スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンタ2日目ーモンテクリスティへ

2010年12月05日20:49

今日はマンタに来た第2の目的の生牡蠣を食べることと、モンテクリスティへ行くことにしました。

泊まったホテルの近くが市場だったので、朝皆で市場見学へ行って、ついでにマグロを買って刺身で食べることにしました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101219122139.jpg  おじさんが大きいなたのようなもので大胆に切って売ってくれました。
市場は様々な魚が売られていて、近ければ買って帰りたかったです。特にさばが売っていて、エクアドルで始めて見て、さばの味噌煮を作りたかった・・・・・日本では見たことのない魚も多く、それを見るのも楽しかったです。vcm_s_kf_repr_640x480_20101219121932.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219122228.jpg  砂浜で売られていました。vcm_s_kf_repr_640x480_20101219122041.jpg  イセエビも売られていました。さめも売られていて、びっくりでした。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101219122405.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219122504.jpg  砂浜にはこんな大きい魚も売られていました。少し浜辺を散策して、海を身近に感じた瞬間でした。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101219122317.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219122554.jpg

帰りにアベナという甘い飲み物を皆で買って、初めて飲みましたが冷えていてここコスタで飲むにはいい飲み物だと思いました。

生牡蠣は朝ごはん代わりに食べに行くことに。日曜日なので開いているか心配したけどやってました。朝9時くらいに行ったけど。
日本と違って牡蠣が大きい。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219122707.jpg
注文は生牡蠣と生牡蠣のセビッチェの2種類でやってみました。
牡蠣が大きいので、おじさんが力いっぱい牡蠣を開いて準備してくれました。すごい力仕事です。 
出てきました。粒が大きい!!!醤油を持ってきて、少したらして食べると最高。ワインが欲しくなりました。
マグロの刺身も一緒に食べて、なんて贅沢な献立てでしょう。これだけでもマンタに来た甲斐がありました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101219122815.jpg


お腹もみたったところで今度はモンテクリスティへ。お昼には出ないといけないのでタクシーで行くことにしました。片道20分くらいで5ドルです。
モンテクリスティは、パナマ帽の発祥の地で、行ってみたい所でした。vcm_s_kf_repr_640x480_20101219124208.jpg  町のカテドラルです。教会までの道にお土産屋さんがぎっしり並んでいる。店先で見た鮮やかな腕輪たち。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219123827.jpg  それと色鮮やかなお菓子。これがお菓子に見えますか?   vcm_s_kf_repr_640x480_20101219124113.jpg

パナマ帽といわれていますが、実際はエクアドル人がパナマに出稼ぎに行ってそこから世界に広がっていったためにパナマという名前になりましたが、オリジナルはエクアドルです。そしてここモンテクリスティにはパナマ帽の名人がいます。そこを今日は訪ねました。しかしその名人には会えませんでした。でもすばらしい帽子の数々を見せてもらって感動でした。帽子の材料はパッハという植物なのですが、何でも帽子を編むのに、気温や湿度が違うと均一に編めないとのことで、朝の早い時間だけ編んでいるそうです。確かに見せてもらいましたが、決めの細かいものになると布のようでした。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219123919.jpg  800ドルのパナマ帽です。触るとその違いが歴然!
色々試しに被って、結局買ってしまいました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219124017.jpg  パナマ帽を売ってくれたおばさんと。自分も少し手伝っているそうです。先日アメリカ人の人が訪ねてきて、30年前に買った帽子が未だに使えてると言っていたそうです。私の買った帽子も大事に使わなきゃ。

急いでマンタに帰って、キト行きのバスに乗り込みました。本当はマンタからシエラへの景色を楽しむためのバス旅行だったのに、睡魔に勝てず寝てしまいました。途中で停まった町で買ったパンデユカが焼きたてて大きくてとてもおいしかったです。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219124303.jpg  4個で1ドルです。それ以外にはオレンジを水分補給に買って、満足でした。  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219124354.jpg  20センターボで安いです。そんなこんなで途中までは順調な旅だったのですが、サントドミンゴという町の手前で、バスのエンジントラブルです。日が暮れて行くし、ここからキトまでだと時間もかかるしで、結局途中のサントドミンゴで今晩は泊まることにしました。
宿はバスの車掌さんと運転手さんに教えてもらったホテルに泊まることにしました。
ターミナルの近くで小ざっぱりしていて、一人7ドルにしてはお湯のシャワーも出るしいいホテルでした。
シャワーを浴びる時間もなく疲れ果ててベッドに横になって眠ってしまいました。
今日は翌朝から動いたし仕方がないですね。

最後に途中の食事休憩で入ったドライブインで捕まえたバッタです。大きいです。たぶん20センチはあるのではないかしら? vcm_s_kf_repr_640x480_20101219124453.jpg
スポンサーサイト

マンタで日本文化紹介

2010年12月04日20:20

エクアドルの海岸にある町マンタで日本文化紹介を行うというのでやってきました。
昨夕飛行機でマンタへ。約30分で到着。この短い時間にも軽いお菓子と飲み物が配られました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101219115241.jpg


今日は9時から始まりとのことで、8時にホテルに迎えが来て会場へ。
今日は日本人の方が主催する財団で、空手大会を開催するのに合わせて私たちボランティアが、日本文化紹介をする事になりました。折り紙、習字、着物の着付け、そしてバザーです。売上金は恵まれない人たちへの施設などに寄付することになっています。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101219115528.jpg ちびっ子選手がいっぱいです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20101219115711.jpg  中にはこのような格好の人たちも。格好だけでなくちゃんと習っている人たちでした。

私の担当はバザーで、日本から取り寄せたものの中で、扇子とお箸の売れ行きが良かったです。特にお箸は、かんざしのように髪に差して使うために2組と買い求める人が多かったです。やっている姿を見たときにはチョッとショックでした。

後半折り紙コーナーも手伝いましたが、折り紙に興味を持っている子供が何人かいて、熱心に折り方を聞いてきました。折り方も慣れていて、鶴まで折ることができました。それ以外には手裏剣や紙風船が喜ばれました。

夕方4時過ぎまで頑張って、その後は片付け、ホテルに帰って少しのんびりして夕食へ。暖かい地方なので車の荷台に乗っても寒いことなく、風を感じてかえって気持ちよく、皆で荷台に乗って移動しました。
夕食はマグロの食べれるレストランで、分厚いマグロのステーキが出てきました。
少し醤油をたらしながら食べて最高でした。
その前に出された、魚とイカのフライもおいしく、シエラでは味わえない料理でした。
またビールもギンギンに冷えていて、暑い所で飲むビールはやはりうまかった。
vcm_s_kf_repr_640x480_20101219115809.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219115945.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20101219120030.jpg  これがマグロのステーキです。大きくて食べ切れませんでした。

今日はおいしいものをいただいて最高の1日でした。

CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。