スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグアスの滝

2010年07月21日23:46



昨日遅かったけど余り疲れが残らず目が覚める。
ホテルのロビーはこんな感じで  vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151137.jpg   ピアノが置いてあって、これを弾いている人がいて、いい気分です。

先ずは朝ごはんから。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151052.jpg
バイキングだけど、いっぱいの種類があってうれしくなってしまう。
写真を撮りたかったけど、恥ずかしくてやめたけど、本当に幸せな気分になる朝食でした。

vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151218.jpg   ホテルの入り口です。

さあイグアスの滝に向けて出発です。
歩いて10分でブラジル側の入り口に到着です。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151255.jpg
でも夏休みなのですごい人手で入場券を手に入れるまで30分くらい並びました。でも感想として人数の割りに早く順番が回ってきた気がします。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151350.jpg   やっとチケット売り場が見えてきました。
入り口ではチケットに自分の出身国がかかれていて入場係の人がそれぞれの国の言葉で挨拶してくれました。最初は気が付かなくてびっくりでした。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151516.jpg   お店には2014年のワールドカップのお知らせが・・・さすがサッカーの国ですね。

今度はそこから公園入り口に行くためのバスの順番です。 
 vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151555.jpg   バスは動物の絵がそれぞれに書かれている。絵がなかなかいいでした。
世界中から人が来ているようですが、日本人には会いませんでした。
不景気でここまで来る人がいないのか、たまたまいないのか、
中国人は良く見かけましたね。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151650.jpg   バスの上から見かけた姿。アルゼンチンのユニフォーム姿です。メッセのユニフォームです。日本だけではなくどこでも愛されているんですね。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151745.jpg   2階建てのバスで2階に座れました。

入り口からさあ歩きます。
最初は展望台広場のようなものがあって皆をお出迎えです。
遠くなのに大きく見えます。大きさのほどがうかがい知れます。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110406151830.jpg
しばらく行くとアライグマが道の横に出てくる。
写真撮ったけどこれは見るに限ります。
写真をどうぞ!

vcm_s_kf_repr_640x480_20110406153827.jpg 

vcm_s_kf_repr_640x480_20110406153918.jpg   滝ノ下にボートが。これはアルゼンチン側から行くとボート乗り場があって、滝の下まで行ってくれるそうです。面白そう!午後はボートに乗るぞー
 vcm_s_kf_repr_640x480_20110406154358.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110406154527.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110406154604.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110406154634.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110406154803.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110406155225.jpg   vcm_s_kf_repr_360x480_20110406155305.jpg   vcm_s_kf_repr_360x480_20110406155346.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110406155426.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110406155523.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110406155615.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110406155647.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110406154803.jpg

ゆっくり歩いて滝から流れている川に突き出た遊歩道へ。ここはカッパがないとずぶぬれになります。すごい水しぶきです。
でも迫力を十分に感じることが出来ます。
途中では水しぶきがすごいから日光とあいまって虹が何箇所かに出ていました。
展望台まで登ると滝を見下ろすことが出来てすばらしい眺めでした。
遊歩道の先端が見えたので写真撮りました。あそこまで行ったんだなー

又並んでバスに乗って帰ってホテルへ戻る。
そこで今度はアルゼンチン側に行こうと思ったら、ホテルの人にアルゼンチン側には午後の3時までに行かないと入れなくて、今からだと間に合わないから行ってもダメだよといわれて泣く泣くあきらめました。非常に残念。ボートに乗りたかったなー
仕方がないのでホテルにプールがあったのでそこで泳ぐことにしました。
きれいなプール。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110406160509.jpg
でもここでまたもやダメでした。
今は冬の時期で水が冷たくて、とても入れなくて日光浴だけで終わりました。

