スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はPuerto lopez郊外へお出かけです

2009年08月17日17:10

今日はもう少し寝ていたかったけど、朝9時の約束だったので、8時前にはおきて朝食を食べに出掛ける。泊まったホテルのすぐ近くに、見晴台みたいになった喫茶店みたいなところがあったのでそこに出かける。コーヒーとココアのオーガニックが置いてあり、コーヒーを頼んだけどトーストが効いていておいしかったです。パン2個、スクランブルエッグ、スイカ、それに手作りジャムで2.5ドルでした。蜂が飛んでいて蜂を飼っているのかなと思いました。ここはホテルも兼ねているようで、外国人が多く泊まっていて、スイカをナイフとフォークで食べていて違うなーと思いながらスプーンですくって食べました。ホテルは朝食付きで10ドルで、熱いシャワーとトイレも付いているとのことでここは泊まるにはいいところではと思いました。向こうには海が見えています。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090824072057.jpg

お兄さんが9時には迎えに来ていました。まずはAgua Blanca(アグアブランカ 白い水という意味です)という所へ出発です。町を抜けて10分ほど走ったところで入り口に到着。ここで入園料3ドルを払いました。ここからが舗装されていない道路をひたすら走ることに。6キロくらいあるといっていました。なぜか緑が豊富な地帯と乾燥した大地とが隣り合わせになっていて、たぶん地面の下を水が流れていてそこから水を補給できているのではと思いました。村が見えてきたらそこに博物館があって、ガイドのお兄さんが説明をしてくれました。1987年にこの村で古い時代の遺跡が見つかったそうです。Manteña文化といって800年~1532年まであった文化だそうです。昔から村の人は知っていたので、遺物のいいものは外に出てしまっているようですが、それでもいくつかは残っていて私たちに姿を見せてくれました。椅子が特徴的で石で作られていて、つぶしたようなU字型をしています。スペイン人が上陸してこの村にも来たのでしょう、椅子の中に黄金が隠されているのではないかと壊されている椅子がほとんどでした。日本でも見かけるほら貝があり連絡手段に使っていたそうです。綿織物や印章などもあり高い文化があったことをうかがわせます。

博物館を出てからは公園をめぐるルートへ。1時間から2時間ぐらいで帰ってくるそうです。私たちはフランス人のカップルと一緒に回ることになりました。話している言葉からフランス語かなと思ったのですがあたりでした。休みを利用してエクアドルに来ていて、今日グアヤキルに移動してその後フランスに帰るそうです。エクアドルが自然がたくさんあって気に入っているようでした。休みが女性は8週間あるといっていて、さすがフランスという気がしました。もちろんこれらの情報はスペイン語で話してわかったことです。でも、彼らのスペイン語を聞いていると言葉が近いのか文法が正しく使われていて、まだまだスペイン語の道のりは長いです。
公園めぐりはまずは最近見つかった遺跡のところへ。発見されたまま残されていて地層がよくわかりました。貝や土器などもあって屈葬されていたそうです。それからは森の中を歩いてバードウオッチングです。いろんな鳥がいて鳴き声も様々で、好きな人にはたまらないでしょうね。写真も撮りたかったのですが、小さいし早いしでシャッターチャンスがないまま来ましたが、やっと1枚取ることができました。「Momoto」という鳥で、緑がきれいな鳥でした。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090824075125.jpg そして高台へ。ここは政を行った場所で、四角く石垣だけが残っていました。それから今度は少し下って池へ。4メートルの深さがあって、60メートルの円周だといっていました。硫黄の香りがするのでつい温泉のような気がしますが、熱くなく水に硫黄が溶け出したものです。下を火山帯が走っているといっていました。効能はやけどや皮膚の病気に効くそうで、池の土は泥パックになっていて、肌の脂分を取ってきれいになるとガイドのお兄さんの説明です。ここでは誰でも池に浸かれるみたいで、私は水着を持ってきていなかったので入れませんでしたが、連れとフランス人二人は池で泥パックをしていました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090824080105.jpg ここにはシャワーがないので博物館まで行くとあるとの説明でした。池のそばには樹齢200年というアボガドの木がありました。イグアナがこの木には住んでいて天気がいいと日光浴に出てくるそうですがこの日は余り天気が良くなかったので残念ながら見ることが出来ませんでした。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824082214.jpg
そして最後は高台にある見晴台へ。360度周りを見渡せて、すばらしかったです。Seiboという木がちょうど実がはじけて綿毛を出していてそれが白い花のように見えてとてもきれいでした。何だか日本の春の桜のような感じでした。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824080832.jpg 
フランス人の二人とはここでお別れです。共通語がスペイン語でフランス人と話す機会はそうないでしょうね。いい経験でした。

