お墓の様子です。 vcm_s_kf_repr_640x426_20091123015828.jpg

連休3日目(パパジャクタからキトへ)

2009年11月02日20:37

今日は本来のTermasのある場所で、温泉に入ることにして、早めに出発。でもなかなかタクシーが来ない。結局は、ヒッチハイク?親切なご夫婦の車の荷台に乗せてもらいPapallactaの温泉へ到着しました。今日はAntisana山がきれいに見えて感激しました。写真を撮ろうとしているとすぐに雲が出てきて山頂が一部隠れてしまいました。山の写真のシャッターチャンスは少ないですね。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123004828.jpg
温泉は2箇所あって安いほうの温泉はすでに人がいっぱい並んでいて、そうではないホテルの中にある温泉に行くことにしました。ホテルの入り口です。高級感漂っていて少しおしゃれをしてきたいホテルです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123005804.jpg   入り口にあったカランがとても素敵でした。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123005915.jpg
ホテルの入り口で場所を聞いていくと、そこも人が並んでいましたがそれほど多く無くて安心しました。入場料は一人17ドルで、バスタオルと水泳キャップのようなものを貸してくれます。そして腕にはベルトをつけてこれが出入り自由の証明書になるようです。早速水着に更衣する場所へ。ロッカーもあり、着替えるところも備え付けてあるので安心です。私はぞうりを忘れたので裸足で歩くことになってしまいましたが、ぞうりは必需品ですね。
温泉というよりは野外の温水プールという感じでしょうか?ただ、太陽が出ていないと風が冷たくてすぐ寒くなります。なんと言ってもここは高地3300メートルの場所ですから。
この温泉は横になるように造られていて、私はここが一番好きでした。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123010012.jpg 
広い温泉で、横にはパイプから温泉が流れ出すようになっていて、日本で言う打たせ湯のようになっていました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123010058.jpg
インストラクターの人が来て、ストレッチ体操などを教えてくれました。面白くてやっていたら、少し頭が痛くなってしまいました。高地のせいでしょうか?つい忘れてやってしまうと、しっぺ返しが怖いです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123010151.jpg
昼過ぎにはここを出たいと考えていたので、名残惜しいでしたが温泉を出て帰る支度へ。シャワーも充実していて石鹸やシャンプーそしてドライヤーもありました。

お昼は私たちの泊まったホテルLa Chaza de Don Wilsonで取ることにしていました。なぜかというと、いつも人がいっぱい食事をしていて、これだけ人が来るということはおいしいのではないかと思い、温泉を出たらホテルへ戻って食事です。今回も鱒を頼みました。小さいジャガイモがおいしかったです。ソースもチーズ味でおいしいでした。味はこちらがおいしいと思ったけど、サービスは昨日のホテルが良かったです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123010247.jpg でもデザートが出てこなくて、バスの時間もありあきらめて席をたって、お会計へ。そこで言ったら出してくれました。

14時過ぎのバスに乗ることができてひとまず安心。しばらくして写真を撮ろうとカメラを探すとカメラが無いことに気がつく。あの食事のときにデザートが出てきたら写真を撮ろうと思ってテーブルに乗せたままだったかも?キトについたら電話をして確認することに。リュックを荷物で預けてしまっているのでひょっとしたら荷物に入れているかもしれないと一類の望みをかけて・・・・
キトについてリュックの中を探しても無い。電話をホテルにすると取ってあるとのこと。ありがたい!!! 結局明日取りに戻ることにしてひとまず安心しました。
それと帰りのバスでは、席が無くて運転席のすぐ後ろのところに座らせてもらうことになってしまいました。隣り合わせた人が日本に興味があるのか良く知っていて色んなことを尋ねてきました。なので話をしていると、あのホテルのSPAで働いているマッサージをしてくれる人とわかり、早速今度行ったときには連絡をすることで話が盛り上がってしまいました。その人にターミナルまで戻らなくてもキトの市内に行ける方法まで教えてもらいました。確かに1時間から30分短縮でした。ありがたい出会いでした。

キトでは日本酒を探したいと思っていました。売ってはいましたがまた値上がりしていて375mlの小瓶が10ドルになっていました。
本屋では来年のカレンダーが出ていてお土産に買ってしまいました。買い物が終わり信号待ちしているとチョッと慣れない日本語で話しかけてくる人がいます。話を聴くと韓国の人でアメリカの団体から派遣されてエクアドルにいるそうです。日本語を習ってたけど話す機会が無いので忘れてしまうし、今すんでいるところではアジア人に会わないので、話をしたくて声をかけたとのことでした。色んな出会いがあるものです。今日は本当に出会いの日でした。忘れてきたものもありましたが・・・・

連休2日目(サンラファエルの滝からパパジャクタへ)

2009年11月01日20:56

今日は昨日の雨もやみ、曇り空です。聞いたらここでは晴れることが少なくて、こういう天気が多いそうです。
昨日お願いしていたガイドさんを朝食を食べながら待って、9時に出発。ホテルを出て道路を渡って少し中に入っていくと鉄条網が・・・・どうするのかなと思っていたら、一部分が外れるようになっていてそこを通って下って行きました。ホテル専用に特別なのかしら?途中レベンタドル火山がよく見えました。2002年に大噴火したそうです。今でも日本の桜島のように噴火を繰り返していて、噴煙を上げています。ガイドをつけて頂上まで上ることも可能だそうです。富士山のように山の斜面がさらさらしていて気をつけて上らないと滑ったり、石が落ちてきたりと危険だといっていました。噴煙を上げているレベンタドル火山です。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091115084218.jpg

