スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キトの喫茶店

2009年05月30日07:19

今日はキトに来ました。1ヶ月ぶりにキトです。人も車も多くて疲れます。後Latacungaとは高度は200~300くらいしか違わないと思うのですが、やはり頭が重くなります無言、汗。しかし、物はなんといっても首都なのでそろいます。今日は買い物をして帰ろうと思っています。目的のものはオーブントースターです。家にあるのがトースターなので食パンしか焼けず、他の形のパンがうまく焼けないので、毎日のことなので買うことにしました。しかし、高い。20ドルくらいで買えないかななどと思っていたので、40ドル50ドルとすると高いなと思ってしまいます。日本円で考えれば4000円、5000円なのですが、他の相場と比較してしまうので、高く感じてしまいます。結局、いろいろ見て回った中で、予算はオーバーしましたが、消費税込みで42,43ドルのものを買いました。

 買い物をしてあちこち歩き回って疲れたkao04ので、喫茶店兼パン屋さんに入りました。エクアドルではパン屋さんがケーキ屋さんもやっているところが多いです。ここで頼んだコーヒーコーヒーカップはおいしくてそれにここにあったケーキもあまり甘くなくいい味でした。Latacungaの今のところの不満と言えば、こういうおしゃれな感じのおいしいコーヒーを出してくれるお店がないことです。(見つけられてないだけかも知れませんが)P1000151_convert_20090601065607.jpg  右のケーキショートケーキは見えずらいですが、りんごとダークチェリーと胡桃が入っていて、ちょっと変わった味付けで、大人の味と言えばいいのでしょうか。たぶんダークチェリーがお酒につけてあってそれの香りがするのかなーと感じたのですか・・・どうでしょう。もうひとつのほうはあっさりした味で、中央のちょっとこんもりした所がチーズ味でした。エクアドルに来て初めて、ヨーグルトシェイクを飲みました。これもおいしかったkao01です。コーヒーとヨーグルトシェイクが1ドルほど、ケーキが1.5ドル前後です。ここのお店に出ているケーキ、パンを写真にとって見ました。P1000153_convert_20090601065836.jpg  P1000154_convert_20090601070058.jpg パンは食べませんでしたがおいしそうなので次の機会に是非味見をしたいと思います。おいしそうに見えませんか?

スポンサーサイト

Latacungaの名物料理

2009年05月29日06:28

今日はLatacungaのレストランアップロードファイルに行きました。
ここの名物料理でchuchucara(チュチュカラ)と言います。
こちらの粒の大きい甘くないとうもろこしを茹でたものに、豚の皮を上げたもの、豚肉を揚げたもの、エンパナーダ、バナナの油で揚げたもの、ジャガイモの揚げたものなどがついてきました。おいしかったですが、日本人には量が多いのと脂っこいのとで、二人で一皿で十分かもしれません。ひとまずここに着て1ヶ月目にして、ここの名物料理を食べることが出来ましたグー!。いい記念になりました。P1000149_convert_20090601064615.jpg 解るかもしれませんが、右に見えている白い四角いものが皮を上げたものです。下の小判型をしているものがエンパナーダで小ぶりのサイズです。甘めの味付けで中にチーズが入っていました。スプーンはカレーライスを食べるときの大きいサイズのスプーンです。お皿の大きさもわかると思います。

こちらの人はこの量を普通に食べていますが、このメニューを見ても解るように野菜がないです。なかなか野菜を食べる習慣がないと聞きますが、体格のいい人が多くなるのは仕方がないのかもしれません。

今日はあわただしい一日でした。

2009年05月28日11:03

インフルエンザがエクアドルでも話題になっていて(日本のように大騒ぎはしていませんが)感染予防の観点から手洗いが大切だと思ったので、日本から持ってきた感染予防のDVDをこちらのカウンターパートの看護部長に紹介したら、結局それを私が話すことになってしまい、その原稿などを書いていたらしばらくブログに向かう時間が有りませんでした。話はDVDに合わせて話すことがなかなか難しくて苦労しましたが、無事に終わりましたkao02

仕事は今、救急外来に入ることは先日話しましたが、今日は救急外来と言う感じでした。交通事故で運ばれてきた人がいてその人は挿管して、レスピレーターにつなぎ他の病院に転送されました。後は地域間での喧嘩があったようで、傷だらけ、血だらけの人がいっぱい来て、傷を縫ったり髪の毛を洗ったり大変でした。こちらでは傷は看護師も普通に縫っていて、びっくり。他には、点滴を止めて移動などするので、再開したときに点滴が落ちないことがよくありますが、看護助手のような人たちが、点滴を調整して、流れるようにしたりしていて、何だか役割がよくわからなくなります。他にはギブスを巻いたりで忙しい一日でした無言、汗

