スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよエクアドルに戻ります

2010年08月03日12:10

今日はラパスを8時52分発の飛行機で帰りました。
なのでタクシーは朝5時で予約をして空港へ出発でした。女性の運転手さんで安心しました。
途中リマで乗り換えでしたが、トラブルもなく出来ました。残念ながら時間がなかったので又買い物は出来ませんでした。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702152902.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702152941.jpg  機内食です。

13時ごろにキトに到着。久しぶりのエクアドルは変わりません。
明日から仕事なので、頑張ってラタクンガに帰りました。疲れを考えてタクシーを予約しておいたので、バスよりは楽でした。久しぶりの我が家はやっぱり落ち着きます。

ボリビアでの土産話を友人としてお休みなさい。
スポンサーサイト

太陽の島へ

2010年08月02日22:39

今日もいい天気だ。
朝日を浴びたチチカカ湖が目の前に広がっています。そこにトトラで作った船が朝日を浴びて湖面に漂っていて幻想的な風景です。いいですねー 
vcm_s_kf_repr_640x480_20110702144037.jpg  稲穂が金に見えて黄金の国ジパングになったことを思い出しました。


朝ごはんも昨日の残りなどですまして、今日は太陽の島へのツアーです。船代15ボリなり。
船なので心配していましたが船酔いすることなく快適な船の旅を楽しめました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702144123.jpg  チチカカ湖にはこんな風景もあります。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702144212.jpg  いよいよ太陽の島に着きました。ここで泊まる人も多いみたいで、船頭さんが戻ってくる時間をしつこいほど説明しました。

vcm_s_kf_repr_360x480_20110702144256.jpg  船着場には水が流れている場所が。この水は不老不死の水だそうです。上に行くと”若返りの水”の湧き出ているところがあるそうです。上を目指して登っていくと、  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702144734.jpg  3箇所の泉から流れているところです。源泉はどこに・・・ひとまず水を飲んで顔も洗いました。しわが取れますように!  vcm_s_kf_repr_360x480_20110702151519.jpg   歴史を感じさせる石段です。石段の脇を上から水が流れていて  vcm_s_kf_repr_360x480_20110702151434.jpg  水はこんなにきれい。クレソンもおいしそうでした。   

色んな種類の花が咲いていてこれもすばらしかった。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702144851.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110702145141.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110702145226.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110702151058.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110702151142.jpg   自然を楽しみ満喫して帰ってきました。帰りの船は人数が少なくて、これだけの人がこの島に残ったのかーと思いました。確かに自然を感じながらのんびりするにはいいところです。なんてたって回りはチチカカ湖で眺め抜群ですから。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702151241.jpg


帰りは途中で鱒の養殖をやっているトトラの島によってくれました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702151343.jpg  それが終わったらコパカバーナに戻りました。半日コースです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702152505.jpg  帰りの船から昨日登ったところを裏から見て。何かお祭をやってました。

昼過ぎにラパスへ向けて戻りました。たくさんのバスがあって頻回にラパスに出ていました。なので昼ごはんは  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702152550.jpg  簡単にサラダにしました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702152703.jpg  見納めのチチカカ湖。

最後のラパスの夜だったのですが、結局今日もアジアの味で決まりました。今日は韓国料理です。野菜がいっぱいあっておいしかった。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702152740.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110702152822.jpg   お腹はすっかり戻った気がします。明日はエクアドルに戻りますが、それにあわせて体が戻るのにびっくりです。


コパカバーナへ

2010年08月01日21:40

今日はコパカバーナに向かってそこで一泊して翌日にラパスに帰ってくる予定です。今日もコパカバーナ行きのミニバスが出るところに行ってバスを探すことに。コパカバーナ行きのバス停はお墓の近くにあります。日本のお墓と違って花屋さんがあったりしてにぎやかなものです。バスがいっぱいあって客引きがすごくてどれに乗ればいいのか悩んでしまいました。しかも客引き同士でけんかなどしてしまって困った。困った。

ひとまず乗り込んでさあ出発です。バスは20ボリです。昨日通ったアルティプラノを再度通って行きます。今日もすごい人でです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110702134011.jpg 南米でのとうもろこしは白くて大きいのでこのようなポップコーンが売られています。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702134113.jpg  途中でバスが止まったときのアルティプラノの様子です。人が多くて活気がありました。
コパカバーナに行くのには、チチカカ湖に出てそこを渡しで渡って行かなければならず、チチカカ湖が眺められて景色を楽しめます。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702134149.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702134237.jpg  私たちの乗ったフェリーです。海ではないので揺れないから良かったです。約5時間ほどで到着です。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702134320.jpg  途中でチチカカ湖が望めました。すばらしい青です。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702134354.jpg  コパカバーナが見えました。この風景は25年前と変わらないなー 
今日のホテルはかわいいホテルです。それぞれ戸建てになっていて泊まる人数で泊まる場所が決まります。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110702134558.jpg  私たちの泊まったところです。卵みたいでかわいいでしょ!!! vcm_s_kf_repr_640x480_20110702134442.jpg  チチカカ湖を望むところに建っていていい眺めです。ホテルの部屋の2階からの眺めです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110702134516.jpg  部屋の中は階段が螺旋になっていて1階のベッドは丸でした。ホテルは自炊も出来るので食材を持ってきてここで料理をしてもよさそうです。  