私たちは今度は運転手のお兄さんいわく南米で一番きれいな砂浜に行くことに。名前はPlaya de los Frailesです。山の中にいたイメージだったのでここからどうやっていくのかと思っていたらそのままもと来た大きい道に戻り、町には戻らずそのまま進むと、また公園の入り口がありました。ここでも入園料が必要で2ドル払いました。ここで働いているので身分証明書がありこれを提示すると外国人値段の12ドルが2ドルになります。ここでも横道になると舗装されていないのでデコボコ道です。車が走り去った後が土ぼこりがすごくてこれはチョッとつらかったです。駐車場について細い道を歩いていくと目の前に白い砂浜がひろがって見えました。人も少なくて広々としていて波も穏やかでいいですね。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824082354.jpg せっかく海岸に来たのですが、昨日の寒かった体験が水に入るのをためらわせ、あえて水着を持ってきませんでした。なのでここでも見晴台があったのでそこに登ってみることにしました。少し急な坂でしたが、反対側は黒い砂浜と名前がつけられていてまた違った印象の浜が見えました。一番上には見晴台がありましたが、ここでは外国人旅行者がトランプをしていました。私的にはこんな公共のところでと思いましたが、これが彼らの楽しみ方なのでしょうか?せっかくここまで来たのだから見晴台の先まで行ってみることにしました。解りにくいかもしれませんが飛び出した先のほうに細い道があります。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090824083557.jpg そこから下を見て取った写真です。鳥が自分の眼下を飛んでいるのがみれて不思議な感じがしました。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824084049.jpg 帰りの道で少し晴れたので海の色がきれいにみえた写真がこれです。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824084245.jpg  この海の色をみて今度は暑い季節にまた来ようと思いました。今の季節はこんな曇った天気か雨が降るのが多いそうで、10月以降が暑くなって晴れた天気が多くなるそうです。

今日のツアーはこれで終わりです。1台25ドルだったので、1人12.5ドルでした。昨日からお世話になったお兄さんでしたがいい人でよかったです。町の食堂で下ろしてもらい遅い昼食です。今日こそは魚のセビッチェを食べたいと注文しましたが、出てきたのは期待はずれのものでした。私が思っていたのは生の魚をレモンでしめてあるものでしたが、出てきたのはゆでた魚をしめたものでした。やはりペルーで食べたセビッチェが一番おいしいです。エクアドルでは食べれないのかなー。

残りの時間はお店をみたりして時間をつぶしていると、あのタクシーのお兄さんが声をかけてきました。写真を撮っていなかったので兄弟と一緒に1枚撮らせてもらいました。これが今日1日私たちを連れて行ってくれたタクシーです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090824085614.jpg

最後は夕食は余りお腹もすいていないので、あの昨日朝食で行った浜のお店に行くことにしました。ジュース1杯でハンモックに揺られて本を読んでのんびりと過ごしました。ハンモックに寝ている私からみた海です。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090824085528.jpg 夜になると灯りがともされました。これが考えてあるなと思ったのですが、紙袋に浜の砂を入れてそこにろうそくを立てるのです。こんな雰囲気になりよかったですよ。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090824085700.jpg 最後にこれだけいたのに町の風景を撮っていないことに気がつき最後の1枚がこれです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090824085758.jpg 町がさほど危険ではなくて20時過ぎとかに歩いても大丈夫でした。このままの町でいてほしいと思います。