病院から帰った後、情報センターにいるバチータさんという人にレストランを紹介してもらったのですが、その後「家にお茶しに来るか」と言われて、そのままお言葉に甘え行っちゃいましたコーヒーカップ。男の子二人と住んでいて、ご主人はIbarraに今はすんでいて週末にLatacungaに戻ってきているそうです。
こちらの人は名前に意味があると考えているので、自分の名前はどんな意味があるんだと聞いてきます。ここの男の子たちも聞いてきました。日本語にしても意味はないので、カタカナやひらがな、そして漢字で書いてあげたら喜んでくれましたキラキラ。エステバンとルイスと言う名前です。
話をしていると、宗教や政治のことにも話が広がっていくので、なかなか説明が難しいです。宗教はこちらの人はカトリック教徒で毎週教会に行くことが当たり前なので、日本のように宗教が生活の中にほとんどないことは信じられないと思います。いつも自分は仏教徒だと答えるようにはしていますが、あまり知らないので答えに窮することがあります。お祭りも宗教に関連して執り行われることが多いようです。

今日はLatacungaの中心にあるCatedralの写真を乗せて終わりにします。 P1000118_convert_20090529114237.jpg



今日から救急外来へ

2009年05月25日07:51

今日から救急外来へローテーションで回ってきました。
何だかよくわけがわからないまま一日が終わりました。
先週までとは違った意味で疲れました。

私の病院ではCTが撮れないので、他の病院に救急車やタクシーを使って撮りに行ってることを知りました。レントゲンのお金は書類を書いてただになるようです。ただ、救急車やタクシー代は自分持ちのようです。CTに関しては機械はあるけど取り付けが出来ないといっていました。お金ではなくて入る場所がないのでと・・・・最初に場所があって買うことを決めると思うのですが、よくわかりません。

ストレッチャーには靴を履いたまま乗る。カーテンはないので処置をするのは隣同士丸見え。
採血は点滴をするときは注射器を使わずに、留置針から直接スピッツに採る。ストレッチャーの柵はあるけど使わない。など今日一日でびっくりすることがいっぱいありました。明日からどんなことが待っているのでしょうか?

後、家のタバコの煙くささは無くなり、隣の話し声も幾分小さくなりました。
隙間の工事効果ありです。うれしいことです。

壁の隙間無くなりました。

2009年05月23日23:37

先日書いた家の壁の隙間が無くなりました。
今日工事のお兄さんが来て、木材を切って、隙間を埋めてくれました。
タバコの煙が入ってきていやだったのですが、二階に住んでいる大家さんの家族も誰もタバコを吸わないのでいやだったみたいで、工事が入りました。これで少しは軽減されるでしょうか?
隙間に木材を入れ込んだだけの工事なのでいかがなものでしょうか?

ちなみに、大家さんのところの2階とは、1階のリビングの端の日当たりのいいところがP1000094_convert_20090522095919_20090525000924.jpg 吹き抜けになっているので、煙が上に上がって臭っていたみたいです。この写真の左側が問題の壁です。

P1000141_convert_20090525051717.jpg 下が私の部屋です。上が大家さんの家の2階の窓です。解りづらいかもしれませんが、下の窓ガラスと白い壁の間が段になっているところに木材を埋め込んで塞ぎました。ガラスが隣との仕切りというのもすごいですよね。
ちょっと期待して明日から過ごしてみますニコニコ。 横向き

それと今日2階の大家さんの家族から差し入れがありました。
humitaといってとうもろこしで作ったおやつ兼軽食です。サイズは15cmから20cmくらいで写真のようにくるまれています。P1000139_convert_20090525050945.jpg そしてそのとうもろこしの皮を開くとP1000140_convert_20090525051335.jpg 中からこんな感じで出てきます。暖かいうちに食べるのがおいしいです。


とうもろこしをすりおろして、塩味にしたり(このときにはチーズが入る)、甘めにしたり(このときには干しぶどうが入る)して、これをとうもろこしの皮に包んで蒸します。これは家庭の味があるようで、それぞれに味付けがあります。お店でも看板が出ていて売っていますが、味が違います。私は近くのお店のhumitaがお気に入りです。

パンのお味は?