それも厭きてホテルを見回っていると、ホテルの散策をガイド付きでやってくれる案内を見つけました。
時間が過ぎていたのですがだめもとでお願いしてみると、3度目の正直で今度は大丈夫でした。
ホテルの周りは自然を残してあって、アマゾン川を見渡せるところまで行くことができました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110406160723.jpg
原種に近いオレンジの種類がいっぱいあって、もいでもらって食べたけどドレッシングに使うとおいしそうな気がしました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110406160600.jpg  
戻ってきてしばらく部屋に戻らずホテルの自然を楽しむことに。
今日は月が満月に近く、月明かりでも明るい。
とても気持ちがいい。イスに腰掛けてしばらくボーとすることに・・・

vcm_s_kf_repr_640x480_20110406160807.jpg 

食事はホテルでとることに。
バイキングということで食堂に行くと、すごい料理の種類。
そしておいしかった。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110406160849.jpg   vcm_s_kf_repr_640x480_20110406160928.jpg
ガイドさんにおいしいワインを紹介をしてもらっていたので、それをいただきました。
おいしかった。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110406161016.jpg 

今日はおいしい料理で満足の1日を締めくくりました。
 
スポンサーサイト

レンソイス・マラニャンセス国立公園へ

2010年07月19日20:26

朝、宿に乗り合いタクシーが迎えにきてバヘリーニャスまで連れて行ってくれます。
タクシーの一番前の座席で景色を楽しむことが出来ました。ブラジル とにかく広いです。平原がどこまでも続いています。vcm_s_kf_repr_640x480_20110405184456.jpg  どこまでも続く道路  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405184405.jpg  雲が気に入りました  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405184127.jpg  途中で見えた大きい川  
途中では川海老を売っているところがあっておいしそうな赤い色をしていました。写真は早く通り過ぎて取れませんでした。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405184244.jpg  途中で寄ったドライブイン。おしゃれでした。木で作ったイスが気に入りました。ここにはケーキやお菓子がいっぱい並べてあってブラジルのお菓子を垣間見ることが出来ました。

バヘリーニャスの町は赤色の土で、バイクが目立つ町でした。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405184627.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405184812.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405184723.jpg  お店の手伝い?をしている男の子

一緒に乗ってきた人たちは、バヘリーニャスで色んな宿で降りて行きました。私たちは他の日で予約していた宿に行ってみるけど結局空いていなくて、タクシーの運転手さんに頼んでホテルを紹介してもらいました。幸いなことに私たちが一番最後だったので、他の人に迷惑になることなく済みました。  

ホテルは町から少しはなれたところにあり、川岸に建っていて眺めもよく静かでした。チョッと高めな気もしましたが仕方がありません。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405185159.jpg  vcm_s_kf_repr_360x480_20110405194929.jpg  奥にバヘリーニャスの町が見えます。 
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405184914.jpg  ホテルのタオルがかわいく置いてありました。赤いのは石鹸です。 
ホテルで午後からレンソイス・マラニャンセス国立公園に行くツアーを予約しました。


ホテルにツアーの人が迎えに来てくれて、出発です。
途中でツアー会社に寄って車を替えました。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405195433.jpg
荷台に簡単な長いすがあってバスのようになっている乗り物です。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405195329.jpg

途中川を渡し舟で渡るために、車がいっぱい並んでいて、川岸の村?お店で休憩です。暑いのでアイスクリームを食べておいしかった。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405195811.jpg  ここで飲んで食べたビールとアイスクリームです。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405195723.jpg  こんな感じのところで休憩です。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405195632.jpg  やしの葉?で作られたバッグ 

vcm_s_kf_repr_640x480_20110405200424.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405202219.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405202357.jpg  やっと私たちの車の番が来て川を車と一緒に渡りました。
そこからはデコボコ道をひたすら走って、途中川のようになっているところなどあって、これだけでもアドベンチャーでした。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405202722.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405202816.jpg


やっと着きました。白い砂漠が目の前に広がっている感じです。小高い丘を越えるとそこには湖がありました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405210215.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405210401.jpg
そこからガイドの人に付いて回って、この砂漠を歩き回りました。とにかく広いのと、湖があちらこちらにあってそれぞれに楽しめました。白い砂に人の影。大きい無地のキャンバスです。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405215701.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405215744.jpg

vcm_s_kf_repr_360x480_20110405210956.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405211214.jpg  
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405214640.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405211335.jpg  湖の中の小さな花  