今夜もバスは20時の時間通りに出発しました。来たときよりいいバスでしたが、運転がスピードが出ているのでカーブが体が揺れるし、席が最前列だったので対向車の明かりが目に入ってしまって、余り眠れませんでした。寒くもなかったのに睡眠不足でした。







スポンサーサイト

鯨見れました。

2009年08月16日20:04

今朝の6時にPuerto Lopez(プエルト ロペス)に到着。
まだ回りは暗くて、どこにいるのか見当付かない。
どうしようか迷っていると、お兄さんが声をかけてきてくれる。どうもここでは、タクシーがタイで見かける「ツクツク」みたいなかたちで走っていて、この運転手らしい。ホテルは決まっているのかなどと声をかけてくるので、こんな時間に店も開いていないので、まずは荷物を置いて休める場所を優先して、お兄さんにホテル探しに連れて行ってもらいました。本当は帰りのチケットを買いたかったけど、まだ売り場が開いていませんでした。しばらく走ると暗いけどうっすらと海が見えてきました。何だか感動してしました。

連れられていったホテルは、町のはずれにありましたが、そんなに大きな街ではないので歩いてもいいかなと思える距離でした。でもまだ空き部屋がなくて朝の9時くらいにならないと空かないらしいので、荷物だけ置かしてもらってどうしようかと考えていると、鯨のツアーが今日の分が空きがあるとのことで申し込みをしました。Isla de Plata(イスラ デ プラタ)というミニガラパゴスの入園料の5ドルを含み、ツアー代が昼食つきで40ドルでした。高いですがこれが平均的な値段です。鯨ツアーがないときはもう少し安いそうです。その後はホテルの人とここまで連れてきてくれたモトタクシーのお兄ちゃんとで、鯨ツアーが10時に出るのでそれまでどうするかを色々案を出してくれたけど、結局遠くへは明日行くことにしました。

そういうことをしていたら、すっかり外は夜があけて明るくなっていました。結局お兄さんがモトタクシーで市内観光をしてくれることになり、ホテルの近くの鯨の博物館に行くことにしました。でも行ってびっくり鯨の博物館というから建物があると思ったら鯨の剥製とこの鯨の説明が書いてある看板があるだけでした。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824050526.jpg この近くにはそれぞれの国の距離を書いた看板があり、これを見ていたら、日本がとても懐かしくなりました。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824051019.jpg 12244,03km東京まであります。何だか遠い国だなー。
その後は見晴台に連れて行ってくれることに。テクテクと坂を上って町が見張らせるところに来ました。天気が曇り空なので私が想像していた青い海と青い空は無理でした。でも潮の香りがして、時々鯨の潮吹くのが見えるといわれたら、一生懸命探してしまいました。そこから見えた岩場の海岸に行ってみたくて、お願いしてそこに行ってもらうことにしました。岩がゴツゴツしていて、潮がちょうど引いているところで潮溜りでは、小さな魚やカニを見る事ができました。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824051959.jpg 太平洋を見つめる私です。
そろそろバスのチケット売り場が開く時間だろうと、チケット売り場まで行ってもらうことにしました。そこで気がついたのが、何のお金の相談もしないでここまで来てしまったことです。いくら取られるかはらはらしながら聞いたら、明日のツアーに自分を使ってくれるのであれば、今日のお金は要らないとの申し入れで、もちろんこちらも異存なく、明日9時に約束をして分かれました。朝の起きがけと慣れない場所でのことで、値段交渉を忘れるとは・・・・気をつけなくては。

帰りのチケットは無事に買えて月曜日の夜行バスが買えました。これで心配なくPuerto Lopezを満喫できます。朝ごはんがまだだったので、喫茶店みたいなところを探すけど何だかピンと来なくて、結局砂浜に建つバンガローみたいなところで食べることにしました。砂浜にハンモックや椅子、テーブルが置かれていて海を眺めながらゆったりした気分で朝食を食べることが出来ました。でも、食事の値段が高いです。アボガドとミルクのミックスジュースが1ドルで、ハムとチーズにオレガノ味のホットサンドが1個で1.25ドルでした。ホットサンドは上品過ぎてお腹が一杯にならず持ってきたお菓子をそのまま場所を借りて食べてしまいました。でも何にも言われることなくて好きにさせてくれました。