2009年05月22日23:54

先日買ったパンを今日は朝ごはんに食べました。
胡桃が入っていてちょっと香ばしくおいしかったですP1000133_convert_20090524001951.jpg

しかしトースターの幅を考えずに切ったため、トースターに入らず失敗しました。
厚切りのパンが好きなんです。

それに私お気に入りの果物です。P1000134_convert_20090524002418.jpg

名前を辞書で引いても載っていないので、日本名がわかりませんが、外の皮は硬くてぱりぱりしています。その内側に甘皮みたいなものがあって、その中にアケビのような感じで食べるところがあります。ジューシーで、適度な甘さがあっていいです。それに日持ちがするので、この写真の果物も3週間くらいたっています。種ごと食べるので、そういう食べ方が苦手な人は、遠慮しておいたほうがいいでしょうね。

それと今日スーパーでチリモヤを買いました。これもお気に入りの果物です。時期がずれているのか高めの2.88ドルです。でも日本で買うと、それの二、三倍はしますかね。日本では釈迦頭と呼ばれていますね。お釈迦様の頭に似ているから名づけられたと聞いています。どうですか?P1000135_convert_20090524002810.jpg P1000136_convert_20090524003237.jpg 白い果肉がバナナをもう少しやわらかくした感じの食感で、甘みがあっておいしいです

自宅を紹介します

2009年05月21日10:26

病院のすぐ近くに住んでいます。
二階が大家さんのお母さんがすんでいて、私が1階を借りている形になっています。
通りに面したところに最初の鍵のかかった扉があります。それから2階と1階に分かれて入り口があります。
家に入るとすぐ右が台所P1000098_convert_20090522100355.jpg 一人で使うにはちょうどいい広さです。
右の茶色のところが入り口の扉で、入ってすぐのところはリビングになっています。P1000095_convert_20090522095456.jpg この写真では奥に台所と洗濯機の置いてある部屋が写っています。

リビングの奥に寝室が二つあります。台所の隣は洗濯機が置いてあって洗濯物などが部屋の中で干せます。天井はガラス張りになっているので、天気のいい日は明るくて洗濯物もよく乾きます。その置く隣がベランダみたいになっていて大きい洗濯物など干せます。出来ればここに家庭菜園みたいに鉢を買ってきてやりたいのですが、実現はまだ先になりそうです。

リビングのつながりで天井がガラス張りになっているところがあってそこも明るいです。P1000094_convert_20090522095919.jpg 本当に天気がいいと明るくて、気持ちがいいです。ここにいつもバラの花を飾っていて、今週のバラはこれです。P1000117_convert_20090522101800.jpg


ガスはプロパンなので無くなると交換が必要になります。

トイレは水洗ですが紙は流せません。エクアドルで便座カバーを探しましたが見つかりませんでした。便座のふたと足元のカバーがセットになったのは売っているのですが、便座カバーありません。ここの人はお知り冷たくないのかな~不思議です。

足元がタイル張りなので、雨が降り続いたりすると足元が冷えます。隙間が結構開いているので寒い気がします。寝室が扉を閉めると一番狭いので、寒いときはそこでいろいろやってしまいます。

隣の家との壁に隙間が5センチほどあいていて、声がよく聞こえるのとタバコの煙が入ってくるのは困り者ですが、でも仕事が終わって帰ってくるとホッとします。

 

初めての授業

2009年05月20日10:58

今日はスペイン語を教えてもらえる先生のところに始めて行きました。
アルファッベットの発音からで、基本的なことですが、なかなか難しいところです。
LとR、VとBなど日本人からすると区別しづらい発音があって、人の名前で今苦労しているので、役に立ちました。これから1週間に1回通うことになりそうです。

そこからの帰りにおいしそうなパン屋さんを見つけました。早速くるみ入りのパンを買ってみました。明日の朝に早速味見をしてみたいと思います。楽しみです。

今日の夕食は思いっきり日本食にしました。肉じゃがとさやインゲンの胡麻和えです。キッコーマンのしょうゆがキトでは手に入るのですが、ここLatacungaでは手に入らないので、中国製のしょうゆを使ってみました。以外にいけました。肉は牛肉で、薄切りなどないので、包丁でなるべく薄切りに似せて切りましたが、肉の塊のようになってしまいました。こんなのもでしょう。P1000113_convert_20090521105235.jpg

バナナケーキ焼いてみました

2009年05月19日11:01

今日はバナナケーキを焼いてみました。
初めて使うオーブンで、しかも火力の調整の目盛りが250度しかついてないので、非常に適当な目盛りで調整してやってみましたがどうにかうまく焼けました。材料費も安上がりで、これはいいです。P1000111_convert_20090521110935.jpg おいしそうに見えますか?