公園の入り口に到着。外国人は10ドルですが、私たちはエクアドル外務省の身分証明書があるので、エクアドル人と一緒の2ドルでOKでした。入場料が外国人値段は非常に高いので、エクアドルを旅するときはこの証明書は欠かせません。小道を入っていくと段々こんもりとした森になって来ました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091122231628.jpg  今は花の時期ではないので蘭の花は見れませんでしたが、高地では見れない花が見れました。花の時期は5月がいいそうです。
花の写真をいっぱい撮ったので、花の写真オンパレードで行きます。
vcm_s_kf_repr_640x480_20091122231522.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091122231724.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091122231926.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091122232009.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091122232056.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091122232143.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091122232227.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091122232403.jpg
こちらにいると紅葉を見る機会がありません。葉っぱが一枚色をつけて落ちていました。とても新鮮で、懐かしくて写真を撮ってしまいました。そう言えば日本はそろそろ紅葉の季節ですよね。  vcm_s_kf_repr_640x480_20091122232316.jpg
この花は果物の花です。手前に実がなっているのが解りますか?この花からは想像できないほど大きい実になって行きます。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091122232448.jpg
 さてこれが、今回の旅行の最大のイベントだったサンラファエルの滝です。
昨日からの雨で水量が増したせいもあると思うのですが、すごい音が先にしてしばらくするとこの滝が見えてきました。写真ではなかなか迫力が出せませんが・・・・・
vcm_s_kf_repr_640x480_20091122231830.jpg
滝を下から眺めるといっそう迫力がありそうなのですが、ガイドさんに聞いたら道が悪くてとても危険とのことでした。いくと1時間半くらいかかるそうです。今回はあきらめましたが、出来たら下から眺めてみたい景色でした。

滝を堪能して帰り道へ。ガイドさんからこういう話を聴きました。アマゾン地域から海側へ石油を送るためのパイプラインが通っているそうですが(確かに大きいパイプを道沿いに見かけました)これが今年の初めに壊れて石油が川に流れ出して、川を汚染したため、鱒の卵などが被害を受けて今年は天然の鱒は採れにくいと言っていました。今でもまだきれいにするための作業を続けているそうです。そして10時半にはホテルへ到着。本当はもう一泊するはずでしたが、他の見所は車がないとなかなかいけない距離にあり、早めに切り上げてPapallactaへ行くことにしました。本当はレベンタドル山にも登ってみたかったのですが、今回はあきらめました。ここは標高が低いのでシエラの山より上りやすいかなと思います。

これがホテルの入り口です。奥に見えているのが新築中のホテルです。これが出来たらあったかいシャワーが出るかな?  vcm_s_kf_repr_640x480_20091122234644.jpg

朝の8時以降なら30分に1便バスが来るとのことで待っているとバスが来ました。11時チョッと前に乗れました。席も空いていて座ることが出来てラッキーでした。今度はお昼ご飯が早くて12時過ぎにはご飯です。私たちは余りお腹もすいていなかったので、ビールに非常食で持ってきたお菓子を食べて済ませました。途中休憩する場所は決まっているのか来るときに休憩したEl Chacoという村でした。この村はラフティングで有名なようで2007年には世界中から集まって大会があったといっていました。本当は今回の旅ではラフティングも予定に入れていたのですが、昨日泊まったところではやっていなくて断念しました。本当に機会があったらもう一度訪れてみたい場所です。ポスターのアドレスを撮ってきました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123001724.jpg
途中に警察が見張りをしている場所があり、キトから来るときには停車しなかったのですが、キトに向かうバスは全部いったん停車をさせられるようです。私たちのバスも停車して全員バスから降りて手荷物検査です。バスの中も点検していました。たぶんコロンビアからの国境に接しているところから来るんで、麻薬などの密輸入をチェックしていたり、アマゾンの動植物の持ち出しを調べているのではないかと思いました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123002205.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20091123002312.jpg  国境を接しているというのは大変ですね。

Papallactaの入り口で下ろしてもらい、ここからはタクシーでTemas(温泉)まで。ちょうどバス停に待っていてタクシー(軽トラック)で連れて行ってもらうことに。料金は一人ずつ払うようになっていました。なのでタクシーというよりはバスの代わりなのでしょう。一人1ドルでした。
ホテルを決めていなかったのでまずはホテル探しから。でもここにはホテルは1件しかなくて、しかも連休中で空いてない!!仕方なくTermasから下っていく途中にあるホテルを当たっていくが、空いてない。3件目のホテルで、自分の父親がもう少し下でホテルをやっているのでそこが空いているか聞いくれることに。ラッキーなことに空いていました。早速そこからタクシーでホテルまで移動してホッと一息!!!小ざっぱりとしたホテルでよかったです。部屋には湯船があり、お湯も出てお風呂に浸かれる様になっていました。ただコンクリートのままなので、裸ではなく水着着用がいいかなという感じでした。ここのホテルの湯船(プール)は小さくて1箇所しかなかったので、先ほど紹介してくれたホテルへ戻って、温泉へ入ることにしました。このホテルの名前はHoateria La Pampa de Papallacta です。ホテルの温泉はこんな感じでした。 vcm_s_kf_repr_640x426_20091123002826.jpg  夕食もここで済まして帰ることにして、今日も鱒のフライを注文しました。味は昨日の方が良かったかな。今日も醤油を想像しながら食べました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20091123002742.jpg
今日のホテルの部屋の様子です。エクアドルでは、ここまでできているのであればもう少しこうすればもっと良くなるのにというケースに遭遇します。ここのホテルもそうでした。湯船のコンクリートのままなの然り、テーブルに載っているランプの電源が近くになくて入り口まで持っていって使わないといけないなど、残念ですね。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123002557.jpg ホテルから出たところにバス停があり、そこに看板が出ていたので記念に撮りました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20091123002701.jpg

CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。