ホテルに帰って鯨ツアーの準備をして待っていると、モトタクシーがやって来て船の出る浜辺まで連れて行ってくれました。実は水着を日本から持ってきていなかったので、今日ここで買いました。中国製の水着で7ドルでした。安いだけのことはあって、水着の上にTシャツを羽織らないと着れないものです(皆さんの想像にお任せします)。どうしてかというと、朝のタクシーのお兄さんが、鯨ツアーではシュノーケリングもするといったので、急遽水着とサンダルを買いました。これを着ての鯨ツアー出発です。
まずは船に乗るところからびっくりです。靴を脱いで裸足になって、海に入っていって(ひざの上までつかったのでズボンはしっかり濡れてしまいました。)船にかじりつくように乗りました。16人乗りで、まずは最初に右左に8人ずつ分けられました。それから注意点などしっかり説明を受けて、救命胴衣を渡されて何だか物々しい格好になりました。鯨が途中から見れるかもとの説明で、皆海を眺めていましたがなかなか見つけるとこが出来ません。もともと船に強くないので、酔い止めの薬を飲んでの乗船だったので、余り海を見続ける自信はなく、途中から眠くなったこともありしばらく寝てました。Isla de Plataがずいぶん近づいたところで、潮の吹き上がるのと他の船が集まっているところがあって、鯨が近くにいることがわかりました。これからは船長さんの腕の見せ所です。鯨はもぐるとしばらくは出てこないので、いかに鯨が良く見れる場所を先に見つけて船を付けるかです。おかげで何回もジャンプは見れましたが、いつジャンプするかわからないこととジャンプしてすぐ海に戻るので、シャッターチャンスが非常に難しかったです。動物写真を撮る人はすごいなーと思った瞬間です。どうにか撮った写真です。手を海から出してしばらく泳いでくれたので撮れました。それと3頭の親子連れと思われる群れだったのですが背中だけ撮れました。一頭は小さい体だったので子供かなと思ったのですが。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824055756.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20090824055703.jpg

鯨が見えなくなったところでIsla de Plataへ向かいました。島の全容は断崖絶壁に近い感じの島で、土が白く乾いた感じがします。砂浜になっているところに船をつけてここでも桟橋がないので海を歩いて上陸です。人は住んでいなくてホテルもありません。環境に気をつけている感じです。島は上に登っていくと(高さを聞いたのですが忘れました)右と左のコースに分かれていて(もちろん1周も出来ます)時間の関係上どちらかを決めるしかなくて、全員左のコースを希望しました。左の方が見れる鳥の数や道がいいことが決定条件でした。右は運がいいとトドを見ることができると言っていました。
歩いていくと鳥たちが姿を現しました。まずは足の青い鳥です。ガイドの説明だと餌となる魚のせいで青くなるとのことでした。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824061403.jpg  子育て中の鳥もいて毛づくろいをしてあげてました。必ずオスとメスで子育てをするそうです。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824061658.jpg  これはこの島が鳥たちの島であることがよくわかりますね。子供が道に入ると大人がしかってました。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824061835.jpg  道に巣を作った鳥はちょうど卵を抱えていて青い足で抱えるようにして卵を温めていました。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824061922.jpg 1個卵をかえしては次に卵を産むそうです。飛べるようになると島の下の方に飛んでいって、今度はつがいとなってここに戻ってくるそうです。

次はグンカンドリの群れです。グンカンドリは青い足の鳥のえさを横取りしてくるそうです。グンカンドリは島の断崖近くの木に巣を作っていて、足の青い鳥は島の平たい土地に巣を作っていて、住み分けているようです。手前にいるのが生まれて1年くらいの若い鳥だそうです。まだ赤い袋がなくて性別が不明です。オスだけ赤い袋があります。 vcm_s_kf_repr_640x480_20090824063015.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20090824063059.jpg
足の赤い鳥のいますが遠いところに巣があって、写真ではうまく撮れませんでした。何でも最近移住させて巣を作り始めたようで、ここのガイドの人たちが観察を続けているようでした。