次の日に病院に持って入ったら好評でした。あっという間に無くなってしまって、みんなに作り方を教えてと言われました。今日はスペイン語でレシピを書かなくては・・・・

豚インフルエンザ発生

2009年05月15日11:16

今日とうとうエクアドルにも豚インフルエンザの患者が発生してしまいました。グアヤキルというキトの次に大きい町で、アメリカンスクールに通う13歳の学生さんです。10日にマイアミから帰国して15日にわかったのでそれまでは普通に生活していたそうで、これからの2次感染が心配されます。今私の住んでいる町からは離れていますが、これ以上広がらないことを祈るのみです。

私の働いている病院では早速N95マスクが職員に配られました。こういうところは対応が早いですよね。びっくりしました。

日本も患者数が増えて大変なことになっているようです。どうなっていくのか心配ですね。

家にはやっとインターネットがつながりました。これで好きなときにネットが使えるようになりました。
家でゆっくりネットが出来るのはいいですね。何となくこれで携帯電話、銀行のカード、インターネットがつながり生活する環境が整った気がします。



5月12日は看護の日です

2009年05月12日11:05

日本では看護の日は病院でイベントを企画して、血圧測定や健康相談などをすることが多かったので、自分たちが楽しむことになるとは思いも寄りませんでした。
今日は朝5時から出かけるので、早起きして、集合場所の病院に出かけました。私はもうバスが待っているものだと思ってあまり厚着をしていかなかったらバスが30分以上来なくて、結構寒かったです。

このバス待ちをしていてわかったのですが、朝の5時から外来の順番をとるために病院の前で待っているのです。私たちがいると違って並ぶ人が居て、説明をするのが大変でした。何でこんなことになるのかよくわかりませんでしたが、後から聞いて解りました。一日に医師がみる人数が決まっているので、どうしてもかかりたい人は朝から並んで順番を取るのだそうです。その上にダフ屋みたいな人が居て、3ドルでそれを売っているといっていました。なんと言うことでしょう。でも、カルテが上がってきても結局診察に来ない人が居たりしてよく解りません。そんなに苦労して手に入れたものなら、絶対診察に来ると思うのですが・・・・

毎年バス旅行をしているのかと思ったらそうではなくて、今年が10年ぶり以上くらい久しぶりにバス旅行になったそうです。バス代は組合?みたいなところが出してくれて、それ以外は自分で払えばいいそうです。そして、この旅行に参加しているのは、常勤の看護大学を出ている看護師だけです。ほとんどの人が参加していて、これだけ平日に病院を抜けたらどうなるのかと思いますが、看護部長も一緒に参加していました。日本ではありえませんね。

そんな私の心配をよそに、バスが予定より30分以上遅れて出発しました。バスは以外に立派なバスでした。P1000036_convert_20090519112632.jpg
途中で参加者を何名か拾いながらです。これだけ遅れてバスが出たのによく我慢強く待っているなと感心しました。本当にここの人たちは文句も言わずよく待ちますよね。感心します。

途中から夜が明けて来ました。道は舗装されたいい道路なので、快適に走ります。P1000035_convert_20090519113112.jpg
1時間半くらいでキトに着く。キトの市内には入らずにキトの町の外側を回る感じで、北上していきます。このときにキトの町を見下ろす感じになるのですが、スモッグと思われるグレーの霞がかかっていました。山に挟まれて盆地みたいになっているので、スモッグもたまりやすいし、車の量も多いからたまったものではないですよね。キトの町の中にいると気が付きませんが、結構ひどいと思います。こんな景色をみながらしばらくいくと、乾燥した感じの地域へ。植物が変わってきました。これまではユーカリの木が多かったが、とげのありそうな低い木や、サボテンの種類と思われる植物が目に付くようになりました。

バスの外の景色の話をしましたが、その間バスの中はにぎやかなことになっていました。バスの運転手さんが持っていたCDをかけ始めたのですが、そのCDから勝手に選んで、自分たちの好みの曲に変えてもらってバスの中でみんなで踊っていました。朝からかなりテンション高いです。