ホテルに荷物を置いて町へ。先ずは腹ごしらえをしようとレストラン選びしましたが、迷ってしまいました。人が多いところを選んでここで初めてちゃんとした料理を久しぶりに食べました。マス料理にしました。チチカカ湖と言えばマスなんです。日本の援助で養殖を始めてうまく行った例ですね。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702141021.jpg


コパカバーナは教会が交通安全で有名で、車を買ったら皆ここに持ってきてお払いをしてもらいます。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702134639.jpg  車に花を飾ったりしてきれいでしょ。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110702140208.jpg  車の飾りの拡大です。葦の船に花が飾ってあってボリビアらしいですね。教会見学をして、  vcm_s_kf_repr_360x480_20110702141924.jpg  青空に白が映えます。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702140900.jpg  教会の前が露天です。お守りやロサリオやお土産屋があります。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110702141425.jpg  教会の中です。ここでは褐色のマリア様が有名です。中央に見えます。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110702141343.jpg  マリア様の周りに人が祈ってます。  裏に小部屋があってロウソクを灯してそこでお祈りをしてました。ロウソクの溶けたロウで自分の欲しいものを形作ってそれを残していくとご利益があるようです。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110702141733.jpg  こんな感じで壁に向かって皆熱心にやってました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702141558.jpg  祈りをささげている親子。ロウソクを買って1本が燃えきるまで待とうとしましたが、以外に時間がかかって全部燃え尽きるまで待てませんでした。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702141654.jpg  私のロウソク。時間に余裕がないとできないことですね。日本人はせっかちでいけないですね。

そこを見たらチチカカ湖を見渡せる山へ登ってみました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702141808.jpg  vcm_s_kf_repr_360x480_20110702143036.jpg  何となく日本の参道を連想しました。上には十字架があって礼拝が出来るようになっているようです。今日は日曜なので人も多いですが、それだけではなくて何かお祭をしているようです。長い坂の階段を登っていきます。周りに林があって長い石段は、まるで日本の寺院にある風景のようです。いけると思ったのですが、やはり体調がまだ戻っていないのか、途中でバテてしまいました。でも夕日がチチカカ湖に沈むのを見れて感動でした。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110702143138.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110702143219.jpg


夜はあるものでホテルですましました。ラパスで売っているビスケットを食べさせてもらったらこれがおいしかった。それと旅行用に持ってきた、旅行中に買ったお菓子などを帰る日が近づいているので荷物を軽くしなくてはと食べることにしました。シャワー室は巻貝のようになっていて扉がないので、部屋が寒いと服を脱ぐのが辛いです。でもシャワーが暖かかったので良かったでした。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110702143256.jpg
ホテルの窓からの夕焼け

ティワナク遺跡へ

2010年07月31日21:16

今日はティワナク遺跡へ行きます。まだ足が地に着かない気もしますが、とにかく行ってみることにしました。ティワナク遺跡行きの乗り合いタクシーに乗るためにタクシーを拾って行きました。でも行き先を確認しないと町まで行かないで途中で降ろされると聞いたので、しつこく確認したのにもかかわらず、道路わきで下ろされて歩きました。やはり信じるのにはそれなりの覚悟が要りますね。下ろされた時にはやはりねーと思った次第です。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622161734.jpg

ここまで来る途中にはアルティプラノの町を通って来ましたが、すごい活気があって車がすごいです。中古車が乗り合いバスになっていてそれが無秩序に走っているのですごい交通渋滞です。どこでも見かけたのでこれはボリビアのこれからの課題でしょうね。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622155812.jpg  インディヘナの人たちが身に着けているスカートです。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622161702.jpg  乗った乗り合いタクシーの運転手さんが荷物を積んでいました。途中下車した時にオレンジを買いました。ジュースだけだったらこれが一番今の私にはおいしい食事です。

真っ青の空のもとテクテク歩きました。30分ほど歩いて町の入り口へ。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622161805.jpg  どこに遺跡があるかわからず、しかも人が歩いていないので聞けず困りました。乾燥した赤茶けた大地がどこまでも続いています。
どうにか遺跡についてここでガイドさんについて遺跡の説明を聞くことに。昔来た時には遺跡だけがぽつんとあったのに、今は整備されてしかもガイドさんが色々説明してくれてとても面白かったです。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622161837.jpg  この遺跡で一番大きい全身刺青の人物像です。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622161925.jpg   有名な太陽の門。意外に小さい。   vcm_s_kf_repr_640x480_20110622161959.jpg   私たちが横になっている岩は、1枚岩でそこにあるくぼみに横になるとパワーがもらえるとガイドさんは説明してくれました。確かに気持ちは良かったけど…  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622162034.jpg   顔が壁から見えている神殿です。   vcm_s_kf_repr_640x480_20110622162104.jpg
この場所はガイドさんお勧めの写真ポイントです。少しずつですが発掘も続いていて広い遺跡というのがわかりました。ガイドさんも熱心に説明してくれて良かった。   vcm_s_kf_repr_640x480_20110622162139.jpg  最後にガイドさんと一緒に記念写真をしてお別れです。