船に戻って、まずは遅い昼食です。サンドイッチとジュースが出てお腹がすいていたのでおいしかったです。デザートはスイカとパイナップルでした。スイカの皮は後で思いもかけないところで出てきます。そしてシュノーケリングです。私のイメージでは浜辺の近くで魚を見ると思っていたのですが、違いました。海に止めて直接海にドブンでした。最初は救命胴衣なしで海に入ってみましたが、魚をみながら海につかるのが難しくて救命胴衣を借りてやってみました。今度は大丈夫です。魚が見えないなーと思っていたら何とここでスイカの皮登場です。スイカの皮をちぎって海に投げ入れるとこれに魚がよってきてすごいことに。映画の「ニモ」の魚がいっぱい来ました。vcm_s_kf_repr_640x480_20090824064347.jpg  他にもよく日本で見かける熱帯魚(名前忘れました)の小さいのに似た魚や石鯛みたいな魚などすぐそばまで来るので手で捕まえられそうで何回も手を伸ばしてみましたがだめでした。一回だけは触れましたが。海に浸かっている間はいいのですが上がると寒かったです。海水に濡れたままなので、すぐ洋服を着ることもできず、着替えが必要でした。一緒に乗っていたエクアドル人は着替えを持ってきていて、最初は何でこんなに荷物が多いのか不思議でしたが、ふたを開けてみたら着替えやタオルが必要だったというわけです。帰りは一路Puerto Lopezに向かってなのでスピードをあげて風が冷たくて、体が冷えてつらかったです。隣に座っていたエクアドル人家族が、心配して声をかけてくれ、席も風が当たらない場所に少し移動してくれました。最初は着替えないのかといわれましたが、着替えがないのでどうしようもありませんでした。もし行く人がいたら着替えは忘れずに行って下さい。

やっとの思いで帰り着き、ひとまずホテルに戻って熱いシャワーを浴びることにしました。熱いシャワーの出るホテルでよかった。人心地付いてから夕食へ出掛けました。出来ればこのまま寝たい気持ちでしたが、せっかく海に来たのだからセビチェを食べなくては。セビッチェはレモン汁で海産物や野菜をしめたもので、山のほうではあるけど、古そうで食べれないのでここで食べて帰らなくては。魚のセビッチェを食べたかったのだがなくて、タコのセビッチェにしました。タコは湯がきすぎて、歯ごたえがなくて残念でした。イカのニンニク炒めみたいなものにしましたが、これはおいしかったですが、量が多くて最後は飽きが来てしまいました。こうして長い1日は終わり、この夜はバク睡でした。








鯨ツアーへ出発!

2009年08月15日22:27

夜行バスのチケットが土曜日の夜の分が買えたので土曜日から火曜日まで行くことにしました。帰りのチケットがまだ買えていないので、もし買えなかったときの事を考えて火曜日まで休みを取りました。救急外来で一緒にやっている人には火曜日まで来ないのと言われながら休みもらいました。

キトを20時発なので、日中は自宅でゆっくりして15時半過ぎにキトに出かけていきました。思ったより早くキトについて、少しウインドーショッピングを楽しみました。
バスはほぼ時間通りに出発。乗り込むまでには荷物検査と簡単な身体検査があって、エクアドルに来てからバスに乗り込むのにこのチェックは初めてで、安心できました。
途中、新しいバスターミナルによってお客を拾いました。帰りも寄ってくれると助かるけどなー。

バスの中は冷房が効きすぎて寒くて目が覚めてしまう感じでしたが、何となく寝ていました。皆寒そうにしてたけど誰も言いに行かなかったので、これが普通なのかしら?それに携帯電話で夜中中しゃべっている人もいました。エクアドル人は寛大です。でも思ったより休めた気がしたのはどうしてでしょう。

CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。