そんな騒ぎの中やっと朝ごはんを食べるところにつきました。ここはCayanbeというところで、チーズとbiscochoというクッキーみたいなミルフィーユみたいな感じのお菓子が有名なところみたいで、朝ごはんとして出されたものが、チーズの薄いものを丸めたものとbiscochoが出てきました。おいしかったです。すっかり写真をとるのを忘れていました。これは食事をとったレストランです。P1000041_convert_20090519112244.jpg

腹ごしらえが終わったら次の目的地のIbarraというところへ出発です。そこは木材製品が有名なところとのことです。10時半頃について、早速お買い物です。広場の周りがすべてお土産やさんで、様々な民芸品から家具まで売っていました。何人かは椅子や机など大きいものをローンで買っていました。話を聴くとLatacungaで売っている半分以下で買えるといっていました。

店先に並んでいた小さなバス  P1000046_convert_20090520110414.jpg  P1000047_convert_20090520111106.jpg 小さな人形たち
  P1000052_convert_20090520112138.jpg 人をかたどった作品と言う感じのもの P1000055_convert_20090520111715.jpg 公園に咲いていた花です。集合時間を決めていたのですが、なかなかみんな戻ってきませんでした。お買い物に熱が入ったようです。ようやく11時半に次の目的地Atuntaquiに向かいました。

Atuntaquiは洋服で有名だそうです。Ibarraから15分くらいの距離でした。ここでは本当にみんな戻ってこなくて13時に出発予定が14時に出発になってしまいました。安いのかみんなものすごく買い込んでいました。私は日本から持ってきたものでは足りないかなと思い、ジーパン17ドルと半袖のサマーセーターを12.6ドルで買いました。

次はCotacachiと言うところです。ここは革製品が有名だそうです。ただし今回はその前にお昼をここで食べることになっています。職場の知り合いの人がお店をやっているとのことでそこで食べました。遅いお昼になってしまい結局3時ごろに食事をとることになりました。お腹がすいていたのでしょうか、すっかり自分の食べたものを写真に取るのを忘れたので、お店の看板を写真に取りました。P1000063_convert_20090520114317.jpg  ここではお米は出ず、とうもろこしの蒸したのと煎ったもの、それにジャガイモを蒸したものが添えられて、アボガドが半分、豚肉の味付けしたものがついてきました。そしてヨーグルトのような味のするソースが一緒に添えられていました。おいしかったですが、こちらの食事にしてはやや高めの5.7ドルでした。

結局時間がなくなり革製品を買うのはあきらめて、ここの近くにあるCuicochoと言う湖 だけを訪ねることになりました。あいにく途中から雨が降り始めましたが、湖は透明で中に島がありいい感じでした。何となく十和田湖に感じが似ているような気がしました。遊覧船があるので時間が有れば湖を一周できるはずでしたが、今回はみるだけであきらめました。晴れた日にまた来てみたいです。P1000065_convert_20090520115913.jpg  葡萄みたいな感じで実のなっている木を見つけました。ちょっと味見をしてみましたが、甘くはなく、渋みがありました。P1000066_convert_20090520120832.jpg

次はOtvaloへ。ここは民芸品などが有名です。P1000074_convert_20090523085113.jpg  P1000075_convert_20090523090457.jpg  民族衣装を着てみんな売っているので雰囲気がありました。

夕方5時半近くに着いたし、しかも天気が悪かったので、店じまいを始めている店もあり、私たちも時間がないので駆け足になりました。ここでお母さんとお店をやっている5歳くらいの女の子に出会って、彼女がカメラに興味があるようなので、一枚とり方を教えたら、何枚か写真をとり始めました。後からみて見るとちゃんと撮れていてびっくりです。これは彼女がとった最初の一枚です。P1000077_convert_20090523085448.jpg お母さんと弟です。こういうものを売っているお店でした。P1000076_convert_20090523090024.jpg
そんなことをして時間をつぶし、6時ころにOtvaloを後にしました。

朝食をとるために寄ったCyambeという町にまたより道をして、biscochoをおみやげに買いました。本当に出来ることは最後まで全部やったという感じです。でもここでおいしいといってつれてきてもらったところのbiscochoはおいしかったです。1ドルで手のひらいっぱい入っていて安いと思いました。

帰りのバスもにぎやかに踊って歌って、Latacungaには10時ころたどり着きました。
1日目いっぱい楽しんだ旅行でした。




携帯電話が届いた

2009年05月11日09:58

やっと携帯電話が届きました。
どこでも連絡が取れるのはいいですね。

今日は人が居なくて私ともう一人の人と二人での外来でした。
結構気を使って疲れました。カルテがないといって来る人がいたり、電話がかかってきたりと忙しかったです。人の名前がまだ覚えられないので、人の問い合わせが一番困ります。