極めつけは虹が掛かったことです。しかも2重に。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405214205.jpg
そして砂漠なので180度見ることが出来ました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405213401.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405213521.jpg  砂漠の中のビール缶(砂漠で飲もうと持って行きました)
これらの景色は忘れがたいものになりました。

そして砂漠に落ちる夕日です。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405220025.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405220201.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405220255.jpg

今日はすばらしい景色をいっぱい堪能することが出来て幸せでした。
ガイドさんもせかせる人でなくゆっくり見せてくれたので、結局一番最後まで残ったグループになってしまいましたが、自然を満喫した1日でした。

帰りは暗い中、来る時に立ち寄った村でチョッと休憩。
タピオカの粉を粉のままフライパンに入れると溶けてクレープのようになっておいしかった。
初めてこんなになるのかと知りました。
暗くてうまく写真を取れなかったのが残念です。

ホテルに帰って、今日の夕食を決めるのに、今日一緒に回ってくれたガイドさんに尋ねてみる事に。
ホテルの近くになるレストランを紹介してくれたので、早速言って見ることにしました。
川岸にあって遠くに町の光が見えて眺めが良かったです。
味もおいしくて満足。  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405220411.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405220634.jpg


ホテルに帰って今日は満足な1日で就眠。

任国外旅行です。ルンルン

2010年07月18日21:54

7月17日18時45分のTACA航空でリマへ。そこから乗り継ぎでサンパウロに行きました。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405224318.jpg  機内食 
サンパウロには朝の4時35分に着く予定でほとんど、ずれることなく着きましたが、17日に着くつもりでいたので18日に入国での日付がなっていて、日付けを間違って計画を立てたことが解り、飛行機の変更などしていて、ほとんど時間をそれに使ってしまいました。時間に余裕があってよかった。

飛行機の変更がやっと出来て、空港の中で朝食です。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405224239.jpg  どうにかスペイン語が通じて安心しました。
ここで食べたパンもどきはおいしかったけど、高くてびっくりでした。物価はやはりエクアドルと違い高いです。少し空港の中を探索して、今日の目的地であるサンルイスへ向かうために再度飛行機へ。今度の飛行機はTAM航空です。 vcm_s_kf_repr_640x480_20110405224409.jpg  vcm_s_kf_repr_640x480_20110405224502.jpg
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405224558.jpg ブラジルビールを頼んで見ました。 
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405224705.jpg  飛行機から見た不思議な風景

サンルイスには着いて予約していたホテルへ向かいました。サンルイスの町は古い町並みが残っていて、とても気に入りました。でも午後から雨が降って、出掛けたいけど少し宿で休憩しました。
雨が上がって少し町を散策しました。絵になる町でした。いっぱい写真を撮ってしまいました。
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405225358.jpg  夕方暗くなって街角に明かりが・・・・
vcm_s_kf_repr_360x480_20110405225437.jpg  レトロな看板と女の子
vcm_s_kf_repr_360x480_20110405225529.jpg  おしゃれな電話ボックス でも落書きなんだけどね
vcm_s_kf_repr_360x480_20110405225621.jpg  vcm_s_kf_repr_360x480_20110405225707.jpg   町並みを上から 下から
vcm_s_kf_repr_360x480_20110405225755.jpg  雨で濡れた石畳に明かりが映って
vcm_s_kf_repr_640x480_20110405225848.jpg  ブラジルの海です。雨模様で夕日は見れなかったけど

明日の計画をするのに宿の人に聞いても、レンソイスの情報がハッキリせず、ホテルに滞在している人の話だとこんな雨の降る時期に行くなんて、勧めないと言われてしまい、散々悩みましたが、レンソイスを見るためにきているので、決行することに決めました。

夜は宿の人のお勧めのレストランに行ってみました。おいしかったけど、遠いところにあってタクシー代が結構掛かってしまいました。ここでもエクアドルは安いと感じました。

CalendArchive

プロフィール

goyumisan

Author:goyumisan
エクアドルの県立病院で働いています。私の住んでいる町からバスで2時間くらいのところにある湖です。とても気に入っています。

とても幻想的でした

最新記事

癒されたいときに!

「シエラからの便り」を検索する

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。

最新トラックバック

ご連絡はこちらから

情報交換はこちらのメールでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。