ここから出ている乗り合いバスに乗って1時間ほどかけてラパスに帰りました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622163702.jpg  こんな真直ぐな道が続きます。帰るとお祭りをしていて、ゆっくり歩きながら祭り見物をしました。エクアドルとやはり衣装が違いますね。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622165644.jpg   記念撮影をさせてもらっていい記念になりました。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622165720.jpg  車も今日はおめかしです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622165755.jpg   ショールがかわいい!!!  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622165854.jpg  チョッと太目の踊り子さん。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622165928.jpg   このような人垣の中を踊り連が踊って行きます。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622170008.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110622170820.jpg  道端ではこのようなものが売られていました。どこでも隙間があればお店になります。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622170125.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110622170156.jpg   vcm_s_kf_repr_360x480_20110622170231.jpg   祭を見ながら、町並みを見ながら歩いていくと大統領官邸に近くに出ました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622170900.jpg   ちょうど衛兵が国旗をしまうところに出会えました。始めて見て感動しました。姿勢がまっすぐで動きがきびきびしていて絵になります。   vcm_s_kf_repr_640x480_20110622170956.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110622171030.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110622171141.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110622171223.jpg   宮殿の入り口にいる衛兵さんに一緒に写真を撮ってもらいました。
町に出てきたら出店が出ていていっぱいの人垣ができています。皆踊り連が来るのを待っているようです。元気があれば一緒にやりたかったのですが、さすがに今日は疲れました。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622171305.jpg  帰りの道で向こうに夕日に照らされたイリマニ山が見えてきれいでした。夕食を中華にしてうどんにしてみました。」これがおいしかった。やはりアジアの味はあいます。ラパスではいたるところでNHKを見ることが出来ます。このレストランでもテレビでNHKが流れていて感動しました。

このままホテルに戻ってお休みなさい。



ラパスに着いたよ♪

2010年07月30日20:46

朝予定より早くついて、先ずはタクシーでホテルへ移動しました。昨日の体調からは考えられないほど元気になりましたが、何も食べていないので元気が出なくてターミナルでタクシーを拾いました。タクシー料金は高めになりましたが・・・バスでは思ったより寒くもなくて(バス会社が毛布を配ってくれたので暖かく過ごせました)昨晩寝ていなかったので良く寝ました。下痢もなくて本当に良かったです。夜行バスはチョッと高かったですが、寒さとイスの座り心地を考えるとあまりケチらないほうがいいような気がします。バス会社はオマール(OMAR)で1人が60ボリ(35ドルくらい)です。

ホテルは古そうですが、暖かいシャワーも出て場所も便利でよかったです。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622152024.jpg

チョッとゆっくりしてからお昼を食べに行きました。ラパスは日本会館があって、そこで日本食を食べれるのでお腹に優しいかなと行ってみました。広くてメニューを見たら食べたい物がいっぱいあってお腹を壊していなければ鱒ずしを食べたかったけど、さすがに生はダメだと思って一番無難な焼き魚定食(50ボリ)にしてみました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110622152057.jpg  味噌汁がおいしかった。やはり体調が悪い時は自分の国の食べ物がいいですね。高い食事だと思いますが意外にもボリビア人が食べに来ている人が多くてびっくりしました。しかもお箸もうまく使っていました。

そこからサンフランシスコ寺院へ行って、お土産屋さんを見て回りました。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622152127.jpg  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622152158.jpg  一角には儀式用に使われると思われるものが売っていました。リャマの子供や胎児も非常に価値あるものとして売っていました。  vcm_s_kf_repr_360x480_20110622152231.jpg  サンフランシスコ寺院の上の方から町を見下ろすように通りが通っています。本当は夜はペーニャに行って、フォルクローレを聞こうと思っていたのですが、やはり体が疲れているので止めました。久しぶりに生の楽器の音を聴いてみたかったので残念でした。

ここで礼宮様が来た時にコートを作ったというお店に連れて行ってもらいました。アルパカで作られた生地で、軽くてつい買ってしまいました。思いがけない買い物をしてしまいました。25年前と比べておしゃれな店が増えていて眼を奪われてしまってばかりでした。

日本でイケコ人形が任期があるとの事で土産で頼まれていましたが、なかなか気に入ったものが見つからず(手書きなので顔が違うんですよ)しかも値段が高い。なんでも日本人が買っていくので値段を釣り上げてしまったと聞きました。日本人は金払いが良いということでしょうね。

CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。