今日は家に帰ってから一日水分をあまり取れなかったのと、このところ日中が暑いので、Latacungaに来て初めてビールを飲みました。家の近くの”gulloと”言うお店のサラミがおいしくてそれをつまみにしておいしかったです。
いつも飲んでいるビールはこれです。P1000112_convert_20090519102052.jpg
軽い感じでおいしいです。

急ですが明日は朝5時からIbarraというところに行くことになりました。Latacungaから車でたぶん4時間ぐらいはかかるところです。日帰りで、「看護の日」が明日なのでそれで行くそうです。なんだかよくわかりませんが行って来ます。

今日は働きました

2009年05月07日08:03

先日話を部長としたときに、16人の契約看護師が国の予算がなくて契約を解除されたと聞きました。やはり人が少ないと大変ですね。
ここの病院では看護大学を出た看護師の常勤の人が20名ほど、それに6ヶ月から1年で契約で働いている看護大学を出た看護師が18名ほど、そして7ヶ月ほどの勉強をした看護師が80名ほど働いています。夜は7ヶ月勉強をした看護師だけの病棟もあるようです。さすがに看護度の高い新生児室や小児科などは看護大学を出た看護師が夜も居るようです。管理当直のように夜の病院を采配する人が看護大学を出た看護師で一人は決まっていて、忙しい病棟などに人の配置をしたりしているようです。看護師や医師、薬剤師の研修病院にもなっていて、レジデントは24時間勤務で交代をして働いているといっていました。レジデントの配属先は自分では選択できず、上からどこに行くのか指名されるそうです。普通、自分の在籍した大学とは違う地域に行って勉強するそうです。

話は人が居ないことでした。今日は誰も来ていなかったので、ノートに医師の名前を書いたりなどしてやっていたら、木曜日に1日手伝いに来る看護師が居て、その人に今日はそこをお願いと言われてそのまま記録をひたするやることになる。昨日みたばかりなので見よう見まねで、ひたすら看護の記録用紙の間違わないようにだけ気をつけてやりました。

仕事が終わった後は、銀行へ。でもカードは届いていなかった。ショックです

ここの所うまくいかないことが多くてめげそうです。

ここのところ晴れの日が続いていて、病院の更衣棟から見える公園がよく見えます。P1000021_convert_20090518072323.jpg

初めての外来

2009年05月06日07:29

今日は直接外来へ朝の7時30分に行く。
初日なので様子をみがてら、小児の計測などを手伝う。流れとしては小児科と大人を分けていて、医師別に上がってきた外来カルテを、小児の受け付けをやっている人が、届いたカルテの番号をノートに記載して、それぞれの担当医師のボックスに入れていき、担当医師別に名前を読んで、決められた計測項目をやっていくと言う感じです。書いていると単純なようですが、これがなかなか大変で、情報の整理が出来ていないので、患者さんが聞いてくること、聞いてくること。なんかいい方法はないのでしょうか?

インターネットを申し込みに行きましたが、結局大家さんが持て行かなければならない書類が必要だったようで、また持ち越しになってしまいました。いつになったらつながるのでしょう。
銀行のカードは行った銀行が違っていて、受け取れませんでした。今日はうまく行かないことが多かったので、気分治しにバラを買いました。P1000030_convert_20090518074411.jpg
こちらではバラは安くて、13本で1.25ドルです。こちらで出来る贅沢ですね。

ケーブルテレビがつながりました

2009年05月05日06:42

今日は朝7時半に行ったら部長室のドアが開いていない。8時まで待ったけど誰も来ない。そのうちに看護師が今日は部長は来ないよと言うので、自分の部屋に戻りインターネットをつなげてもらう。そうなんです。自分の部屋をもらえたんです。机と鍵つきの3段引き出しと一緒に。
インターネットは病院の人にやってもらいました。私のパソコンは日本語なのに、場所が決まっているんでしょうか、つないでしまいました。その道のプロは違いますね。私なんか、日本語でもわからないのに・・・

お昼過ぎにもう一度部長室に行ったら、部長居ました。話を聴いたら外来患者の受付について問題があってそこに8時過ぎまで居たそうです。結局午後は部長と、午前中に一応考えたこれからのスケジュールについてプリントアウトをしていたのでそれについて話をしました。また、こんなことが出来たらいいなというのに看護手順のようなものを作りたいけどというと賛成してくれましたが、実際文章をつくりとなると大変ですよね。まあ今後の進み具合をみてでしょうか。感染対策の担当の看護師も入るそうですが、実際は自分の担当部署もあるのでなかなか活動が出来ていないようです。それ以外はお互いの今までの経験などを話したりして時間を過ごしました。

2時半くらいから看護大学から実習に来ている学生さんと講義を部長が始めました。テーマは決めてあって学生が準備をしてきていて進めていきました。一人は輸液量の看護記録の仕方でここの記録のやり方がわかって面白かったです。各セクションでの記録の仕方がばらばらで統一されておらず、部長もこれが問題だといっていました。ただ、輸液量の計算など携帯の計算機でやって滴数を考えたりしていて面白かったです。後は看護報告書です。報告書の形式が決まっているのですが、どの時間に患者数を出していくのかなど、考え方を間違うと患者数や空床状況など変わってくるので大事です。手書きなので昔の日本を思い出しました。学生さんと部長とのやり取りや意見を求められたりして、久々に仕事をしている感じがしました。

ちなみにここの病院は病棟は3交代で、朝が7時30分から13時30分午後が13時30分から19時30分そして夜が19時30分から朝の7時30分までだそうです。どうしてこんなに変則か聞いたら、遠方から来ている人も居て夜遅いと交通機関がないのでこういう時間帯になっているそうです。

夕方はケーブルテレビをつなぐために地図を参考に事務所を探し歩きました。5ドルが入会金になるのでしょうか払い、毎月12.75ドル事務所に支払いに来ることのようです。パソコンも家で今は使えないのでテレビが夜の楽しみになっているので、つながったのはうれしいです。

帰りに虹がかかっているのに気が付きました。エクアドルに来てはじめてかな。印象的で写真をとってしまいました。 P1000025_convert_20090518084225.jpg   P1000027_convert_20090518085322.jpg

夕食はチャーハンにしました。今日は充実した一日だったように思います。

仕事初日

2009年05月04日05:37

今日は仕事始めです
看護部長と院長が各部署に連れて行ってくれて、みんなに説明をしてくれました。
こんなときに気の利いた一言がいえればいいのでしょうが、よろしくと挨拶するだけでした。

その後は看護部長と話をして、今後どうするかを話をしました。ひとまず10箇所くらいある部署を2週間くらいをめどにローテーションで回ることにする。まずは外来から始めてみることにする。
明日病院でインターネットが出来るようにしてくれるとのこと。つながったらうれしいかな。

お昼をはじめて病院で食べました。ナイフ、フォーク、スプーンは自分持ちですがそれ以外は病院から出ます。ここの定番のお昼で、スープ、デザート、ジュース、メインデッシュがセットになっていて、おいしいでした

仕事が終わってから、家にインターネットをつないでもらうために電話局へ。しかし、結局は電話が大家さんのものなので、大家さんのサインが必要とのこと。今日はあきらめて今度また来ることにしました。残念!!その後スーパーマーケットがまだ別にあることがわかり、そこへ行ってみました。そこはきれいで肉が豊富でした。それぞれの店で特徴があるようです。また店によって値段の違うものがあるので気をつけて買うといいですかね。ここでしょうがを見つけて早速購入しました。手に入ってよかった

観光案内所に行って、市内地図を手に入れました。これでやっと道が解った。天気のいい日にでも散歩してみよう。近くに感じのよさそうな喫茶店がありそこに入ってコーヒーを飲みました。そこのオーナーがガイドもしていることがわかり、隣にある旅行会社?に連れて行ってくれて、パソコンでいろいろなスポットを見せてくれました。エクアドルでも有名なコトパクシ山まで日帰りで100ドルほどとのこと。Quirotoaと言う火口湖までが1泊2日で100ドルとのことでした。仕事になれて時間が出来たら入ってみたいです。

そんなことをしていたら日が暮れてしまいました。夜のライトアップされた教会がきれいでした。P1000024_convert_20090518060929.jpg
また、Latacungaの町は夜なると、通りにあるライトが緑色に近い色でライトアップがされて、いい雰囲気です。P1000023_convert_20090518060615.jpg

今日は市場へ

2009年05月02日04:13

今日は土曜日。
市場をやっていると聞いて早速行ってみる。
よくわからないながらも中へ入ってみる。
するとやかにを売っている。P1000014_convert_20090518042801.jpg
一人なのでそんなに要らないのだが、結局鯛に似ている3匹の魚を買うことになる。1.25ドル安いのか高いのかよくわからず。みた感じ新しいそう。出来れば煮魚にしようと思うがしょうがが見つからず、仕方なく油で揚げる。白身でふんわりしていておいしい。スーパーでは売っていないので、これは市場に来て買うしかないですね。
野菜や果物もふんだんにある。P1000005_convert_20090518042544.jpg にんじんが新しくてつい買ってしまう。10本くらい入って50セントでした。 P1000006_convert_20090518043859.jpg

市場の周りにもいろいろなものを売っている。P1000013_convert_20090518050250.jpg P1000009_convert_20090518051208.jpg P1000010_convert_20090518051921.jpg かごとバナナを買う。バナナは種類も豊富でよく見かけます。日本でもよく売られていますものね。ねぎがよく取れるのか、ねぎを束で売っている。何の料理に使っているのかな?売り買いしている人はインディヘナの人たちが多い。はキロではなくリブラで売っているので、量の見当がつかず半リブラにしてもらう。それでも量が多かったみたいで、ハンバーグが8個作れました。

帰りに家の近くの店をのぞいて見る。「Chocro y Queso」と看板が出ていたので気になって入ってみる。とうもろこしとチーズと言う意味だが、店の人が親切で店の中で食べるところはないが、ここで食べて行けと進めてくれて、ためしに食べてみる。とうもろこしが暖かくて、チーズはチーズの薄まきを丸めてあって、フレッシュチーズみたいな感じでした。これを一緒に食べるのがいいらしくお塩も店の奥からもってきてくれて、とうもろこしに塩をかけて食べなさいと言うことでした。これはおいしかったです。二つあわせて80ペソ日本円では約80円です。家からも近いし、時々来ては食べてみようかな。

夜は初めてなべでお米を炊いてみる。クエンカで水が多いほうがうまく炊けたので、それを見習って多めに水を入れて炊いてみる。水が多かったのか火加減がいけなかったのか、水分が抜けなくて、1時間ほどかかってしまう。しかも焦がしてしまった。電気釜がいいかな。

Latacunga初日

2009年05月01日02:59

朝の目覚めは爽快でした。早速部屋の片づけをしながら足りないものを考えていく。10時ころまで家の片づけをして、昨日は夕方だったので遠出をしませんでしたが、今日はスーパーマーケットを探して町の中を散策する。

家の近くは教会がありそこの前は広場になっている。P1000020_convert_20090518075407.jpg P1000018_convert_20090518075943.jpg

 今日はメーデーなので人がいっぱい集まっている。その横を通り過ぎて、まっすぐ歩いていくとありました、スーパーマーケットが・・・・やはりクエンカと違って品揃えが少ない。
ハンドソープを買いたかったが見つからず。匂いがこちらのものは強いので、石鹸も匂いをかぎながら自分に合いそうなものを決める。タオルは普通の大きさのものが3ドルほどバスタオルが6ドルほどでした。他の物価を考えると高いでしょうか?ふきんや洗剤を探す。ふきんはクエンカのうちで使っていたものが使いやすかったので探すが、3枚入って5ドルでした。これは高かった。普通に布のものは2ドルくらいである。エクアドル製のトイレットペーパーを売り出していたので、4巻入って1ドルと安いので買ってみる。これは切り目が入っていないが触り心地は悪くない。洗剤はどれにするか散々悩んで、匂いもきつくなく肌にも優しいかなと思い、赤ちゃん用のものを買ってみる。これは正解でした。部屋の匂いけしをラベンダーの香りを悩んだ末買ったのですがこれは失敗でした。あまりにも匂いがきつくて使えません。本当はクエンカで使っていたものを探したのですが見つかりませんでした。トイレ用に匂いけしが売っていて昔日本でもあった、トイレのふちに引っ掛けて使うものです。買ってみましたがトイレの形が違ってうまくぶら下がりませんがどうにか使ってみます。匂いはラベンダーになっていましたが、日本と昔のトイレの匂いでした。とにかくひとまず買って試してみないことには解らないので、しばらくはこんな買い物が続くことでしょう。

昼ごはんは初めてコンロを使って料理をする。カルボラーナもどきを作り自分でもうまく出来たと思う。自分で作るとおいしいかな?

午後も出かけるつもりだったが雨が降り始めてあきらめる。

夜はすることもなくテレビをみる。クエンカの学校で見せてもらった「Que tan lejos」をやっていたのでみていたがいつの間にか寝てしまった。もう一度みたかったのに残念。

CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。